【基本から応用まで図解で完全解説】Rinker(リンカー)の使い方と実例|Amazon・楽天・Yahoo!だけじゃないWordPressプラグイン

こんにちは、研究職で主婦の松坂 澪(みお) (@matsuzakamio)です。ゆるけみをご覧いただき、ありがとうございます。

ゆるけみでは文才もないマーケティング経験も営業経験もない私が副業ブログを運営していくために調べたことをまとめています。

WordPressでアフィリエイトをするには”必須”といえるプラグインRinker。無料で使えるのが申し訳なくなるレベルの便利さです。

この記事では

Amazon・楽天・Yahoo!を一括で紹介できる、物販ブロガーには必須のWordPressのプラグインRinker(リンカー)。

登録方法から基本的な使い方、さらには損をしないためのASP選択についてまとめています。

実は物販以外にも使えてその可能性は無限大…?!

物販ブログで下のような商品の紹介を見たことがありませんか。

キレイに整ったボタンを押すと、それぞれAmazonや楽天の商品販売画面が表示されます。

クリックするとそれぞれのショップのページに飛びます。

美しくて見やすいだけでなく、一つの商品を「Amazon」「楽天」「Yahoo!」で一気に紹介できる優れもの。

実はこの表示は「Rinker」というプラグインを使うと、ボタンぽちっとで簡単に作成できます。

商品リンクを作成する以外にも設定のポイントやコツ、Amazonや楽天、Yahoo!以外にも利用する方法、Rinkerを導入するために検討するASPについても損をしない方法をまとめました。

Rinkerのリンク

目次

Rinker(リンカー)とは?

リンカーとは
RinkerWordPressのプラグイン
開発者やよいさん
用途商品管理プラグイン
料金無料(FANBOX支援可能)
ダウンロードBOOTH|Rinkerをダウンロードする
Rinkerの概要

Rinker」とは、Amazonや楽天の商品リンクが作成できるWordPressのプラグインです。

おやこそだてを運営されているやよいさんが開発されています。

RinkerはWordPressの管理画面の検索では出てこないので注意。

BOOTHのやよいさんのページからダウンロードします。

 詳細  ➢ BOOTH|Rinkerをダウンロードする

Rinkerの特徴
  • 1つの商品のリンクを「Amazon」「楽天」「Yahoo!」で作成でき、ユーザーニーズにあわせた商品リンクになる。公式ページへのリンクの追加も可能。
  • ブログ編集画面上に表示される「商品リンク追加」ボタンでかんたんに複数のASPへの商品リンクが作成できる。
  • 商品リンクがショートコードで作成されるので、編集画面がすっきりしてブログ作成の負担が減る。
  • 作成したショートコードはWordPressの管理画面の「商品リンク」からいつでも編集可能。商品名などの商品情報の変更も手軽にできて、商品リンクの管理がラク。

1つの商品で複数のASPリンク

複数のASPでの紹介で機会損失を防ぐ

物販は大手だけでも「Amazon」「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」とASPが複数ありますし、メーカー公式のASPもあります。

ブログを読んでくださった方が「楽天」で購入したいな、と思っても「Amazon」のリンクしかなかったら、購入希望の方は買うのをやめてしまうかもしれません。

そういった機会損失を防ぐために、特に物販では1つの商品リンクに対して複数のASPを紹介することが有効です。

Rinkerでは、簡単な設定をすることで、ボタン操作で「Amazon」「楽天」「Yahoo!」へのリンクを自動作成してくれます。

リンクはショートコード

ASPリンクは英数字のとっても長いコードですよね。

テキスト編集画面がごちゃごちゃした文字列でとても見にくいなーと思うこともしばしば。

Rinkerでは、[]かっこでくくられた短いショートコードと呼ばれる形式で商品リンクが作成されるため、テキスト編集画面がすっきりわかりやすくなります。

テキスト編集のごちゃごちゃして編集が大変。

という負担がなくなります。

商品情報をWordPressの管理画面で一括管理できる

Rinkerは商品リンクを作成して終了のプラグインではありません。

商品リンクの商品名を変更したいな。

商品リンクの賞品が終売していて、リンク切れになっている。

商品リンクは設置して終わりではありません。

必要に応じてメンテナンスが必要であり、修正や編集しなきゃいけない場面が出てきます。

同じ商品のリンクを複数の場所に挿入している場合、Rinkerをつかえば「商品リンク」で修正を行うことで、一括で修正することが可能です。

商品リンクが変わっても、ひとつひとつ修正する手間がないってことだね。

1か所修正すれば、すべての商品リンクに反映されて、リンクの管理がとってもラクです。

\ブロガーに必須のプラグイン/

Rinkerの注意点

Rinkerの注意点は2つ、①WordPressであること ②仕様上Amazonアソシエイトの審査に合格する必要があることです。

RinkerはAmazonアソシエイトに合格しなくても、 バリューコマースもしもアフィリエイトをつかって利用できるようになりました。

Amazonアソシエイトの審査は年々難しくなってきているのが難点。

はてなブログの方ややAmazonアソシエイトに未登録の方は、次に紹介する「かんたんリンク」や「MyLinkBox」をお使いください。

Rinkerの注意点

  1. つかえるのはWordPress(はてなブログでは使えない)
  2. Amazonアソシエイト合格する

商品紹介ツール:Rinker、カエレバ、かんたんリンク、MyLinkBoxの違い

商品紹介ツール:Rinker、カエレバ、MyLinkBoxの違い

Amazonや楽天の商品リンクボックスをかんたんに作成する方法にはRinker、カエレバ、MyLinkBoxがあります。

Rinker・カエレバ・MyLinkBoxの違い

Rinkerとカエレバ
 RinkerカエレバMyLinkBox
無料ブログ WordPressでしか使えない WordPress、はてなブログ等で利用可能 WordPress、はてなブログ等で利用可能
ショートコード ショートコードで管理 HTMLで作成 HTMLコードで管理(WordPress クラシック ビジュアル画面では表示されない)
一括管理 管理画面で一括管理(一括修正が可能) ひとつひとつ修正する バリューコマースの管理画面で一括管理(一括修正が可能)
ASPの成約フリーリンクはどのASPにも使える指定されているがいくつかのASPが使用可能バリューコマースしか使えない

使い勝手がいいのは、カエレバよりもRinkerです。

ですが、RinkerはWordPressのプラグインのため、WordPressでしか使うことができません。

また、プラグインの仕様上、Amazonアソシエイトの審査に通過する必要があります。

はてなブログの方やAmazonアソシエイトに未登録の方は、次の「かんたんリンク」か「MyLinkBox」をお使いください。

私はRinkerが使いたくて、はてなブログから移動してきたようなものです。

かんたんリンク

「かんたんリンク」はもしもアフィリエイトの機能です。Rinkerのような商品リンクを作成できます。

はてなブログだったり、Amazonアソシエイトに合格できないといったRinkerが使えない方はぜひ使ってほしいツールです。

次に紹介する バリューコマースのMyLinkBoxも商品リンクを作成できますが、「かんたんリンク」の方がおすすめです。

なぜなら「かんたんリンク」は上のように商品写真が動くので、その分読者の方の目を引き、思わずクリックしてしまいたくなるリンクに仕上がるからです。

 詳細  ➢ もしもアフィリエイト公式サイト

▲無料登録後もお金は一切かかりません▲

MyLinkBox

MyLinkBox」は バリューコマースの機能です。Rinkerのような商品リンクを作成できます。

「MyLinkBox」もはてなブログだったり、Amazonアソシエイト未登録でも使えます。

「MyLinkBox」はAmazonや楽天、Yahoo!はもちろんセブンネットなどの他のECサイトへのリンクも自動で生成してくれます。

さらに、物販以外のグルメや旅行といったカテゴリーでも一括で商品リンクボックスを作成してくれます。

 詳細  ➢ バリューコマース|MyLinkBox機能とは?

『MyLinkBox』対応広告主一覧(抜粋)
カテゴリー広告主
ショッピングモールAmazon / Yahoo!ショッピング / 楽天市場 / LOHACO / Wowma!
国内旅行JTB / じゃらん / Yahoo!トラベル
電子書籍eBookJapan / 紀伊国屋書店 / セブンネット / BOOK☆WALKER /
BookLive! / honto
グルメホットペッパーグルメ
家電カメラのキタムラ / TSUKUMO / ドスパラ / ヤマダ電機
VODU-NEXT / Hulu
アルバイトタウンワーク / フロム・エーナビ
エンタメセブンネット / Neowing /mu-mo / レコチョク

▲無料登録後もお金は一切かかりません▲

カエレバ

カエレバはサイトでブログパーツ(HTML)を作成できるサービスです。かん吉さんが開発されました。

HTMLをはりつけられれば表示が可能なので、WordPressだけでなくはてなブログ等でも使うことができます。

カエレバの使い方は以下の記事が参考になります。

 参考  ➢ 『カエレバ』の使い方、アフィリエイト報酬の取りこぼしを防止

 詳細  ➢ カエレバ公式サイト|複数のネットショッピングへのリンクを表示

Rinkerの導入・設定方法

Rinkerの導入方法

Rinkerの導入方法は次の手順になります。

① Amazonアソシエイトに登録&合格する→バリュコマ・もしもでもOKです

RinkerではAmazonアソシエイトの「アクセスキーID」と「シークレットキー」が必要になるため、Amazonアソシエイトに登録して、審査通過する必要があります。

バリューコマースもしもアフィリエイトでもOKです。

② RinkerのWordPressへアップロード

Rinkerのアップロード手順は以下の通りです。

通常のプラグインのようにWordPressの管理画面の検索からは出てこないので注意してください。

Rinkerのアップロード手順
  1. BOOTHからRinkerを無料ダウンロード
  2. Rinkerのアップロード方法

②-1 BOOTHからの無料ダウンロード

まず、BOOTHのRinkerのページからRinkerを無料ダウンロードします。

 詳細  ➢ BOOTH|Rinkerをダウンロードする

Rinkerの無料ダウンロード画面

Rinkerのダウンロードは無料ですが、BOOTHを利用するためにpixivアカウントを作る(無料)が必要です。

②-1 Rinkerのアップロード方法

Rinkerを無料ダウンロードしたら、WordPressにRinkerのファイルをアップロードします。

WordPressの管理画面→「プラグイン」→「プラグインのアップロード」→「ファイルを選択」

「ファイルを選択」したら、先ほどダウンロードした「yyi-rinker-(数字)」の名前のファイルを選択します。

「今すぐインストール」を押して少し時間がたつとファイルのアップロードが完了します。

ファイルのアップロードが完了したら、「プラグインの有効化」を押して終わりです。

③ Amazon:Amazonアソシエイトまたはもしもアフィリエイトの登録設定方法

Amazonは審査に通過しているならAmazonアソシエイトを、Amazonアソシエイトに合格していなければもしもアフィリエイトがおすすめです。

もしもアフィリエイトの方が バリューコマースよりも料率(売れたときの報酬:売れた商品の○○%と決まっています)が高いので、Amazonアソシエイト以外をつかうのであれば、もしもアフィリエイトにします。

RinkerではAmazonアソシエイトで入手できる「アクセスキーID」と「シークレットキーID」が必要です。

Amazonアソシエイトから自分の「アクセスキーID」と「シークレットキーID」を確認します。

Amazonアソシエイトに無料登録する

AmazonアソシエイトでAmazonを登録する

AmazonアソシエイトをAmazonのリンクとして登録する方法です。

AmazonアソシエイトをAmazonのリンク先にする
  1. AmazonアソシエイトIDの確認
  2. RinkerへAmazonアソシエイトIDを登録
IDの確認

Amazonアソシエイト→ツール→Amazon Product Advertising API

Amazon Product Advertising APIの画面行ったら、「利用を始める」または「認証情報を追加する」をクリックします。

Amazon Product Advertising APIのアクセスキーとシークレットキーの確認

表示された「アクセスキー」と「シークレットキー」をメモします。

認証情報は1回しか発行できないので、「認証情報をダウンロードする」を押してエクセルシートでダウンロードしておくと安心です。

Amazon Product Advertising APIのアクセスキーとシークレットキーのダウンロード

Amazonアソシエイト:Rinkerへ登録

WordPressの管理画面→設定→Rinker

Rinkerの設定画面でAmazonのAPIに「アクセスキー」と「シークレットキー」を登録します。

Amazon Product Advertising APIのアクセスキーとシークレットキーをRinkerへ登録

もしもアフィリエイトでAmazonを登録する

もしもアフィリエイトをAmazonのリンクとして設定する方法を解説していきます。

もしもアフィリエイトに無料登録をする

もしもアフィリエイトをAmazonのリンク先に登録する
  1. もしもアフィリエイトの7ケタの番号を確認
  2. 確認した7ケタの番号をRinkerへ登録

検索画面で「Amazon」を検索。検索結果がたくさん出てきますが、Amazonの広告は最後の方にあるので、検索結果の最後を見ます。

Amazonの「広告リンク取得」をクリック。

もしAmazonと提携していない場合は、まずはAmazonと提携します。

広告リンクのソースのなかの7ケタのID番号を確認します。

ID番号は黒塗りしている部分、a_id=○○の後の7ケタの数字です。

7ケタの番号をRinkerに入力

WordPressの管理画面→設定→Rinker→もしもアフィリエイト設定

もしもアフィリエイトで確認した7ケタの番号をRinkerの「もしもアフィリエイト設定」の「AmazonID」に入力して、「もしもリンク優先ショップ」の「kindle」と「Amazon」に☑を入れます。

RinkerのもしもアフィリエイトAmazon ID登録画面

④ 楽天:もしもアフィリエイトの登録設定方法

もしもアフィリエイトを楽天リンクとして設定する方法を解説していきます。

もしもアフィエイトの楽天のリンク先として登録する
  1. もしもアフィリエイトの7ケタの番号を確認。
  2. 7ケタの番号をRinkerに登録。

もしもアフィリエイトの7ケタの番号を確認

もしもアフィリエイトにログインをして、7ケタの番号を確認します。

もしもアフィリエイト 公式サイト

ログインをしたら楽天の広告リンクを取得します。

楽天広告を選択→広告リンク取得→ソース内の7ケタの番号を確認

検索画面で楽天を検索。

もしもアフィリエイトで楽天広告を検索する画面

楽天の「広告リンク取得」をクリック。

楽天と提携していない場合は、提携します。

広告リンクのソースのなかの7ケタのID番号を確認します。

ID番号は黒塗りしている部分、a_id=○○の後の7ケタの数字です。

7ケタの番号をRinkerに入力

WordPressの管理画面→設定→Rinker→もしもアフィリエイト設定

もしもアフィリエイトで確認した7ケタの番号をRinkerの「もしもアフィリエイト設定」の「楽天ID」に入力して、「もしもリンク優先ショップ」の楽天市場に☑を入れます。

もしもアフィリエイトの7ケタの番号をRinkerに登録

もしもアフィリエイトに無料登録をする

⑤ Yahoo!:バリューコマースの登録設定方法

バリューコマースをYahoo!リンクとして設定する方法を解説していきます。

バリューコマースをYahoo!ショッピングのリンク先として登録
  1. バリューコマースのLinkSwitchコードを確認。
  2. LinkSwitchコードをRinkerに登録。

LinkSwitch(リンクスイッチ)コード確認

バリューコマースにログインをしてLinkSwitchコードを確認します。

バリューコマース 公式サイト

ツール→LinkSwitch→LinkSwitch設定

LinkSwitchコードをまるっとコピーします。

バリューコマースの管理画面でLinkSwitch(リンクスイッチ)のコードを確認する方法

LinkSwitchの入力で「閲覧できません(forbidden access)」のエラーが出たら

もし、LinkSwitchの入力で「閲覧できません(forbidden access)」のエラーが出たら、ConoHaのサーバーでWAFの設定をOFFにしてください。

ConoHaのWAFの設定方法は以下の記事をご参考ください。

LinkSwitch(リンクスイッチ)コードをRinkerに登録

WordPressの管理画面→設定→Rinker→Yahooショッピング(バリューコマース)設定

確認したLinkSwitchコードをRinkerに登録します。

LinkSwitchのコードをRinkerに登録

バリューコマースに無料登録をする

おつかれさまでした。これでRinkerの登録は完了です。

▲無料登録後もお金は一切かかりません▲

Rinkerの使い方

Rinkerの使い方

Rinkerの使い方は大きく2つ、①Amazon・楽天・Yahoo!の商品を一括で紹介する と②フリーリンクでサービス等を紹介する方法があります。

また、商品リンクをカテゴリー化することもできます。

Amazon・楽天・Yahoo! 物販紹介

Rinkerでの商品リンクの作成は30秒程度で完了します。

① 編集画面で「商品リンク追加」ボタンをクリック

Rinker商品追加画面1

② 商品検索をして「商品リンクを追加」をクリック

Rinker商品追加画面2

AmazonアソシエイトのIDを登録している場合は「Amazonから商品検索」が利用できます。

AmazonアソシエイトのIDを登録していない場合は「楽天市場から商品検索」をつかって、紹介したい商品を探します。

商品検索する方法
  • AmazonアソシエイトのID登録をしている…「Amazonから商品検索」または「楽天市場から商品検索」
  • AmazonアソシエイトのIDを登録していない…「楽天市場から商品検索」

③ 商品リンク完成

ポチポチで商品リンクが完成する便利さ。

一度使ったら手放せない手軽さです。こんな簡単でいいのと?と不安になるくらい。

かんたんに商品リンクつくれるので、ブログ作成の時間が劇的に短くなります。

追加ボタンを2つ→4つまで設定可能:公式サイトのボタンも追加できる

RinkerはAmazonや楽天、Yahoo!以外の公式サイトの商品リンクへのボタンを作成することができます。

WordPressの管理画面から「商品リンク→商品リンク」で個別の商品をえらびます。

Rinker 自由URL設定画面

青枠の自由URL1の欄にURLを入力すると、Amazonボタンの前にリンクボタンが追加されます。

緑枠の自由URL2の欄にURLを入力すると、Yahoo!ボタンの後ろにリンクボタンが追加されます。

バリューコマースアクセストレードならそれぞれのLinkSwitchやfroglinkといった、設定すればふつうのURLを貼るだけで、アフィリンクに自動で変換してくれる機能があるASPもあります。

LinkSwitchやfroglinkは案件によって適応・非適応があるので、管理画面で確認してからつかってみてください。

食べログ・ホットペッパー等のサービス紹介

RinkerにはAmazonや楽天を使った物販紹介以外にも、フリーリンクを4つまで設定してリンクボックスを作れます。

例えば、食べログとホットペッパーで飲食店の一括紹介リンクも以下のように紹介ボックスを作れます。

カテゴリー化:商品リンクカテゴリー

Rinkerでは「商品リンクカテゴリー」機能として、商品をカテゴリー分けできます。

カテゴリー分けをするとカテゴリーごとにショートコードが設定されます。

この「商品リンクカテゴリー」のショートコードを入れると、Amazonへのテキストリンクが自動一括生成されます。

リンカーのエラー

よく出るRinkerのエラーは以下の通りです。

Rinkerエラー
  • 【エラー】該当する商品がありません AWS.ECommerceService.NoExactMatches
  • 【エラー】リクエスト回数が多すぎます。しばらく時間を空けてからご利用ください。 too_many_requests
  • 【エラー】アクセスキーIDが合いません。[設定]-[[Rinker設定]-[Amazon][API][アクセスキーID]を正しいものに設定してください。 UnrecognizedClient

【エラー】該当する商品がありません

入力した内容に該当する商品がない場合に表示されます。検索する言葉を商品名や型番等のしぼって検索しなおしてみます。

【エラー】リクエスト回数が多すぎます。しばらく時間を空けてからご利用ください

Rinkerでの商品検索が1回目でも表示されることがナゾなエラー。気にせずもう一度Enter(エンター)ボタンで検索すれば、問題なく商品が表示されます。

ただ最近、楽天で商品検索する際に「【エラー】リクエスト回数が多すぎます。しばらく時間を空けてからご利用ください」が永遠と表示されることがあります。

何回も検索してもエラーが消えないので、少し時間をおいてからまた挑戦しています。

【エラー】アクセスキーIDが合いません。[設定]-[[Rinker設定]-[Amazon][API][アクセスキーID]を正しいものに設定してください。 UnrecognizedClient

AmazonアソシエイトのIDを登録していないときに「Amazonから商品検索」をすると出るエラーです。

AmazonアソシエイトのIDを登録していないと、Amazonから商品検索することができないので、楽天市場から商品検索から検索します。

Amazonアソシエイトに合格しているなら、AmazonアソシエイトのIDを登録すると、エラーは出なくなります。




Rinkerのカスタマイズ

Rinkerのカスタマイズ

できるだけ成果を出すために!細々としたRinkerのカスタマイズについてまとめています。

ただし、今回まとめたカスタマイズについて、あくまでも私のブログで成果が出た方法です。

ブログの正解はそのブログにしかないと思いますので、いろいろ試していい方法を見つけてみてください。

「リンク先を検索画面にする」「リンク先を商品の詳細画面にする」か

Rinkerの商品画面のリンク先の設定を「検索画面」か「商品の詳細画面」のどちらかを選ぶことができます。

Rinkerのリンク先の設定
  • リンク先を検索画面にする
  • リンク先を商品の詳細画面にする

ネットでは特に楽天のリンク先を「検索画面」か「商品の詳細画面」の設定にするかは意見がわかれています。

私はAmazonは商品リンク、楽天・Yahoo!で検索画面リンクにしています。

  • Amazon…商品リンク
  • 楽天・Yahoo!…検索画面リンク

Amazonは商品が画面でショップ比較ができるのに対し、楽天・Yahoo!は検索画面でないと各ショップの比較ができないので、調べている人の使いやすさを考えて設定しました。

 参考  ➢ ECのカゴ落ち、理由は「送料・手数料の高さ」

「~で探す」ボタンの文面変更

作成できたショートコード〔itemlink post_id=”●●”〕の〔itemlink post_id=”●●”★〕 ★の部分にコードを追加することで、「Amazonで探す」といった文章に変更できます。

alabel=Amazonで探す rlabel=楽天市場で探す ylabel=Yahooショッピングで探す

Rinkerのリンクの言葉をどう変更すればクリック率が上がるか?については、以下のサイトで検証がなされています。

その結果だと、「~で探す」「~で見る」が同じくらいクリック率が上がるという結果が出たそうです。

 参考  ➢ Amazonアフィリエイトのボタン文言は何が良い?

また、noteの購入かFANBOX支援を行うことで、ボタンの文面を一括で変更することもできます。

➢ FANBOX支援しよう

スマホ表示のボタンを縦並びにするカスタマイズ

スマホ表示のボタンを縦並びにするカスタマイズをすることで、ボタンを押しやすくしました。参考させていただいたサイトはfor-JINです。

特にSANGOカスタマイズバージョンは公式の色使いっぽくて美しいボタンになります。

Tapスマホで買ってしまう9つの理由」によると、購買欲求が高くなるのは満員電車とのこと。

満員電車の中でも、Rinkerのボタンが押しやすくなる縦並びカスタマイズはぜひ導入しておきたいカスタマイズです。

セールの時のマイクロコピー

Amazonや楽天のセール中には、ボタンのまわりに「セール中」とマイクロコピーを記載しておくと売り上げがアップしやすいです。

THE SONICをつかっている方は以下のくまさんのサイトのカスタマイズがおすすめです。

ボタンへの矢印の追加

Rinkerのボタンに矢印を入れるカスタマイズです。

JIN用CSS
 div.yyi-rinker-contents ul.yyi-rinker-links li a:after{
    padding-left: 5px;
    content: "e902";
    font-family: 'jin-icons';
    right: auto;
}
SANGO用CSS
div.yyi-rinker-contents ul.yyi-rinker-links li a:after{
    padding-left: 5px;
    font-family: "Font Awesome 5 Free";
    content: "f138"!important; 
    right: auto;
}

価格の表示・非表示

はてなブログ時代、商品リンクに価格が表示されているのが憧れでした。

Rinkerではボタン一つで価格を表示したり非表示することが可能です。

本サイトでは、当初ユーザービリティの向上のために価格を表示していましたが、価格を非表示にした方が商品リンクのクリック率が上がったので、現在では価格を非表示にしています。

サイトによって価格を表示した方が良いのかは変わってくると思うので、いろいろ試してみてください。

最近は値段を表示した方が最終的に商品が売れるかも…?と思って両方で検証中です。

Amazonや楽天に商品がない場合

商品によっては、Amazonにだけあったり、楽天にだけあったりすることもあると思います。

取り扱いがない場合は、Amazonに商品がなかったら「Amazonボタン用URL」を楽天に商品がなかったら「楽天ボタン用URL」を、Yahoo!に商品がなかったら「Yahoo!ボタン用URL」のURLを消して空っぽにします。

すると、URLを消した商品はボタンが表示されなくなります。

▼Amazonボタン用URLをからっぽにするとAmazonボタンがなくります▼

追加ボタンには公式サイトを入れる

Rinkerの商品リンクには、できるだけ公式サイトへのリンクも入れると収益性があがります。

公式サイトを追加する効果
  • 安心感があるため、公式サイトから購入したいニーズに答えられる。
  • 公式サイト等で定価を比較できるようにすることで、Amazonや楽天の安さが際立って、売れやすくなる。

バリューコマースには「LinkSwitch」という、URLリンクをはるだけで、アフィリンクに自動で変換される便利な機能があります。

 参考  ➢ 『LinkSwitch』の始め方

この「LinkSwitch」の機能によって、アフィリンクを改変することなく、Rinkerに設置できます。

アフィリエイトのリンクは改変(コード等を変更すること)をしてはいけないことになっています。

かんたんに言うと、バリューコマースで「LinkSwitch」ができる広告は、広告じゃないふつうのURLをRinkerの自由URLボタン1,2に入力するだけでアフィリエイトリンクになります。

LinkSwitch」…ふつうのURLを入力するだけでアフィリエイトリンクになる

かなり便利だね。
公式サイトの安心感から購入してくれる方もいらっしゃるので、機会損失を防ぐことができます。

 詳細  ➢ LinkSwitchで直URLが自動でアフィリンクになる|バリューコマース 無料登録する

追加ボタンにはレンタルもあり?

追加ボタンに公式だけでなくレンタルサービスのリンクも入れてみました。

レンタル家電の取り扱いは[A8]の案件にRentioという家電レンタルの案件があります。

カメラとか高額な商品はレンタルと相性がよさそう。

サービス系のリンク

フリーリンクに入れる食べログやホットペッパーといったサービス系のリンクは、URLを入れると自動的にアフィリエイトリンクになるバリューコマースの「LinkSwitch」とアクセストレードの「froglink」がおすすめです。

 関連  ➢ アクセストレードに無料登録をする

rinkerにマイクロコピーを追加

「Webコピーライティングの新常識 ザ・マイクロコピー」に詳細が書かれていますが、CTAボタン付近に”マイクロコピー”と呼ばれる文言を記載しておくことで、ボタンのクリック率が向上することが知られています。

人の心を動かす文章の書き方とは?

上のの文章のようなマイクロコピーを追加できるカスタマイズをfor-JINくまさんがFANBOX内で公開されています。

他にもJINとSANGOに関する美しいデザインのカスタマイズを公開されているので、FANBOX支援がおすすめです。

 詳細  FANBOX|くまさんのページ

RinkerにおすすめのASP

RinkerにおすすめのASP

RinkerはASPリンクを作成するプラグインのため、まずリンク先となるASPへ登録する必要があります。

ネットでは、たくさんのASPが紹介されていますが、個人的には最低限3つのASPに登録がおすすめです。

Rinkerのリンク

Amazon リンク

「Rinker」では設定でAmazonアソシエイトIDを入力する必要があるため、Amazonアソシエイトへの登録は必須です。

AmazonアソシエイトのIDがなくてもRinkerは利用できます。

もしもアフィリエイトを経由させた方が良い?

Amazonのリンクはもしもアフィリエイト経由でリンクさせた方が良いと紹介があるところもありますが、デメリットもあるので注意が必要です。

Amazonアソシエイトともしもアフィリエイトの違い
 Amazonアソシエイトもしもアフィエイト
最低振込額5,000円(Amazonギフト券なら500円以上)1,000円(住信SBI銀行なら1円)
銀行の振込手数料無料無料
Rinkerの検索Amazonでも楽天でも検索ができる楽天検索のみ

もしもアフィリエイト経由したAmazonリンクのメリット・デメリット

  • 現金最低支払金額が1,000円(住信SBI銀行振込であれば1円)
  • 成果発生時にメール連絡がきてうれしい。
  • 振込手数料無料
  • 「W報酬制度」はAmazonには適用外。
  • Amazonとの直リンク(PA-API)経由での売り上げがない場合、Rinkerの一部の機能が制限されてしまう。

追記:以前は、もしもアフィリエイトを経由するとAmazonアソシエイト直接の場合と比較して、報酬料率(商品が売れたときに何パーセントが報酬になるか)が低い商品カテゴリーがありましたが、いっしょの料率になりました。

2019年01月16日にAmazonアソシエイトのPA-APIの利用ポリシーの変更が行われました。

このポリシー変更により、ASPを経由してAmazonアソシエイトで売上が発生していない場合、Rinkerで商品情報の取得ができない=Amazon検索ができなくなってしまいます。

Amazonアソシエイトではなく、 バリューコマースもしもアフィリエイトでRinkerを利用する場合、商品検索は楽天で行うことになります。

Amazonリンク 提携先のちがい
  • Amazonアソシエイト経由…Amazonも楽天でも商品検索ができる
  • もしもアフィリエイト経由…楽天でのみ商品検索ができる

RinkerでAmazon検索を行いたいなら、Amazonアソシエイトに合格する必要があります。

一方で、最近のAmazonアソシエイトは審査が厳しいうえに、Amazonアソシエイトの審査をしてもらうには、審査前に180日以内に少なくとも3個商品を売る必要があります。

審査が開始されるために、180日以内に少なくとも3つの適格な売り上げを発生させていただく必要があります。

ご申請いただいたURL内にリンクを設置いただき、3つの適格な売り上げを発生させてください。

アソシエイト・セントラル – Amazonアソシエイトへようこそ

なので、はじめたてはもしもアフィリエイトで提携して、安定して売り上げが発生するようになったらAmazonアソシエイトへ登録するという流れがおすすめです。

▲無料登録後もお金は一切かかりません▲

▲無料登録後もお金は一切かかりません▲

楽天市場のリンク

楽天市場のリンクは楽天アフィリエイトと直接提携する方法ともしもアフィリエイトを経由する方法があります。

おすすめはもしもアフィリエイトを経由させる方です。

理由は、楽天アフィリエイトは楽天ポイントで支払われて現金支払いではなく面倒だからです。

しかも3,000ポイント以上は「楽天キャッシュ」になり、この楽天キャッシュは楽天スーパーポイントとちがって使い方に一部制約があって(株の購入には使えない)ちょっと面倒です。

さらに楽天キャッシュは現金に還元するのに手数料が10%かかります。

10,000円を換金しようとしたら1,000円手数料に取られる計算です。

なので、売上を楽天ポイントでもらいたい人以外はもしもアフィリエイトがおすすめです。

\楽天と提携するならもしもアフィリエイト/

▲無料登録後もお金は一切かかりません▲

Yahoo!ショッピングのリンク

Yahoo!ショッピングのリンクは、 バリューコマース経由ともしもアフィリエイト経由の方法の2種類あります。(直リンクはありません)

Yahoo!料率比較
  • バリューコマース…1.0%
  • もしもアフィリエイト…0.77%(W報酬制度で10%上乗せされて0.847%)

私自身は料率からバリューコマース経由にしています。

振り込まれる金額が多い方がいいので。シンプルな理由です。

 詳細  バリューコマース 無料登録

\Yahoo!と提携するならバリューコマース/

▲無料登録後もお金は一切かかりません▲

RinkerとAmazon API対応:AmazonアソシエイトIDの設定

Amazonリンクのところでも少し触れましたが、AmazonアソシエイトのPA-APIの利用ポリシーの変更により、Amazonアソシエイトで売上が1か月発生していない場合、Rinkerの機能に制限がかかってしまう可能性があります。

19年01月16日にAmazonアソシエイトのPA-APIの利用ポリシーの変更が行われました。

このポリシー変更により、ASPを経由してAmazonアソシエイトで売上が発生していない場合、Rinkerの一部機能が制限されてしまいます。具体的にはRinkerでAmazonの商品検索ができなくなります。

そのため、AmazonリンクはASPを経由せず、Amazonアソシエイト直接で行う必要があります。

Rinker PA-API対応方法

RinkerでAmazon検索をできるようにするには、以下の設定にしておきます。

AmazonアソシエイトIDの設定
  • 「リンク先」の「Amazonボタン」は「☑リンク先を商品の詳細画面にする」にチェックをする。
  • 「もしもアフィリエイト設定」の「もしもリンク優先ショップ」は「□Amazon」にはチェックを入れない。

Rinkerの一部機能が制限されてしまったとき

もし万が一、RinkerのAmazon検索の機能が制限されてしまったときは、以下の設定に変更しておきます。

  • 「商品情報の再取得」は「☑再取得しない」にチェックを入れる。
  • 商品検索をする際には、楽天市場から検索を行う。

Amazonアソシエイトの直の商品リンクの売上を上げることで、機能制限が解除されるので、コツコツと売上を伸ばしていく必要があります。

FANBOX支援をしよう

FANBOX支援をしよう

Rinkerはこんなにすごい機能をもっていますが、無料で使用できてしまうプラグインですが、個人的にはFANBOX支援をおすすめします。

 詳細  ➢ 商品リンク管理プラグインRinker(リンカー)の公式サイト

FANBOX支援をおすすめする理由
  • 開発を応援できる。
  • 「Rinker Fanbox用プラグイン」で拡張機能を使用できる。
あんまり収益が出てないからFANBOX支援はまだちょっと負担が大きい…

という方は「Rinkerへのご支援とカスタマイズ方法の表示」のnote購入がおすすめです。

 詳細  ➢ Rinkerへのご支援とカスタマイズ方法の表示|やよい|note

Rinker noteの内容
  • Rinkerのクレジット削除
  • ボタン文言の一括変更
  • 画像サイズの一括設定
  • パソコンだけにtarget=”_blank”をつける

開発を応援できる

スポンサーの方と比較すると微々たるものになりますが、FANBOX支援によってプラグインの開発・保守等を応援できます。

Rinkerの拡張機能を利用できる

FANBOX支援によって「Rinker Fanbox用プラグイン」がプレゼントになります。

「Rinker Fanbox用プラグイン」によってRinkerの拡張機能を使用できます。

Rinker FANBOXプラグイン
  • テキストリンクと画像リンクをボタン1つで作れる
  • Rinkerのクレジット削除
  • ボタン文言の一括変更
  • 画像サイズの一括設定
  • パソコンだけにtarget=”_blank”をつける

テキストリンクと画像リンクをボタン1つで作成できる

Rinkerの拡張機能画面

Rinkerの拡張機能では、「商品リンク」以外にも

下のような「テキストリンク」と

Webコピーライティングの新常識 ザ・マイクロコピー

下のような「画像リンク」も

ボタンで簡単に作ることができます。

その他にも、①ボタン文言の一括変更、②画像サイズの一括設定、③パソコンだけにtarget=”_blank”をつける等がチェックボックスで設定可能です。

FANBOX支援はRinkerの公式サイトから可能です。

 詳細  ➢ 商品リンク管理プラグインRinker(リンカー)の公式サイト

まとめ:Rinkerは物販ブロガー必須のプラグイン

Rinkerのリンク

アフィリエイトに力そ入れていなくても、記事にAmazonや楽天の紹介すると思います。

後から「Rinker」に変更するのはとても重労働な作業になります。

はてなブログからWordPressに移行した私は書品リンクの張替えに苦労しました。(一部のリンクは張り替えていませんw)

ぜひ、ブログ始めたての初心者のうちに、Rinkerを導入することをおすすめします。

 詳細  ➢ 商品リンク管理プラグインRinker(リンカー)の公式サイト

[copy_btn]
最後までご覧いただき、ありがとうございました。 ご質問等ございましたら、記事下のコメント欄よりご連絡ください。
よかったらシェア&気になったらブクマして後で読んでね。
ぜひ、Twitter(@matsuzakamio)もフォローお願いします。
おさえておきたいASP

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

 
おすすめの広告サイト(ASP)

A8.net 【公式】https://www.a8.net/

国内最大級のアフィリエイトサービス。案件が豊富なので紹介してみたいサービスはまずはA8で探すのが基本。

バリューコマース 【公式】https://www.valuecommerce.ne.jp/

大手メーカーの広告多数。Yahoo!系列でバリュコマにしかない案件もあります。

もしもアフィリエイト【公式】https://af.moshimo.com/

掲載が成果報酬型の関係で中小の優良メーカーの広告をはじめとして穴場案件の取り扱いが多い。

上記3つの案件で成約しはじめたらクローズド(紹介制)ASPを利用しよう  アフィリエイトフレンズ 【公式】https://affiliate-friends.co.jp/

クローズドASPという本来なら連絡をもらえなければ登録できないASPにも登録できる仲介サイト。有名なレントラックス・felmatに登録可能。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。 ご質問等ございましたら、記事下のコメント欄よりご連絡ください。
よかったらシェア&気になったらブクマして後で読んでね。
ぜひ、Twitter(@matsuzakamio)もフォローお願いします。
どこにでもいるふつうの会社員で主婦です。
  • 文才もない
  • Web関連のIT知識もない
  • マーケティング経験もない
  • 趣味ブログの経験もない

【完全初心者】会社員主婦がブログで月20万円の収益が出るまでの1年間に行ったこと

ブログを始めた頃はわからないことがたくさんあって苦労した…
初心者に高いお金を払わせている人になんとなくモヤッとしてるので、自分備忘録をかねて有益そうなブログ関連の情報をまとめています。
相互リンクについて

最近ブロガーの方より相互リンクのご提案をいただくことが多く、弊ブログでは以下の通り対応させて頂いております。

  • 関連記事がある場合…関連記事同士のリンク
  • 関連記事がない場合…ブロガー紹介記事からのリンク
ご興味がございましたらお問い合わせページよりご連絡いただけましたら幸いです。

この記事を書いた人

松坂 澪 松坂 澪 研究開発職 副業ブロガー


どこにでもいるふつうの主婦で会社員。 文才もないし、Webの知識もなし。無料ブログの下積み経験もないブログ初心者。



ブログを始めた頃はわからないことがたくさんあって苦労した…初心者に高いお金を払わせている人になんとなくモヤッとしてるので、自分備忘録をかねて有益そうなブログ関連の情報をまとめています。




もっと詳しいプロフィールはこちら




相互リンクのご相談については「お問い合わせ | ゆるけみ」にお願いいたします。



ブログ1年の節目に無料noteに運営の歴史をまとめました。



📔【完全初心者】会社員主婦がブログで月20万円の収益が出るまでの1年間に行ったこと

目次
閉じる