若手のビジテク

【一度ハマったら戻れない】東プレのキーボードRealforce(リアルフォース)の比較表と選び方・おすすめを紹介



こんにちは、ブラック企業から逃れるために転職したけど、勤務条件が聞いていた内容と違ったため、10社以上の転職エージェントを利用して再転職した、化学系院卒(けみ)+女子(じょ)の松坂 澪 (@matsuzakamio)です。本サイトをご覧いただき、ありがとうございます。


➢ 花粉で苦しんでいる私が実践している安く済ませる方法を紹介。

高級キーボードとして有名な東プレのRealforce(リアルフォース)。

ですが、このRealforceは色々な仕様があるため、どれを選んでいいか迷ううえに、選びたい仕様がその型番なのかがとってもわかりづらいです。

ちなみに、「Realforceは耐久性がよいから、安いけどすぐ壊れるキーボードと比較して、結果的にコスパがいい」とはよく言われますが、私にはあまり実感がありません。

1,000円程度のキーボードでも、3年くらいは余裕でもちますし…価格が20倍だから、60年もつのかな?まだ使い始めて4年程度なので、検証中です。

Realforceの選ぶポイント

Realforceを選ぶポイント

Realforceの選ぶポイント

  • 日本語配列 or 英語配列
  • テンキーあり or テンキーなし
  • 押下圧(変荷重 or ALL45g or ALL 30g or ALL55g)
  • 静音
  • 本体色
  • 文字印刷

日本語配列 or 英語配列

普段から使用しているキーボードが日本語配列で慣れていたのと、手の小さな私は、Enterの大きな日本語配列を選びました。

テンキーあり or テンキーなし

テンキーはExcel関数を入力しやすい別のテンキーを使うために、私はテンキーなしを選びました。

押下圧(変荷重 or ALL45g or ALL30g or ALL55g)

一般的なキーボードのキーを押すのに必要な力は50~60gなんだそうです。

Realforceでは、一般的なキーボードよりも軽い力で押し込むことができるALL45g、ALL30gや、力の弱い薬指や小指が担当するキーが30gになっている変荷重のキーボードと実に様々です。

私自身、購入するときはとても迷って東京へ出張の時に、実機を家電量販店で触ってきました。

良く言われているのは、変荷重は標準の正しいタイピングしている人向きと言われていますね。

私は30g等荷重のキーボードを愛用しています。

非力ですし、タイピングがどちらかというと、キーボードの表面をなでるようなタイピングをするので、30g相性が良かったです。

「30gは手を上にのせているだけで、入力されてしまう」という口コミも見かけますが、普段からキーボードレストを使っている私は、キーボード上に体重をかけるクセはなかったみたいで、キーボードの上に手を置いていても入力されることはありません。

ですが、私の旦那は、違和感を強く感じていたので、30g等荷重はかなり好みの分かれるキーボードだと言えます。

押すというよりも、表面をなでるようなキーボードです。

キーボードを押すのに全く力が必要ないので、”疲れ”というものは全く感じません。

キーボードを打つ、打鍵感はないので、打鍵感が好きな方には、ALL30gは不向きかもしれません。

30gは好みにマッチすれば、手放せなくなる、少しクセのあるキーボードだと思います。

静音タイプ

静音タイプはタイプ音が小さくなった代わりに、キーボードを打つ感じが「カタカタ」から「スコスコ」になった感じです。

この静音タイプの「スコスコ」感も好みがかなり分かれるタイプだと感じます。

Realforceはタイピングの「カタカタ」感が楽しい、クセになる、という口コミも聞くので、静音タイプは、タイピング音が大きいとマズイといった理由がある倍に候補にあがると思います。

私の場合、購入当時は30gの静音タイプがなかったので、検討はしませんでした。

文字印刷

Realforceには、大きく分けてレーザー印刷と昇華印刷のタイプがあります。

本体の色が黒の場合、印刷の文字の色は以下ようになります。

  • レーザー印刷…本体・黒、印刷・金
  • 昇華印刷…本体・黒、印刷・黒

昇華印刷の黒黒はとってもかっこいいんです。ですが、印刷はかなり見えずらいんです。

私は完全なブラインドタッチができるわけではないのもあって、レーザー印刷の黒・金にしました。

黒にゴールドもとってもかっこいいんです。

ですが、手汗の少ない乾燥肌の私でも、レーザー刻印のキーボードは使い続けると、キートップがテカテカになります。

本体の材質上、仕方がないことらしいです。

知っていたけれども…知っていたけれども…

Realforce R2(第2世代)の発売

わーん、本体がスリムになった第2世代が発売されている。

初代は頭(?)に奥行があって、デスク上で結構、邪魔なんですよ…

2台目はさすがに買えません。
mio
mio
第2世代いいなー

Realforce スペック比較 一覧表

     

まとめ:やみつきになるキーボード

高級キーボード「東プレ REALFORCE」の選び方でした。

楽しいパソコンライフをお過ごしください。

➢ 花粉で苦しんでいる私が実践している安く済ませる方法を紹介。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください