ブログ運営

はてなブログからWordPressのJINに変更【JINのメリット・デメリットと不具合】



こんにちは、松坂 澪 (@matsuzakamio)です。本サイト(CHIMI-JYO)をご覧いただき、ありがとうございます。

はてなブログからWordPressへの移行

wordpress

はてなブログに不満が募っていました。

はてなブログへの不満
  1. 構造化エラーが解除できない。おそらくテンプレート由来だとは思いますが、あるテンプレートで構造化エラーが発生していました。
  2. パソコンで1カラム表示になった時にグローバルメニューのトグルが開かないというバグを自力では修正できず。
  3. AMP画面のデザイン編集が全く思い通りにいかず。
  4. 表を作成するには、はてな記法じゃないとダメだけど、はてな記法はHTMLが並行では表示されない。

はてなブログのテンプレートは無料ですから、修正やサポートは期待できません。仕方がないことです。

HTMLの知識がない私としては、一つ問題が発生するたびに、ググる→理解できてないけど修正する→多分修正できてる?一応大丈夫そう、の繰り返しです。

はてなブログを2か月ほど使用しましたが、サイトデザインのカスタマイズがどうしてもちぐはぐになってしまいます。

サイトに漂うハリボテ感。どなたかが作成したサイトにフォーマットに上書きするような形で調べてコピペでCSSを記載します。初期のCSSと拮抗してしまうのか、うまく自分の意図するデザインに変更出来ない時もあります。

サイトのデザインを整えるのは重要な作業と考えます。ビジネスでもデザイン性の低い資料は理解するのに時間がかかりますし、説得力も低くなります。

でも、デザインセンスがないし、 HTML の知識もないので、はてなブログではサイト構築に時間がかかってしまいます。 この時間がとてもムダ、しかもデザインセンスはない。

サイト作成に時間を費やすのであればそのぶん記事を書きたいな、

ハリボテのようなCSSでブログを続けていくのが、時間の無駄なような気がして、WordPressへの移行を決心しました。

blog-speed-up-2
【煩わしい作業は時短】ブログ作成をスピードアップできる6つのこと【音声入力からショートカット】 私も、ただえさえ文章を書くのが苦手なのに、キーボードの タイピングスピードが遅いため、ブログの記事を作成するスピードがとっても遅...

いきなりの有料テンプレート

blog-coffee

はてなブログ無料→Pro移行での経験から、インターフェースになれるのには時間がかかる設定し直すのに時間が取られる、という思いがありました。

テンプレートが変わると若干操作性も変わるみたい?

慣れるの面倒。無料テンプレート→有料テンプレートの流れを行いたくなかったので、いきなりの有料テンプレート購入です。

有料テンプレート高いよ、と悩みましたが、趣味への投資と割り切る事にしました。

「アウトプットをする」というのは、とても勉強になるし、成長につながる、というのが、ブログを始めての感想です。

どの有料テンプレートがおすすめ?

追記:実際にWordPressを使ってみて感じたことを踏まえて、WordPressのテーマの選び方をまとめました。

WordPressのテーマを選ぶポイント

といっても、何個も買えるような金額のものではないので、失敗は許されません。

私の候補としては、JIN、WING(AFFINGER5)、SANGOでした。

SANGOはおしゃれでポップすぎるので、デザインセンスのない私には向かないと判断。

AMP対応しているWING(AFFINGER5)と最後まで迷いましたが、WING(AFFINGER5)は使いこなせないくらい機能が多い=WordPress初心者には使いこなせない? という不安がよぎり、より操作性が高く使いやすいという口コミのJINにしました。

JINをおすすめしている上位サイトの多くで、体感ですがサイト表示スピードが遅いと感じることが多いため、不安がありました。

購入前、使ってもいないのに、色々なサイトを見てまとめた、独断と偏見の比較表

JINWING(AFFINGER5)SANGO
デザイン性高いデザイン性カスタマイズ依存デザイン性超高い
AMP非対応AMP対応AMP非対応
初心者向け中級者向け中級者向け


JINのメリット

packing

正直、ワードプレスは他のテンプレートを一切使用していないので、私は他のWordPressのテンプレートと比較してのメリットを挙げることはできません。

デフォルトのデザインの視認性が良い

デフォルトのデザインにするだけで、オシャレなブログになります。

デザインが良いブログがかならずしも良いブログではありませんが、
良いブログはデザインが良いブログが多いですね。

必要十分条件といったところでしょうか。

文字がキレイでも文章が悪いと読んではもらえません。
文章が良くても文字が汚いと読んでくれない人も出てくるよ、みたいな。

デザイン変更もボタン一つでできる上に、色の変更も色相環から選べるので、HTMLコードをわざわざ調べる必要がなく、直感的に色を選べます。

初心者にもわかりやすい操作画面

初心者でも操作がしやすいので、初期設定に時間をかける必要がありませんでした。

その分、分析ツールを確認する余裕があり、おかげで間接的にアクセス数の向上につながっていると感じます。

プラグインの導入は必要最低限でOK

一般的にはWordPressで色々な機能を使用したいと思ったら、プラグインを導入する必要があります。

JINでは、そういったブログ作成機能を充実させるために必要なプラグインを導入する必要性がほとんどありません。デフォルトで揃っているからです。

JINはプラグインを導入しなくても75点といったイメージ。これがWINGなんかだと、プラグインをどんどん導入して90点になるイメージです。

wordpress-jin-plugin
【セキュリティと作業効率up】WordPress JIN おすすめプラグインでカスタマイズ【随時更新中】はてなブログからWordPressの有料テンプレートに移行しました。必要なプラグインを入れたので、パソコン初心者の備忘録的にまとめました。...

直帰率を下げることができました

JINにして直帰率が下がりました

というかJINにして「こうすれば直帰率が下がるのではないか?」と思って実行したら、直帰率を下げることができました。

JINに変えたからアクセスアップしたのではなく、アクセスアップするためのツールがたくさん仕込まれているのがJINといった印象です。

  • デザインの視認性が良い。
  • 初心者にもわかりやすい操作画面。
  • デフォルトで完成されたデザイン。
  • アクセスアップのツールがたくさん盛り込まれている。


JINのデメリット

AMP非対応

はてなブログ時代は、AMPからの検索流入が2~3割ありましたが、WordPressに移行して、AMP検索流入分は減りました。

残念ながら、現在のところJINはAMP非対応です。これだけデザイン性が高いと仕方がないのかな?と思います。

ちなみに、WING(AFFINGER5)はAMP対応しています。

プラグインによるカスタマイズの自由度が低い

メリットで記載した「プラグインをほとんど導入しなくてもデフォルトで揃っている」の裏返しですが、プラグインでカスタマイズすると言ったテンプレートの作成思想ではありません。そういった面でカスタマイズの自由度は低いです。

また、JINを使っているであろうページで結構な頻度で、文章に被るように広告が表示されているのは、デフォルト?不具合?見にくすぎて、すぐ引き返すのですが、そのページに限ってSEOがしっかりしているのか、複数回表示されるので結構疲弊します。

公式サポートにはあまり期待できない

開発者の方が2名?修正の方がいらっしゃるのかよく存じ上げません。

メーカーが提供しているWordPressテーマと比較するとサポートはどうしても少なくなります。放置されている不具合も、ちらほらあります。

公式サイトさえも、紹介ブログのカスタマイズ方法がリンク一覧となっており、サポートの少なさを物語っています。

人が圧倒的に足りていないみたい…

これが、やはりメーカーが販売しているOPENCAGE(オープンケージ)の有料テンプレート系だとサポートがしっかりしていますね。

不具合がある

どのWordPressのテーマにも不具合はあるように、JINにも不具合がいくつかあります。

”内部SEO対策が完璧なWING(AFFINGER5)では、Google Search Consoleの構造化エラーが出たことはない”、という体験談を見かけると、今後の修整に期待したいと感じます。

サイトスピードが遅い

Googleのページの表示速度を計測するツールでの本サイトの測定結果は。パソコンは「Good 91 / 100」、モバイルは「Medium 76 / 100」でした。

画像が少ない状態で、アニメーションオフでこのスピードなので、今後に不安を感じます。

JINをおすすめするブログの大半の表示スピードが遅いからなー…

この辺もやはりWING(AFFINGER5)で作られたサイトは表示スピードが速いのです。

https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/

  • AMP非対応。
  • 公式サポートは少なめ、不具合は今のところ一部そのまま。


追記:JIN 不具合報告 (未対応)

hentry構造化データ エラー発生

カテゴリーページでhentry構造化データのエラーが発生しています。

理解していませんが、どうやら下記のいうことらしい…

”Wordpressのテーマにpost_class()が使われていると”とのことなので、 WordPress のテーマであるJINに由来した不具合、エラーであると考えられます。

HTML要素をいじらなければならないのか…とってもイヤだな。少し調べてから対処しようと思っているので、絶賛放置中です。なので、メモ的に記載しています。

Twitterとかで開発者のひつじさんや赤石カズヤさんに質問してみたら何か変わるのでしょうか?

追記:hentry構造化データは一時期増えて、その後減って、一部残った…なぜ?

追記:11月のアップデートで構造化エラーがゼロになりました。

このエラーが出る原因は、Wordpressのテーマにpost_class()が使われていると、hentryクラスが吐き出されることで起こるようです。

post_class()によって、エントリーにhentryという構造化データを使う宣言がされているのに、「エントリーのタイトル(entry-title)とか更新日(updated)とか記事著作者(author)のデータが指定してないぞ!」ということみたいです。

出典:ウェブマスターツールで「hentry(マークアップ: microformats.org)」構造化データエラーが出たときの対策方法/寝ログ

追尾型サイドバーで表示が崩れる

追尾型サイドバーを使用すると、パソコンのウィンドウの大きさを変更したときなどに、表示が崩れて、本文にサイドバーが覆いかぶさるように表示されてしまいます。

これは、JINを使用している他のサイトでも見かけられます。追尾のサイドバーを使用されているサイトは軒並みサイドバーの内容が本文に覆いかぶさってしまっています。

世の中、頭のいい方はたくさんいらっしゃいますね。修正方法を記載されているのですが、難しくてわからない…自分んの理解力のなさに涙。

公式の修整こないかなー泣

追記:修正ではなくてあくまでもエラーを表示させない方法との事です。

 参考  【WordPress】人気テーマ「JIN」のJSエラーの応急処置



まとめ:JINはおすすめテンプレートの一つ

blog-coffee-re

はてなブログはWord、WordPressはPowerPoint

はてなブログからWordPressの有料プレートJINに移動した感想をまとめました。

はてなブログ=Word、ワードプレス=PowerPointのような感じです。
PowerPointの方が色々な機能があって、手軽で簡単に美しく、情報をわかりやすく伝えられる資料を作れます。それが、WordPress

ケチケチせずにWordPressで始めればラクだったなと思います。

JINにして、ブログ作成スピードが5倍程度に飛躍しました

有料テンプレートは有名どころを選んでおけばOK

JINに変更してからワードプレスの基本について色々調べることが多かったため、検索結果を踏まえてJINを2週間ほど使用しての感想ですが、WordPress の有料テンプレートはJINに限らず、有名どころの中から自分が気に入ったものを選んでおけば、基本的に間違いはないと思います。

JINはもちろん使いやすいです。 本来であれば、プラグインを導入しないとできないような 操作方法もデフォルトで備わっています。

でも、ネットで検索していた感じ、有料テンプレートであれば、①ある程度インターフェイスも確保されている ②内部SEO対策済み というものが 多いです。

JINはずべての項目で70~80点のテンプレート

JINはデザインや内部SEO対策、サポートやカスタマイズ性といったすべての項目で軒並み70~80点といったバランスの取れた優良なWordPressのテーマだと感じます。

JINへのプラグインの導入やCSSの追加といったカスタマイズ方法をまとめた記事はこちら。試行錯誤ですね。

wordpress-jin-plugin
【セキュリティと作業効率up】WordPress JIN おすすめプラグインでカスタマイズ【随時更新中】はてなブログからWordPressの有料テンプレートに移行しました。必要なプラグインを入れたので、パソコン初心者の備忘録的にまとめました。...


WordPressのテーマを選ぶポイント

laptop-coffee

購入者限定ページの存在

JINには購入者だけが閲覧可能なノウハウが記載されたページがあります。「ぜひ、ブログ運営のノウハウを知りたい」というひつじさんファンの方にはおすすめです。ひつじさんのブログ運営ノウハウについては、バリューコマースにもコラムがあり、とても人気な方なんだと思います。

購入者特典という観点で言えば、SEOについて詳細を学べるSEOマニュアルがつく賢威がもっとも有名です。一時期はSEO=賢威だったそうです。

私は賢威はお値段が高すぎて、手が出せませんでした。

ブログ運営に対して「横のつながりを求めたい」「ノウハウや有益な情報を手に入れたい」というタイプの方は、こういった購入者特典があるものが良いかもしれません。WordPressのテンプレートだけでなく情報も一緒に購入でき、一石二鳥でお得感があると思います。

 詳細 
大ロングセラーSEOテンプレート【賢威】

賢威 公式サイト

サポートが手厚いのは企業販売

サポートに重きを置くのであれば、やはり企業から販売されている有料テンプレートおすすめします。個人開発者の有料テンプレートだと不具合が発生した場合にどこに問い合わせしていいか分かんないですし…問い合わせしていいのかもわからないですし…。不具合対応も企業の有料テンプレートの方が対応が早いです。

OPENCAGE(オープンケージ)の有料テンプレートはスタイリッシュで内部SEO対策済み。例えば、AMP対応のプラグインを使用した際の不具合についても、解決方法を記したページがあったりします。

 詳細 
ブロガー専用WordPressテーマ「OPENCAGE」

OPENCAGE 公式サイト

個人的には

個人的には、AMP対応していて、内部SEO対策がばっちりで、光るボタンといったギミックもあるWING(AFFINGER5)でも良かったかもと思っています。最後まで悩んだんだよね、ほんと。

JINで後悔はしていません。WordPressのテンプレートは結局個人の好みの問題です。

結局どのテンプレートを選んでも、有名どころを選んでいれば、そこそこ満足できると思います。

記事作成スピードをあげたいなーと思っている方は「【ブロガー必見!記事を書くのに時間がかかる…悩みを解消】ブログ作成のスピードアップができる6つのこと」もあわせてお読みください。

blog-speed-up-2
【煩わしい作業は時短】ブログ作成をスピードアップできる6つのこと【音声入力からショートカット】 私も、ただえさえ文章を書くのが苦手なのに、キーボードの タイピングスピードが遅いため、ブログの記事を作成するスピードがとっても遅...
登録すべきASP

 

▼ブログ関連知識の本▼

ブログ運営の有益な情報まとめ
あなたにおすすめの記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください