【2,000円OFFクーポンも】ヘルシオ・ホットクック Amazon限定セール開催中

【医療保険は入らなくていい?】毎月40,000円の医療費でも給付金ゼロの私が考える医療保険の必要性

遺伝でもない、生活習慣由来でもない、原因不明の病気になった私は現在、毎月40,000円の医療費がかかっています。

でも、保険支給はゼロ円。

医療保険もおりなければ、公的保険も適用されていません。

なんで医療保険なのに、病気で保険料が出ないの?

高額な医療費が補償されるのが医療保険じゃないの?

実際に高額な医療費がかかる病気になってしまったことで感じた医療保険の必要性についてまとめます。

医療保険に入るべきか・入らないか

医療保険は「加入する」「加入しない」のどちらが正しいとは一概には言えないと思います。

ですが、自分にとって医療保険が「必要か」「必要じゃないか」をよく考えて決定してみてほしいな、と感じています。

いろいろ考えて「医療保険に入らない」という選択肢は十分にあると思います。

ただ、なんとなくそのままにしていて、何かあってから「入っておけば良かった」と後悔することになってしまっては遅いので…

どうかこのタイミングで1度、医療保険としっかり向き合ってみてください。

この記事では
毎月高額医療費を払うことになって感じた医療保険の必要性についてまとめています。

ある日突然…自分が悪くなくても病気にはなる

病気で通院治療中

私は現在、病気の治療中です。

病名は関節リウマチ。

関節リウマチ?よく温泉で肩こりとかと一緒に書いてあるな?市販薬で治るカンジ?

私も関節リウマチと診断された時は事の重大性に気がついていませんでした。

関節リウマチは原因不明の病気です。

「遺伝しやすい?」「喫煙が悪影響を及ぼす?」さまざまことが言われていますが、発症原因がわかっていない病気です。

現に、私自身も親戚にはリウマチ患者はおらず、喫煙等もしておらず、健康診断はいつも問題ありませんでした。

自分が病気になるなんてまったく想定しておらず、本当に突然の事でした。

人はある日突然病気になることを実感しました。

コラム:関節リウマチとは?

関節リウマチは「自分の免疫が自分の関節やその他の臓器を、細胞を細菌やウイルスと勘違いして攻撃する」病気です。

自分で自分傷つける状態です。そのため

  • 関節に激痛…常に体が炎症を起こしている状態
  • 微熱や倦怠感…常に免疫が作動している状態

毎日、全身の関節に炎症があって、しかも風邪をひいたときの微熱や倦怠感があります。

正直、結構えぐいです。

月40,000円 高い医療費負担

数年前まで関節リウマチは、ただひたすら病気が進行するのを受け入れるしかない病気でした。

最近、特効薬が開発され、「寛解」という症状が落ち着いた状態にまで病状を落ち着かせることが可能になってきています。

しかし、この1週間に1度投薬するリウマチの注射薬が1本20,000円、自己負担3割で6,000円かかります。

その他のもろもろの薬代で3万円、毎月副作用が出ていないか確認するために1万円と、毎月4万円ほどの医療費がかかります。

リウマチの治療に月40,000円の治療費がかかっています。

ですが、医療保険からの給付金はゼロです。

残念ながら、公的保険も給付ゼロです。

医療費が支払われないってなんのための医療保険なの?

民間の医療保険も公的医療保険も給付金の支給には一定条件があります。残念ながらリウマチの医療費はどちらの基準も満たさないんです…

医療保険の給付は入院や入院後の通院補償がほとんど

保険は民間も公的なものも入院に適用されるものがほとんど

医療保険の多くが「入院」や「入院後の通院」に対して給付金が支給されるものがほとんどです。

関節リウマチの治療は、症状が進行し、関節が変形して手術を行わない限り、入院をすることはありません。

どんなに高額な医療費がかかっても、入院をしなければ、医療保険に補償はしてもらえないのです。

高額療養費制度の支給額は年収に合わせて

医療費の公的保険として「高額療養制度」があります。

高額療養制度」の支給額は収入によってかわります。

ざっくり言うと、44,400円以上の医療費がかかった場合は、超過した医療費に対して支給を受けることができます。

[jin-iconbox07](例) 月100,000円の医療費がかかった場合、100,000-44,400=55,600円が支給されるので、自己負担額は44,400円になります。[/jin-iconbox07]

私の医療費負担額は月40,000円程度。

残念ながら支給は受けられません。

「入院して大きな手術をして、1回の手術に50万かかる」といった場合は、「高額療養制度」で医療費が支給されます。

ですが、関節リウマチの場合、毎月一定額の医療費がかかるものなので、支給基準は満たしませんでした。




医療保険は不要?ムダ?

保険料はムダってことかな。

「節約で保険料の見直し」というくらいだから、保険を解約しようかな。

医療保険は不要でしょうか?ムダでしょうか?

私は自分が病気になったからこそ、できるだけ若いうちに適切な医療保険に入った方がいいと感じています。

理由は

  1. 適切な保険に加入していれば、突然のケガやがん・生活習慣病の補償になる。
  2. 病気になると保険に入れなくなる。
  3. 将来、公的医療保険が改悪するかもしれない。

以前に医療保険を十分に検討しているのであれば、保険の見直しは不要だと思います。

もし未加入だったりしっかり検討して保険に加入していないのだとしたら、この機会に医療保険について検討してみてください。

医療保険に入らない、という選択肢は全然ありだと思います。

大事なのはしっかり考えた上で”不要と判断をすること”だと思います。

医療保険はもしもの時の貯金がない人

医療費を払える程度の貯蓄

病気になった私が、医療保険に入った方がいいんじゃないかな?と考える人は「もしもの時の医療費を現金で出せる=100万円程度の貯金が手元にない人」です。

なので、若い人や貯蓄がない人が保険に入った方がいい人と言えます。

医療保険は病気やけがをしたときに治療費を払えるくらいの貯蓄があるのであれば、医療保険に入る必要はありません。

いわゆる「生活防衛費」がきちんと貯まっていれば、医療保険に入る必要はないです。

 関連  ➢ 【もしもの時の備え】生活防衛費の貯蓄はできていますか?

基本的に医療保険はケガをしたからといって得をできるものではないと、私は考えています。

どちらかというと、若かったり貯蓄がない人が、未来の自分に助けてもらうのが医療保険だと思います。

若いうちは、突然のケガや病気での出費は金銭面でも精神面でも大きなダメージになります。

20代で病気やケガになった場合、治療費を払えない可能性もあります。

私の後輩(24)は、スノボで見知らぬ人に衝突されて2週間入院する大けがをしました。

医療保険の適用があったから保険金が支給されたものの

もし保険に入っていなかったら?

考えただけでぞっとします。




保険は得するものではない、あくまでも医療費の積み立て

もし、ガンになったら…?

先進医療の費用(技術料)は全額が自己負担!

先進医療 技術料(1件当たりの平均額)
重粒子線治療 3.086917円
陽子線治療 2,635,433円

 参考  ➢ 先進医療にかかる費用はこれだ! 最先端治療と医療費の備え方

[chat face=”manb1.png” name=” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=”maru”]とてもじゃないが、治療費が高すぎて治療を選択できない。[/chat]

特にガンは治療費がかさみます。

また、払えたとしても、経済的な不安が残る可能性も考えられます。

ただでさえ、ケガや病気の時は精神的にも辛いもの。

そこにさらに経済的な不安がプラスされる状況は良いとは思えません。

保険は「ケガや病気になった時に得をする」のは、なかなか厳しいと思います。

私は医療保険というのは「若い今の自分を守るために将来の自分に助けてもらうもの」だと考えています。

病気になったら良い条件の医療保険に入れない

持病持ちの医療保険料はムダに高い

「リウマチだから生活習慣病にかかりやすい」といった因果関係があるわけではないのですが…

持病持ちはリスクがあるとみなされるので、持病があっても入れる保険は保険料が高いです。

もし、保険金が支払われるとなったときの給付金額を考えると、

保険に入らないで、その保険料を貯金していた方がいいんじゃ…

という保険もあります。

今のあなたは健康かもしれません。

保険に入らなくても大丈夫。

という考えもあると思います。

ですが、数年後「家族も増えたし医療保険に入りたい」と思った時に健康かどうかはわかりません。

この先公的保険が続いている保証はない

現在は、日本の公的な医療保険は手厚いです。

ですが、この先この手厚い保証があるとは限りません。

貯蓄がない人は保険に入っておくのも一つの考えです。




医療保険に入っておけば良かった…とならないために:医療保険の選び方

医療保険はむやみやたらに加入したからといって、安心なものではありません。

それこそ、ネットやファイナンシャルプランナーが指摘するように、保険料でお金がムダになってしまいます。

保険料で損をしないために、①会社の保険と②住宅ローンの団体信用生命保険の内容をキチンと確認しておく必要があります。

医療保険を検討する前に確認すること

  1. 会社の保険
  2. 住宅ローンの団体信用生命保険

自分の医療保険の状況を確認したうえで「民間の医療保険が必要か」を考える必要があります。

医療保険の中には、自分が生涯で支払う保険料よりも支払う金額が圧倒的に低い医療保険もあります。

こういった“絶対に損をする医療保険”を選ばないことが医療保険選びのポイントです。

① 会社の保険を確認

私自身は会社の保険がしっかりしていたので、自身では医療保険には未加入でした。

結果、私は会社の保険に助けられています。

会社勤めの方は、まず会社の保険の内容を確認してみましょう。

保険の内容によっては、保障が十分で、個人で保険に加入しなくても大丈夫な場合があります。

特に大手企業の場合は手厚い保証があることが多いので、自分や家族の会社の保険はしっかりと確認しておきます。

② 住宅ローンの医療保険を確認

住宅ローンに加入している方は、団体信用生命保険に加入していると思います。

団体信用生命保険の内容によっては、ケガや病気の保障をカバーしている場合もあります。

私の加入している住信SBIネット銀行の住宅ローンは疾病保障が手厚いので、別途医療保険には加入していません。

(というか、金利が安い!ということだけでなく、ケガや病気の保障が手厚く、保険料の節約にもなると考えて、住信SBIネット銀行の住宅ローンにした面もあります。)

団体信用生命保険に加入している方は、補償内容を確認してみてください。

 詳細  ➢ 住信SBIネット銀行|全疾病保障《無料》の住宅ローン

 関連  ➢ メリット・デメリットを考慮して住宅ローンを住信SBIネット銀行にした理由

住宅ローンを住信SBIネット銀行にした理由とメリット・デメリットメリット・デメリットを考慮して住宅ローンを住信SBIネット銀行にした理由


保険は頻繁に見直さない

ここからは私が本を読んで勉強した保険の選び方についてまとめています。

注意点
医療保険の選び方については、私自身の経験に基づいた個人的な考え方です。”絶対”ではありません。

判断の際の参考にしていただけましたら幸いです。

更新型か?終身型か?どっちを選ぶべき

個人的に更新型よりも終身型の医療保険を選ぶべきです。

一般的に保険は若いほど保険料が安いです。

更新型の場合、更新するたびに年齢はどんどん上がるので、より保険料の高い保険へとシフトしていくものがほとんどです。

それどころか、次の更新の時には、自分の健康状態が悪くなっているかもしれません。

若いころから保険に入っていたにも関わらず、保険料はどんどん値上がりし、しかも保険に加入できない可能性すらあります。

保険は見直せば見直す程、損をする可能性が高くなります。

保険はできるだけ若いうちに、その時に一番自分にあった条件の良い医療保険に入っておくのがベストだと思います。

終身払い込みと○歳払い込み完了

医療保険は①一生涯払い続ける終身払い込みと②60歳や65歳で払い込みが終わる○歳払込完了の大きく2種類あります。

(例)チューリッヒ保険の終身医療保険、30歳女性

 

30歳で終身払いを選択。80歳まで生きるとして50年間支払い。

月々1,797円×12か月×50年間=1,078,200円

 

30歳で55歳払込満了を選択。25年間支払い。

月々3,716円×12か月×25年間=1,114,800円

注意点
保険料はご自身の条件や保険内容によって異なります。

詳しくはチューリッヒ保険をご覧ください。

チューリッヒ保険の終身医療保険の場合、30歳女性で保険に加入すると、82歳以上長生きしたら、終身払いよりも55歳払込満了の方が安くなります。

長生きした方が余計な出費がかさむというのもなんだかやるせないですし、高齢でも支出として保険料を払い続けるのはリスクがあります。

私は月々の保険料は高くなりますが、一生涯払う保険料を抑えられる可能性があるので、できるだけ短い期間で払い込みが完了する保険を選ぶべきです。

長生きした結果、保険料を払い続けることになって、保険料で苦労するなんていうのは辛すぎる…

 参考  ➢ 保険資料請求.com|チューリッヒ医療保険

おすすめの医療保険の条件

  1. 終身保険
  2. ○歳払込満了

医療保険を考える

全体的に、店舗や営業による人件費が少ないネット保険がやはり保険料は安いですね。

保険や節約の特集の雑誌を見ても、1位2位はオリックス生命チューリッヒ生命です。

私はどちらも資料請求を行いました。

会社と住宅ローンの団信、持病等を考えて、内容を検討した結果、保険加入はしませんでした。

資料請求を行うと、その後大量の電話や郵送による勧誘がくるかな?と思いましたが、資料請求の半年後や1年後にその時の条件にあった保険の情報が郵送で届くだけでした。

 詳細  ➢ オリックス生命 医療保険 新CUREキュア

 詳細  ➢ チューリッヒ生命 終身医療保険 プレミアムDX

チューリッヒ 医療保険に請求して受け取った資料

チューリッヒ医療保険に資料請求して届いた資料

より保険会社の見分け方で判断すると、いい保険会社はソニー生命保険なんですが、完全オーダーメードの保険です。

いきなり、ソニー保険に相談すると、ちょっと保険の相場観がわからなくて不安、という方もいらっしゃるかもしれません。

その場合には、まずはお近くの保険ショップ(保険見直し本舗)やネットの保険相談(保険見直しラボ)で自分の状態や状況にあった保険を相談してみると、勉強になると思います。

近所や職場の近くでさっと済ませたい。

効率的に済ませたいなら、近くの保険ショップを探すのが一番いいな。

 詳細  ➢ かんたん店舗検索|保険見直し本舗

やっぱり大事な事だから、専門家に相談したいな。

経験豊富なFPに相談したいなら、ネットの保険相談を利用してみよう。

 詳細  ➢ 何回相談しても無料|保険見直しラボで無料相談




まとめ:医療保険と真剣に向き合ってほしい

人生に一度でいいので医療保険の必要性を検討してほしい

保険は”絶対”があるものではないので、必要がないと思ったら入らない、という選択肢もあると思います。

保険は必要以上に入らなくてもいいと思います。

だからといって「医療保険は完全にムダ」「節約のために保険は解約しよう」というものでもないと思います。

あなた自身の家庭環境や健康状態に合わせて、保険の必要性について一度検討してみてください。

病気は本当につらいものです。

 詳細  ➢ かんたん店舗検索|保険見直し本舗

 詳細  ➢ 何回相談しても無料|保険見直しラボで無料相談

確かに固定費の見直しはムダな支払いをしないためにも大事です。

とりあえず 固定費の節約術をチェックして、少しづつ進めていくのがおすすめです。

 関連  ➢ チェック表つき|STEP1【かんたん・頑張らなくてOK】節約の初級編|固定費の節約術まとめ

参考 チェック表つき|STEP1【かんたん・頑張らなくてOK】節約の初級編|固定費の節約術まとめゆるけみ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください