自動調理家電

【鍋を軽く焦がした】象印 IH圧力鍋 煮込み自慢の内鍋が焦げたので掃除しました

IH圧力鍋の手入れ


こんにちは、化学系研究職で主婦の松坂 澪 (@matsuzakamio)です。Chemi-jyo(けみじょ)をご覧いただき、ありがとうございます。本サイトでは、理系主婦が感覚的にとらえて、論理的に考察・検証したことを中心にまとめています。


➢ 花粉で苦しんでいる私が実践している安く済ませる方法を紹介。

手抜き家事でおいしいごはんの味方、象印の IH 圧力鍋の家歌を焦がしてしまったので、重曹で焦げをきれいに落としました。

内鍋が焦げた

普段、手軽でおいしく調理できる象印のIH圧力鍋 煮込み自慢をよく使用しています。

ある日いつものように作っていたら、野菜が多くて、 IH 圧力鍋の規定の容量より多くなってしまいました、

めんどくさくなって、そのまま料理を続行。

料理自体はとても美味しくできましたが、なんと IH 圧力鍋の内鍋の中央が少し焦げてしまっていました。あーあ。

ステンレス内鍋の焦げ取り

煮込み自慢の内鍋はステンレス製です。

ステンレスの鍋が焦げた場合には、重曹で焦げ落とすことができます。

そこで以下の流れで、内鍋の焦げを落としました。

ステンレス内鍋の焦げ落とし
  1. 水を沸騰させる。
  2. 重曹を焦げ部分に振りかける。
  3. ①の熱湯を少し入れて10分置く。
  4. お湯が冷えたらスポンジで優しくこすって焦げを落とす。

ここで注意点としては、こする時にたわしは使ってはいけないことです。たわしを使って擦ってしまうと内鍋に傷がついてしまいます。

スポンジか柔らかい布を使って、焦げをこすり落とします。

こするときにはたわしを使わず、スポンジや柔らかい布を使う。

今回は、スポンジと重曹で軽くこするだけで、こげを落とすことが出来ました。頑固な焦げではなく簡単に取れて良かったです。

容量は守ろう

やっぱり決められた容量は守らなければダメですね。

野菜の量が多すぎたのに、ぎゅうぎゅう押し込んでふたを閉めました。

でも、料理はまったく焦げておらず、味にも全く影響はありませんでした。

まとめ

普通に鍋を焦がした時よりもあまり焦げていなかったため、簡単に焦げが取れました。

➢ 花粉で苦しんでいる私が実践している安く済ませる方法を紹介。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください