コンパクト収納

2019年【思い出のビデオのDVDデータ化】VHSダビング代行デジタル化サービス 比較 2018年

ビデオのダビング デジタルデータ化サービスの比較


こんにちは、化学系研究職で主婦の松坂 澪 (@matsuzakamio)です。ご覧いただき、ありがとうございます。本サイトでは【できるだけ損をしないために】理系主婦がたくさん調べたことや体験談をまとめています。


幼稚園のお遊戯会がVHSでもう再生できない。
運動会のビデオがカビだらけ。

昔懐かしのVHSですが、VHSを再生できるデッキは2016年に生産を終了しました。

VHSビデオテープはそのままにしていると、カビが生えたりとテープがどんどん劣化してしまいます。

そこで、VHSビデオテープをDVDにダビングしてデジタルデータ化してくれるサービスをまとめました。

ビデオテープのデジタルデータ化のメリット
  • パソコンやDVDプレーヤーでいつでも見れるようになる。
  • VHSビデオが劣化して再生できなくなる不安がなくなる。
  • 独立した親族で動画を簡単に共有できる。
  • 動画データをクラウドに置いておけば、災害で写真を紛失するリスクがなくなる。

データ化すると、パソコンなどでいつでもかんたんに見れるようになります。

コンパクトに収納できるのはもちろん、独立した兄弟とも簡単にデータがシェアできます。

また、VHSビデオテープは放置していると、カビが生えたり、テープが切れてしまったりと、修復できなくて、もう二度と見れなくなってしまう可能性もあります。

大事なビデオは早めにDVDへダビングして、デジタルデータ化しておく必要があります。

テープもカビが生えるんだな。
mio
mio
思い出のつまったビデオテープが見れなくなってしまってはショック。

大事にビデオは早めにダビングしておきましょう。

この記事では
現像後のフィルム写真のデジタルデータ化サービスを比較し、一番安い桜カメラに依頼した流れをまとめています。

幼少期のビデオ 発掘

運動会 ビデオ

実家の引っ越しで色々なものを整理しています。

そんな中で出てきた小さいころの思い出が記録されたビデオ!

とっくの昔にビデオデッキが壊れてしまったこともあり、このままでは見ることができません。

そのため、ビデオをDVDへダビングしてデジタルデータ化する必要があります。

VHSテープの種類

video

VHSにはいくつか規格があります。

VHSのダビングサービスは録画時間が1本120分以上で追加料金がかかる場合がほとんどです。

そのため、ビデオテープの録画時間がわかっていないと「思ったより値段が高くなってしまった」といったことにもなりかねません。

VHSテープの録画時間は、標準モードで録画した場合、T-120が120分、T-160が160分、T-180が180分となります。

VHSテープ種類録画時間(標準モード)
T-120120分
T-160160分
T-180180分

3倍速、5倍速で録画している場合、録画時間は3倍、5倍になります。

我が家の場合は、何倍速で録画したビデオなのか全くわからない上に、再生できる機器も手元にないため、ビデオに何分間録画されているのかわからないという…

20年以上前のビデオテープもあるな。
mio
mio
ビデオテープの情報は何年生の時の運動会といったイベント、といったことしかわかりません…

ビデオからDVDへダビング変換する方法

VHSビデオテープをDVDへダビングする方法は、自分で行う①~③の方法と④のダビング代行サービスにお願いする方法があります。

ビデオからDVDへダビング変換する方法
  1. 自分で:ビデオデッキとDVDデッキでダビング
  2. 自分で:ビデオデッキとパソコンでダビング
  3. 自分で:VHS・DVD一体型レコーダーでダビング
  4. サービス:ダビング代行サービスに依頼

①~③はビデオデッキまたはVHS・DVD一体型レコーダーが必要です

手元にビデオを再生できる機材がない場合、購入するかレンタルする必要があります。

VHS・DVD一体型レコーダー、現在市場に出回っているのは中古品が多いですね。

【参考】Amazonで「SHARP 250GB HDD搭載ビデオ一体型DVDレコーダー DV-ACV52」を2.5%引きで買う方法

ダビングするビデオの本数が多い場合には、VHS・DVD一体型レコーダーをレンタルすると安上がりになることもあります。

 詳細  Rentio

ですが、万一テープにカビが生えていた場合は、ダビングが出来ない可能性もあるので、注意してください

カビが生えていたり、テープが傷んでいるような状態が良くないビデオを自分でダビングするのは厳しそうだな。
mio
mio
状態の悪いビデオテープはダビング代行サービスにお願いするのがおすすめです。




おすすめ:ビデオのダビングサービス

VHSビデオテープのDVDへのダビングサービスは、好みに応じて4つのサービスから選んでください。

ビデオのデータ化

ダビング代行サービス 比較

ダビング代行業者 比較

ビデオテープ、VHRからDVDにデータ化をしてくれるダビング代行業者をまとめました。

 テープ録画時間ダビング料金納期送料配送キット料金チャプタラベル印刷オプション備考
フジフイルム120分まで
(おまかせパックで120分以上でも+120分で対応)
1,540~3,065円
(テープ本数が多いと安くなる)
テープ本数により変わる
(入力画面で確認可能)

目安…5本で6営業日後発送

600円
(1万円以上の注文で送料無料)
ありおまかせパック 972円
(カビ付着・テープ劣化トラブル対応、120分超過、海外方式 すべてに定額で対応)
テープの本数が多くなるとダビング料金が安くなる。
ビクターダビングサービス120分まで880~1,130円
(テープ本数が多いと安くなる)
540円
(6本以上で送料無料)
900円ありカビ 1,550円120分以上追加DVD1枚+540円。テープの本数が多くなるとダビング料金が安くなる。
ダビング専門店 ACTAS120分まで680円(11本以上)
780円(10本以下)
1,080円
(楽天から注文の場合)
あり
(5分毎)
ラベル印刷 350円カビ 1,500円ビデオテープ1本につき、60分ごとに、延長料金が、340円(390円)づつ発生。
想い出ビデオDVDダビング工房120分まで398円~90営業日以内全国一律800円
(完成品DVD5本以上で送料無料)
なし盤面印刷・ジャケット印刷 700円カビ(直径2mm以下 2か所以内)500円
カビ(重度)3,980円
120分を超えたテープは2本分の料金。
498円30営業日以外
980円3営業日以内
日本ビデオサービス120分まで840円713円(5,000円以上の注文で送料無料)あり
(5分毎)
カビ 1,080円~120分以上で追加料金540円
ダビング専門 DVD保存コムショップ691円800円+80円(3分~15分程度の間隔)1,000~1,500円

フジフイルムモール DVDダビングサービス

フジフイルムモールDVDにダビングサービスは言わずと知れた安心の富士フィルムのダビングサービスです。

高い技術力で、テープに保存されていた色合いを忠実に再現するように丁寧に仕上げてくれます。

また、324円(税込)でスマホで再生できる動画付きのDVDに申し込むことも可能です。

ビクターダビングサービス



ビクター ダビングサービス、こちらも有名なビクターですね。

安心のビクターで、カビ等のオプション料金がそこまで高くありません。そのため、状態の悪いテープをお願いする場合、他のダビングサービスよりも最終的に安くなる可能性が高いです。

カビが生えているといった状態の悪いビデオを安心して頼みやすいダビングサービスだといえます。

ダビング専門店 ACTAS

DVD ダビング専門店 ACTASは、ダビング基本料金も安く、カビ取りの料金もそこまで高くはありません。

注意点としては、録画時間が長いテープの場合は少し割高になります。

【料金の目安は以下をご参照ください】
2時間までの料金       780円
2時間から4時間までの場合 1.560円
4時間から6時間までの場合 2,340円

DVD ダビング専門店 ACTASは、楽天からも注文可能です。送料は1,080円です。

【参考】Amazonで「VHS(VHS-C)ビデオテープから DVDへのダビング/コピー VHS DVDダビング」を2.5%引きで買う方法

思い出ビデオ



想い出ビデオ DVDダビング工房はとにかくダビングの基本料金が安いです。

カビ取りなどのオプション料金がやや高い傾向にあるので、ビデオの状態が良い、とりあえずデータ化したい、といったダビング用に向いています。

 

思い出工房 楽天市場店は楽天からも注文可能です。

日本ビデオサービス

日本ビデオサービスは楽天とYahoo!から注文可能なダビングサービスです。

ダビング基本料金も安く、カビ取りの料金もそこまで高くはありません。口コミの評価も高く、安心してお願いできそうなダビングサービスです。




まとめ:劣化してビデオが見れなくなる前にデジタル化して大切に保管

memory-digitalization

VHSをDVDへデジタルデータ化してくれる、ビデオダビングサービスをまとめました。

ダビング代行業者をおすすめする人

  • ビデオの状態が悪い
  • ビデオを再生できる機器を持っていない
  • ビデオのダビング機器があってもどうしていいかわからない

ダビング代行サービスでは、テープを送るだけで、DVDへダビングしてデジタルデータ化をしてくれる、とても便利なサービスです。

ビデオテープのデジタルデータ化のメリット
  • パソコンやDVDプレーヤーでいつでも見れるようになる。
  • VHSビデオが劣化して再生できなくなる不安がなくなる。
  • 独立した親族で動画を簡単に共有できる。
  • 動画データをクラウドに置いておけば、災害で写真を紛失するリスクがなくなる。

ビデオテープは置いておくだけで、どんどん劣化してしまいます。

劣化がひどいと大事な映像を二度と見れなくなってしまう可能性も…

VHSテープが劣化しないうちにデータ化をしておくと、大切な思い出が失われるリスクをなくすことができて安心ですよ。

ビデオデッキが壊れて見れないと思っていた映像が見れるのは感動だったな。
mio
mio
思い出の写真が消えてしまわない安心感はうれしいね。
ビデオのデータ化
mio
mio
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

本記事はお役に立てましたでしょうか?

質問等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

良かったらシェアしてもらえると、ブログ更新の励みになります。
mio
mio
頑張ります。
後で読む場合はブックマークがおススメ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください