MENU
目次

【Amazonアソシエイトが通らない】2回目で合格した修正ポイントとかんたんリンクとMyLinkBox(マイリンクボックス)

こんにちは、研究職で主婦の松坂 澪(みお) (@matsuzakamio)です。ゆるけみをご覧いただき、ありがとうございます。

ゆるけみでは文才もないマーケティング経験も営業経験もない私が副業ブログを運営していくために調べたことをまとめています。

最近、Amazonアフィリエイトの審査が厳しくなっているらしい…

そんな私もAmazonアソシエイトには1度落ちて、修正して2度目で合格になりました。

この記事で

Amazonアソシエイトに合格したときの修正箇所とAmazonアソシエイトに通過しないときの代わりの方法についてまとめています。

目次

Amazonアソシエイトに受かるために

私がAmazonアソシエイトに受かるために修正したのは以下の1点です。

Amazonプライム会員になって、同じアドレスで再申請した

回答になっておりません。

だってほんとなんだもん。

Amazonアソシエイトに申請するにあたって、ネットで合格するためのポイントを調べて、実施したのは以下の通りです。

Amazonアソシエイトに合格するための準備
  • 商品紹介記事を作成した
  • 5記事程記事を作成してから申請した
  • プライバシーポリシーのページを作成した
  • お問い合わせページを作成した

それでも審査に落ちたので、プライム会員になって、プライム会員に登録したメールアドレスでAmazonアソシエイトに申請したところ、無事に合格になりました。

Amazonアソシエイトに合格しない場合の代わりのツール

Amazonアソシエイトに合格しないとAmazonリンクが使えない…どうしよう…

Amazonアソシエイトに合格しなくてもAmazonリンクは設置できます。

Amazonと提携できるASP(広告提携サイト)に無料で登録して、Amazonとの提携申請をしてOKが出ればAmazonリンクを貼れるようになります。

Amazonと提携できるASPは「A8.net」「 バリューコマース」「もしもアフィリエイト」です。

Amazonと提携できるASP(広告主)

むしろ、Amazonアソシエイトに合格しなくて、ASP経由でAmazonと提携する場合は、楽天とYahoo!も一緒に登録して、商品を下のようなボックスで一括で紹介した方が売れる可能性が高くなります。

Amazonは楽天やYahoo!と複数案件で一気に紹介しよう

物販は大手だけでも「Amazon」「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」とASPが複数あります。

また、もちろんメーカー公式のASPもあります。

ブログを読んでくださった方が「楽天」で購入したいな、と思っても「Amazon」のリンクしかなかったら、購入希望の方は買うのをやめてしまうかもしれません。

楽天がないからいっか。

そういった機会損失を防ぐために、特に物販では1つの商品リンクに対して複数のASPを紹介することがとても有効です。

そんなもったいないことをしないような商品紹介ボックスを作成できるのが、もしもアフィリエイトの「かんたんリンク」と バリューコマースの「MyLinkBox」です。

かんたんリンク

「かんたんリンク」はもしもアフィリエイトに無料登録することで使える広告リンクのことです。

▼もしものかんたんリンク▼

MyLinkBox(マイリンクボックス)

MyLinkBox」は バリューコマースに無料登録することで使える広告リンクのことです。

 関連  ➢ バリューコマースに無料登録をする

MyLinkBoxの作成方法

事前に「HTMLのタグ設定」をしておきます。

初回に準備すること

<head>にHTMLタグを設定する。

あとはMyLinkBoxの作成はかんたんです。

MyLinkBoxの作り方
  • バリューコマースにログイン。
  • トップページの「便利ツール」→「MyLinkBox」→「新規」を選択
  • 「必須」の項目を入力する。
  • MyLinkBox作成」ボタンを押す。
  • 作成された広告コードを貼る。

『MyLinkBox』対応広告主一覧(抜粋)

『MyLinkBox』対応広告主一覧(抜粋)
カテゴリー広告主
ショッピングモール Amazon / Yahoo!ショッピング / 楽天市場 / LOHACO / Wowma!
国内旅行JTB / じゃらん / Yahoo!トラベル
電子書籍eBookJapan / 紀伊国屋書店 / セブンネット / BOOK☆WALKER /
BookLive! / honto
グルメホットペッパーグルメ
家電カメラのキタムラ / TSUKUMO / ドスパラ / ヤマダ電機
VODU-NEXT / Hulu
アルバイトタウンワーク / フロム・エーナビ
エンタメセブンネット / Neowing /mu-mo / レコチョク

かんたんリンク・MyLinkBoxのメリット・デメリット

  • バリューコマースにある案件しか紹介できない
  • Rinkerのように商品検索して自動入力することはできない。
  • ショートコードではなくHTMLコードなので、WordPressのクラシックエディタのビジュアル画面ではどこに入力されているかわからない。

かんたんリンク・MyLinkBoxのメリット

かんたんリンクとMyLinkBoxのメリットは複数の商品リンクのカード型アフィリエイトボックスを作成できる点です。

しかもできた商品リンクはショートコードなので、編集画面がごちゃごちゃせず見やすいので、記事作成がはかどります。

かんたんリンク・MyLinkBoxのデメリット

かんたんリンクのデメリットはAmazon・楽天・Yahoo!しか紹介できない点です。

MyLinkBoxのデメリットはバリューコマースにある案件しか紹介できない点です。

バリューコマース以外の案件や複数のASPを一括で紹介したい場合、WordPressをつかっているなら「Rinker」というプラグインがおすすめです。

https://www.chemi-jyo.com/blog/rinker-how-to-use/


まとめ:Amazonリンクは楽天やYahoo!と一緒に掲載しよう

Amazonの審査が通過しない場合の修正方法と代わりの方法でした。

私はアドセンスも審査落ちしたので、合格しない気持ちは痛いほどわかります…

正直、審査に受からなくても大丈夫!代わりの方法はいくらでもあるので、審査に固執せずに別のこともいろいろ進めていくのがおすすめです。

https://www.chemi-jyo.com/blog/2018-09-adsence-approval/

 関連  ➢ バリューコマースに無料登録をする

[copy_btn]
最後までご覧いただき、ありがとうございました。 ご質問等ございましたら、記事下のコメント欄よりご連絡ください。
よかったらシェア&気になったらブクマして後で読んでね。
ぜひ、Twitter(@matsuzakamio)もフォローお願いします。
おさえておきたいASP
 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる