【もはやチート技、羽田空港サーバー様へ無料依頼】移行後の設定まとめ|はてなブログからWordPressに移行

羽田空港サーバ

はてなブログからワードプレスへの移行

wordpress

はてなブログからワードプレスへ移行しました。

理由はHTML等の知識がないため、はてなブログのカスタマイズに限界を感じていたからです。
見た目はなんとなくそれっぽくできても、Google search consoleの構造化エラーとか放置しておくの、精神衛生上良くなかったし。

はてなブログからWordPressへ変更

…でも、はてなブログのCSSすら自由自在に扱うことができない私がWordPressにどうやって…

結論からいうと、羽田空港サーバー様に依頼しました。
チート技でした、もはや。

 詳細  羽田空港サーバー/【無料】はてなブログからWordPressへの移行サービスについて

移行内容の詳細は以下の通りです。

はてなブログからWordPressへの移行サービスの内容

  • はてなブログに貼り付けられてるフォトライフの画像を全て移行します。
  • 内部リンクを修正します
  • はてなブログのブログカードを正しく表示するように修正します。
  • はてな自動キーワードリンクを削除します。
  • 見出しタグの修正を行います。
  • はてなブログの目次を削除します。
  • アイキャッチ画像を記事内にある1枚目の画像に自動設定します。
  • はてなブログ独自のURLをWordPress用にリダイレクトします。
  • SSL認証(HTTPS化)も同時に承ります。
  • ネームサーバー(ドメイン)の変更も承ります。
[/box] [/box]

 

この内容の一つ一つの意味を深く理解しておりませんでしたが、あっという間に移行完了して頂きました。基本的に、①何もわからなくても、②何もしなくても、移行できました。

サイトマップも作成していただいていたりと、自分でプラグインの設定をしていると、日を追うごとにきめ細やかでかつ迅速な対応だったことに気付かされます。

本当に感謝しております。ありがとうございました。

https://www.chemi-jyo.com/entry/blog-speed-up







移行後の対応

blog-coffee-re

基本的には、以下の2つの理由からか、特に大きな問題はありませんでした

  1. 内部の設定に関しては、羽田空港サーバー様の仕事が完璧だったため、プラグイン等を導入して早急に対応する必要がなかった
  2. ブログ記事の作成に関しても、WordPressの有料テンプレートのJINが完璧なインターフェースだったためか、プラグインを導入しなくても快適に記事作成できる環境が整っていた
[/box] ただ、2点だけ対応が必要でしたので、備忘録として記載します。

カテゴリーのスラッグ変更

はてなブログのカテゴリーのURLはカテゴリー名がそのままURLに設定されるようになっています。

ワードプレスに移行すると、そのままはてなブログのカテゴリー名=スラッグになりますが、ワードプレスのスラッグは日本語NGのため、Google Search Consoleで構造化エラーが出てしまいました。

投稿→カテゴリー→スラッグで変更できます。

 参考  Google search console/構造化エラー

ついでに、はてなブログの記事概要→description設定も転記しています。
一括でできる方法はないものか…




追記:Google Search Console エラー「Content wider than screen」

Googleサーチコンソールで「Content wider than screen」とエラーが出てしまいました。

検索しても、ドンピシャのエラー修正結果は見つからず。

というのも、エラーの出ているページはカテゴリーページで、何コンテンツの幅に問題があるのかわからず。

理解するのが面倒だったので、対応方法としては力業。カテゴリーを作り直しました

エラーが出ていたカテゴリーはすべてはてなブログ時代に作成したものだったからです。なんも賢くない修正方法でした。カテゴリーも記事も少なかったからできただけです。

結局、前に日本語のカテゴリーが404エラーとなってしましたが、404エラーは特にSEOとしては問題ないらしいので、放置しています。

カテゴリー名変更後の Google Search Console の404エラー修正

カテゴリー名を変更すると、前のカテゴリーのURLが404エラー(ページがないよー)となってしまうため、別途「Redirection」というプラグインを使用して404リダイレクト(新しいページはこっちだよー)を設定することをおすすめします。

【セキュリティと作業効率up】WordPress JIN おすすめプラグインでカスタマイズ【随時更新中】

「ツール」→「Redirections」でプラグインを起動。

Google search consoleで「クロールエラー」→「見つかりませんでした」の中から「レスポンスコード404」のエラーが出ているURLを選択。

これが変更前のURLなので、この変更前のURLを「Redirections」の「ソース URL」をコピペ、「ターゲットURL」へ変更後のURLをコピペして「転送ルールを追加」をクリックすれば、404リダイレクトが可能になります。

リンクカードの設定

JINはデフォルトでリンクカードを簡単に挿入できるようになっています。

ですが、はてなブログからWordPressに移動するために、URLを変更するプラグインが必要らしいので、おそらくそのプラグイン(どれかはわからない)の影響で、自動でリンクカードは作成されないみたいです。

多分、対策方法は2つ。

JINでリンクカードが表示されない場合

  1. プラグイン Pz-Linkcardを導入。必要に応じてCSSのカスタマイズ。
  2. 「自分のドメイン」/?p=「記事のID」で直接入力する。
  3.  ②の応用で、AddQuicktagでリンクカードのコード(「自分のドメイン」/?p=「記事のID」)を登録する。
[/box] 今は②で対応。記事のIDを別途調べて記入しているけどあっているのかな?記事のIDを検索するのがとても面倒です。

該当記事のIDを検索方法としては、WordPressのダッシュボードから「投稿」→「投稿一覧」で行っています。これもあっているのだろうか…

③でAddQuicktagにHTMLタグを登録しても良いのですが、私は単語登録してしまっています。正規の方法ではありません。でも、記事の作成スピードが飛躍的に上がるので、おすすめの方法ではあります。

追記:いくつかのプラグインを停止後、何気なく試してみたら、内部リンクはURLを記載するだけでリンクカード形式で表示されるというJINのデフォルトになっていました。何かのプラグインが悪さをしていたのかな?




sky-fly

削除したプラグイン

導入済みのプラグインの中から、はてなブログからWordPressに移行するために使用したプラグインを不要と判断して削除しました。

Movable Type形式データのインポート:Movable Type・TypePad インポートツール

WordPressへMovable Type形式のデータをインポートする際に利用するプラグインです。

アイキャッチ画像自動生成:Auto Post Thumbnail

過去の記事を含めてアイキャッチ画像を自動生成するプラグインです。

アイキャッチ画像のリサイズ・再生成:Regenerate Thumbnails

アイキャッチ画像のリサイズ・再生成するプラグインです。

まとめ

blog-coffee

はてなブログからワードプレスへの移行についてでした。正直、自分で何も行っていないので、内容がありませんね。

プラグインは最低限になるように色々入れました。(←大きく矛盾)

https://www.chemi-jyo.com/entry/wordpress-jin-plugin

ブログのライティングスキルは早めに学ぶが吉。記事をたくさん書いてからでは修正が大変です。

https://www.chemi-jyo.com/entry/affiliate-books

記事作成スピードをあげたいなーと思っている方は「【ブロガー必見!記事を書くのに時間がかかる…悩みを解消】ブログ作成のスピードアップができる6つのこと」もあわせてお読みください。

https://www.chemi-jyo.com/entry/blog-speed-up

登録必須のASP

▼ブログ関連知識の本▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください