【2,000円OFFクーポンも】ヘルシオ・ホットクック Amazon限定セール開催中

【贅沢品とは言わせない】買うか迷ったけど…買ってよかった便利家電

ヘトヘトで帰ってきても一気に4人分の家事ができる」それが便利家電のスゴさです。

ルンバっていらなくない?
ヘルシオって電子レンジなのにめっちゃ高っ…!ほんとに必要なの?

家電が安い今、確かにスマート家電は高い。(最近では安いのもあります)

でも、便利家電は贅沢品じゃない、時短だけじゃなくて節約にもなりました。購入代金なんて元が取れますし、トータルで値段以上の価値があります。

この記事では
スマート家電は贅沢品じゃない」という考えと「買ってよかった便利家電」についてまとめています。

スマート家電に対する私の考え

スマート家電で家事をしなくてもキレイで上質な暮らし

ルンバが100%掃除できるわけじゃないんだったら、買う必要なくない?

洗濯物とかドラム式である必要ある?

便利家電って「買おう」って決意したり説得するのが案外大変だよね

スマート家電は時間という目に見えない資産を手に入れられる家電のため、買うかどうかを迷いがちです。

スマート家電は「本当に必要か?」って言われちゃうとちょっと答えにくいよな。
あったら絶対に便利なのは予想できるんだけど、「サボってるだけ」なんじゃない?と言われたら反論しにくいし…

我が家のスマート家電はすべて妻であるわたしが負担して購入しました。

旦那に必要性を理解してもらうのが、面倒だったからです。

「なくても生きていける」って言われたら返す言葉はありません。

私個人としては「家事はこなすものではなく減らすもの」だと考えています。

家事がすごいキライというわけではなく、料理も好きです。

でも、たまにものすごい疲れていて「家事のすべてを投げ出したい!」って思う日だってあります。

家事を押し付けて自分がラクしたいんじゃなくて、家事をできるだけ減らすことで、お互いに自由な時間があった方が、もっと日常生活を有意義にすごせるんじゃないかな?
ポイント
有意義っていっても「自己啓発の時間をつくる」というわけではなくて、家事をしない分、動画を見たり本を読んだり、なんなら睡眠時間にあてて心身を健全に保つ…でも十分に有意義だと思っています。

「睡眠時間をより長くできる」というだけでも、便利家電を買う価値があると思っています。健康第一なんです、ほんと…

 関連  ➢ 【毎月40,000円の医療費がかかっても給付金ゼロ】医療保険はいる?いらない?必要性について考える

【医療保険は入らなくていい?】毎月40,000円の医療費でも給付金ゼロの私が考える医療保険の必要性


スマート家電は人生で限られたあなたの自由な時間を買える

スマート家電で生まれた時短で子育てに全力

「洗濯をすべて洗濯機なしで行う」と聞いたら「ん?なんで?」と違和感を感じませんか?

洗濯は洗濯機に任せればいいじゃん…って。

スマート家電の必要性はまだまだ世間に浸透していないだけのように感じます。

その油でベトベトの食器はあなたが洗う必要がありますか?

→ 油汚れを落とすのがもっと得意な食洗機がいますよ。

その鍋の火加減はあなたがずっと見ておく必要がありますか?

→ 火加減調整の得意な自動料理鍋がありますよ。

「あなたが絶対に行わなければならないこと」「あなたにしかできないこと」というのは他にもっとあるはずです。

「家電ができるのであれば、家電に任せる」合理的にいきましょう。

時間は有限です。



ヘルシオで食費を格安SIMで通信費を浮かして便利家電を購入

我が家の便利家電は、ちょっとした節約で浮いたお金で揃えました。

  • ヘルシオヘルシオ…ヘルシオで完全自炊になって浮いた食費1か月2万円×4か月分で元を取る
  • ルンバ…格安SIMへの変更(au→UQモバイル)で浮いた一人分(私)1年間通信料6万円分で5万円のルンバを購入
  • ブラーバ…ヘルシオで浮いた食費で購入
  • 食洗機…格安SIMへの変更(au→UQモバイル)で浮いた一人分(旦那)1年間通信料6万円分で4万円のプチ食洗機を購入

我が家ではちょこっとした工夫で、家計に負担をかけることなく、便利家電を揃えています。

ほんとうはドラム式洗濯機がほしいよな。
ドラム式洗濯機は高い…

ヘルシオで食費の節約

ヘルシオを2年半くらい使っているので、浮いた食費がドラム式洗濯機分くらいにはなってるからそろそろ…

我が家では当時の型落ちのヘルシオを購入したので、5万円程度。

ヘルシオで完全に自炊をするようになって、外食やお惣菜が減った結果、月の食費が1~2万円程度減ったので、3か月くらいでヘルシオ代金の元を取ることができました。

我が家では、ヘルシオで食費の節約ができたおかげで、余剰資金をルンバやブラーバの購入にあてることができました。

案外、自動の便利家電の中で一番最初に買うべきは、ヘルシオのような自動調理家電かもしれないな。

ヘルシオで浮いた食費の分で、便利家電を導入する。支出は大きくならないのに、家事がどんどんラクになる。カンペキな流れです。

UQモバイルに変えて浮いたお金でルンバ購入

UQモバイルは一般的な格安SIMのデメリットがないので、auを使っていたときと全く同じ感覚でスマホを使えています。

格安SIMは遅い、とか聞いていたので、変える前は不安でしたが、速度も速いし安定。ぶっちゃけ格安SIMに変更したカンジはありませんでした。




我が家で買ってよかった便利家電

ウォーターオーブン:ヘルシオ

ヘルシオのメリット・デメリット

ヘルシオはすごいです。野菜を切って、みそをのせるだけで、鮭のちゃんちゃん焼きが完成します。

ヘルシオとかビストロとかのスチームオーブンって、レシピ通りにきちんとしなきゃいけないイメージだったけど大丈夫なのか。
最近の機種はセンサーが発達してて、きちんと計らないで食材を放り込んでも、電子レンジが自動で温度や量を判断して最適な加熱をしてくれるので、雑でもおいしい料理ができます。

自動調理鍋:煮込み自慢

IH自動圧力鍋 煮込み自慢のメリット・デメリット

さばをぶつ切りにしてみそと一緒に自動調理鍋にいれれば、サバの味噌煮が完成します。

手間がかかって面倒なじっくり料理をスイッチオンのほったらかしで完成します。

お掃除ロボット:ルンバ

ルンバのメリット・デメリット

意外とたまる床のホコリをスイッチ一つで解消できるのは、やっぱり画期的。

お掃除ロボット:ブラーバ

ブラーバのメリット・デメリット

小さなお子さんがいるご家庭は①静かで②こぼしたご飯汚れも掃除できて③多少ちらかっていても掃除ができるブラーバの方があっているかも。

我が家のルンバは友達の息子くんにめっちゃ怖がられてました。

いたずらして、自分でルンバのスイッチONにしたのにな。
かわいすぎました。



まとめ:機械に任せられるならお願いしよう

便利家電で子育てにゆとりのある生活

「家電ができるなら、家電にやってもらえばいい」

あなたはあなたにしかできないことの時間を使いましょう。

単純作業は家電にお願いしてしまいましょう。

生活のムダをはぶいて、浮いたお金で便利家電を買えば、家計の負担にならずに、ラクだけどゆとりのある生活ができます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Amazonギフト券 ポイントゲットする方法