Amazonチャージで1,000円キャンペーン

【2019年7月最新比較表】お掃除ロボットの選び方とおすすめを紹介

【比較表】お掃除ロボットの選び方とおすすめを紹介

お掃除ロボットって10万以上するとっても高いイメージ。
ゴミの取り残しもあるっていうし、別にいらない気もする。

最近のお掃除ロボットは進化しています。安いものも発売されてきました。

  • 高性能で完璧な掃除をお願いしたい…
  • コスパの良いお掃除ロボットがほしい…
  • 低価格で掃除を任せたい…
この記事では
主要のお掃除ロボットの比較表とおすすめをまとめています。

おすすめのお掃除ロボット

ルンバのメリット・デメリット 【買って後悔?】2DK45m2狭い家🏡2年間使ってわかったルンバのメリット・デメリット ルンバの選び方とおすすめの機種 【決め手は価格と出来ること】ロボット掃除機ルンバの選び方とおすすめを紹介【2019年比較表】

ネットショッピングで得する買い方
Amazonで「RV-EX1」を2.5%引きで買う

お掃除ロボットの選び方とポイント

お掃除ロボットには大きく分けて2種類あります。掃除機タイプと床拭きタイプです。

  • 掃除機タイプ
  • 床拭きタイプ

本記事では掃除機タイプの選び方をまとめています。

床拭きタイプの選び方は以下の記事をご参考ください。

 関連  ➢ 【2019年比較表】拭き掃除ロボットの選び方とおすすめを紹介

【比較表】拭き掃除ロボットの選び方とおすすめを紹介 【2019年比較表】拭き掃除ロボットの選び方とおすすめを紹介|ブラーバ?ローラン?

実際に私がお掃除ロボットルンバを2年間使ってきて感じたお掃除ロボットの選ぶポイントは以下の通りです。

お掃除ロボットを選ぶポイント

  • 吸い込み口の形状
  • センサー・立ち入り禁止エリア設定

ルンバを使って感じた感想やレビューは「【2LDK・45m2 狭い家】ルンバは本当に必要か?メリット・デメリット レビュー」にまとめています。

ルンバのメリット・デメリット 【買って後悔?】2DK45m2狭い家🏡2年間使ってわかったルンバのメリット・デメリット

吸い込み口の形状

せっかくお掃除ロボットが自動で掃除をしてくれるのに、お掃除ロボットのお手入れに時間がかかっちゃったら、結局ラクにならない気がする。

と思ったので、お掃除ロボットのお手入れ・掃除をしやすい機種を選びました。

掃除のしやすさを考えたときに最重要視したのが、吸い込み口の形状です。

吸い込み口は、ブラシタイプとゴムタイプがありますが、我が家ではゴムタイプを選びました。

  • 掃除に手間がかからない(吸い込み口に髪の毛等がからまない)
  • カーペットの上も掃除できる

ルンバの口コミの中に「ブラシタイプは髪の毛が絡まって、掃除が大変でストレス」「ルンバ買わなければよかった」というのがありましたが、この悪い口コミはブラシタイプのルンバで多く見られました。

またブラシタイプのルンバは基本的にカーペットの上は掃除できません。ブラシにカーペットの毛足が絡まってしまうからです。

私はルンバにカーペットの上の掃除もお願いしたかったので、ゴムタイプのルンバにしました。

ルンバがカーペット上を掃除できるようになって、我が家ではカーペットのコロコロ掃除の回数がぐーんと減りました。

お掃除ロボット選びのポイント
お手入れのしやすさは特に吸い込み部分で変わります。

センサー・立ち入り禁止エリア設定

お掃除ロボットの要はセンサーです。お掃除ロボットには大きく分けて2つ、ランダムナビゲーションとシステムナビゲーションがあります。

  • ランダムナビゲーション…ランダムに動きながらゴミが多いところは重点的に動いて掃除をする
  • システムナビゲーション…AI搭載で部屋の形や大きさを把握して、効率よく掃除をする

効率を考えると当然AI搭載のシステムナビゲーションです。

ですが、私の場合はコスパを考えて(購入当時AI搭載機種は高かった)、ランダムナビゲーションにしました。

体感としては、ランダムナビゲーションでも1部屋の掃除は問題なく、ゴミの取り残しもありません。

でも、「廊下を通って2~3部屋を一気に自動掃除をまかせたい」という場合には、ランダムナビゲーションだと若干の掃除ムラはあります。掃除をし始めた部屋はほぼ問題ないのですが、別の部屋をしっかり掃除できないこともあります。

おすすめのお掃除ロボット

 

おすすめのお掃除ロボット

高性能なお掃除ロボット おすすめ

とにかく高性能なお掃除ロボットで完璧に掃除をしてほしいという方はルンバi7+がいいです。

今販売されているお掃除ロボットの中で一番高性能です。

  • クリーンベースでごみを自動で吸い上げるので、ごみを捨てる回数が激減
  • マップで掃除効率がアップで取りこぼしなし
  • スマホから完全操作可能

 

アイロボット(IRobot)
¥111,800 (2020/07/11 00:02:39時点 Amazon調べ-詳細)

ネットショッピングで得する買い方
Amazonで「ルンバ i7+ i755060」を2.5%引きで買う

コスパがいいお掃除ロボット おすすめ

「うちは広いわけではないし、お掃除ロボットにカンペキは求めていない」ので、我が家ではコスパの良い中級のお掃除ロボットを選びました。

数あるお掃除ロボットの中もで、コスパがいいのがルンバe5です。

ここだけの話、値段の高いルンバの900番台シリーズよりも良いセンサーが搭載されています。

なんで?
ルンバe5が最上位機種の900番台より後に発売された最新機種だからだよ。逆転現象が起きています。

ゴミ受けは水で丸洗いできますが、水洗いはお風呂場なんかで行わないと、流れ出たホコリで配水管が詰まりそう…

すみのほこりは回転ブラシがかきだしてくれるので、わりとキレイに掃除をしてくれます。

我が家のように変な間取りでない限り「部屋の隅の埃が取れない」なんてことは起きません。

ルンバが欲しかったら、ルンバe5で十分な気がする。

コスパのいいルンバ

ネットショッピングで得する買い方
Amazonで「ロボット掃除機 ルンバe5」を2.5%引きで買う

低価格なお掃除ロボット

低価格のお掃除ロボットがほしいのであればDEEBOT N79です。

「吸い込む掃除を自動化したい」「でも、できるだけ安いお掃除ロボットがいい」方にはピッタリです。

機能を最小限にして低価格を実現している機種です。

デメリット
  • 人口知能がないので、効率的なお掃除ではない
  • バッテリー交換不可

個人的には、多少お掃除の効率が悪くても、「そのうちキレイになればいいじゃん」って思うタイプなので、DEEBOT N79でも十分だと思います。

ECOVACS
¥12,700 (2020/07/11 07:12:15時点 Amazon調べ-詳細)



お掃除ロボット購入に不安があるならレンタル

ルンバ買ったものの、全然使わなかった…
部屋との相性が悪いのか、ルンバが傷だらけにして困る。

我が家では、カーペットの上も掃除をさせたかったので、吸い込み口がゴム、ラバーでできているルンバの中級機種を選びました。

幸いにして、木製の床ともつるつるのコンクリートの床とも相性がよくて、床を傷つけることはありません。

ですが、友達の家のお掃除ロボットは床との相性が悪いのか、床をガリガリにしたって聞いています…

Twitterでほしい人あげるって募集してた…

2016年製の我が家のルンバは、黒の識別に弱くて、昔の我が家の黒いコンクリートの壁や黒いダイニングテーブルには速度を落とさずにぶつかりにいっていました。

正直「お掃除ロボットが部屋や家具を傷めないか?」はそのお部屋や家具との相性があるので、一概にいい悪いとはいえません。

お掃除ロボットは高い買い物になるので「お家や家具との相性が気になる」という方は、レンタルを積極的に利用して、失敗しない・後悔しない買い物をしてください。

iRobot公式でもレンタルが可能ですが、対象機種が少なめです。

 詳細  ➢ iRobot(アイロボット)公式|ルンバ・ブラーバのレンタルを見る

 詳細  ➢ Rentio(レンティオ)公式|ルンバのレンタルを見る




まとめ:今は安いお掃除ロボットもある

一昔前は、お掃除ロボットはルンバ一択でしたし、そのルンバも高かった…

ですが、最近ではルンバe5はコスパ最強だと思いますし、1~2万円台の安いお掃除ロボットも販売されています。

お掃除ロボット不要論もありますが、ロボットができることをわざわざ自分でしなくてもいいかなって思います。その分もっと大事なことに時間をつかえた方が絶対いい。

 

おすすめのお掃除ロボット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


\Amazon完全攻略/