節約の裏ワザ

まるわかり【年間60,000円の節約効果】格安SIMへの変更方法|かんたん解説

格安SIM まるわかり
  • スマホの通信量に1か月5,000円以上かかっている。
  • 格安SIMは安いって聞くけど、難しそう…どうしていいかわからない

スマホの料金はとても高いですよね。

1台あたり5,000円以上で家族全員分でかなり家計を圧迫します。

[box class=”box29″ title=”おすすめ”]実は格安SIMにかえるだけで、スマホ1台あたり年間60,000円も節約できます。

格安SIMにしないと6万円もムダにしてしまっていることになります。

でも、「格安SIMは安い」とよく聞くけど、なんだか手続きが難しそう。。。

なんだかごちゃごちゃしている格安SIMへの乗り換えについて、わかりやすくまとめてみました。

この記事では

格安SIMへののりかえ方法をわかりやすく解説しています。

あわせて、スマホの使い方の応じたおすすめの格安SIMも紹介。

全くわからないけど格安SIMにかえたい

最近では、大手の携帯会社のように、店舗があって店員さんと対面で乗り換えできる格安SIMも増えています。

現時点で、店舗がある格安SIM会社は、Yahoo!モバイルUQモバイルです。

「格安SIMに変えたいけれども、全然わからない」という場合、店舗で乗り換える方法もあります。

 詳細  Yahoo!モバイル 店舗一覧

 詳細  UQモバイル 店舗一覧

店舗で乗り換える注意点としては、あまりにもわからなすぎると店員さんの営業トークのまま、余計な契約を行ってしまう可能性もあります。

来店前に公式ページを見て料金プランを確認するか、この後の格安SIMの説明をご覧になってから、来店することをおすすめします。

 詳細  Y!mobile 公式ページはこちら

 詳細  UQモバイル 公式ページはこちら

ポイント

格安SIMはインターネットからだけでなく、店頭(ショップ)からでも申し込み可能…Yahoo!モバイルUQモバイル

➢ 【知識ゼロでも失敗しない】格安SIM UQモバイルで最も得するプラン

SIMって何?

シム カード

そもそも「SIM(シム)カード」とは、スマホや携帯電話、タブレットなどに入っているICカードのことです。

スマホや携帯電話、タブレットを使って、モバイル回線で通話やインターネットをする場合には、このSIMカードが必要です。

スマホや携帯で電話やインターネットをするのに必要なのが、SIMってことだな。
モバイル通信をするには、SIMが必要なんです。
[safe title=”information”]【補足説明】SIMがなくても、Wi-Fiなどのパソコン回線があれば、インターネットやIP電話での通話は可能です。[/safe]


格安SIMとは?

日本では、docomoやau、ソフトバンクといった大手通信キャリア(会社)が存在します。

ざっくりいうと、大手通信キャリア以外の携帯キャリアが提供しているSIMカードを格安SIMといいます。

大手キャリアのSIMと比較して、通信料金が圧倒的に安いからです。

[safe title=”information”]【補足説明】格安SIMを提供している携帯キャリア会社を全部ひっくるめてMVNO(エムブイエヌオー)と呼ばれています。[/safe]
でも、なんで格安SIMは安いんだ?
アンテナの基地局とかを新しく作ったり、維持したりする必要がないからだよ。

格安SIMの会社は大手の通信会社から回線を借りて、私たちにサービスを提供してくれています。

そのため、格安SIMの会社は、携帯の基地局の設置や維持の人件費や設備費がかかりません。

格安SIMのデメリット

安いなら格安SIM最強な気がするけど、デメリットや注意点はないのか?
各会社によって違ってくるけど、①通信速度が遅かったり、②サービスが最小限だったりすることがあります。

①通信速度

格安SIMでは、通信回線を大手キャリアから借りています。そのため、人が多く使う時間帯に通信速度が遅くなることがあります。

最近では、UQモバイルの通信速度が大手キャリアとかわらないと検証結果が雑誌に出ています。

私はauからUQモバイルに乗り換えましたが、通信速度は変わらないように感じます。

旦那はdocomoからmineoに乗り換えて、人ごみの中では通信速度が少し遅いかな?と感じることがあるそうですが、実用上全く問題は感じないと言っています。

②サービスが最小限

格安SIMでは、大手のキャリアで使えていたキャリアメール「○○@docomo.ne.jp」「○○@ezweb.ne.jp」のサービスを行っていないところが多いです。

例外として、Yahoo!モバイルUQモバイルにはキャリアメールがあります。

夫婦で格安SIMにしましたが、特に困ってはいません。(私が使っているUQモバイルにはキャリアメールはあります。)

メッセージのやり取りはLINE、iPhone同士ならi message、それ以外なら電話番号でやり取りができるSMS(ショートメール)があるため、キャリアメールがなくても、特に不都合はありませんでした。

格安SIMに変更へは2つの方法

格安SIMに変更する2つの方法があります。

違いは「今使っているスマホを使い続ける」か「新しくスマホを購入するか」です。

  1. 今のスマホのまま、携帯会社を変更する。
  2. 携帯会社を変更して、一緒に新しいスマホを買う。

スマホ本体の料金がかかる分、②の方が当然高くなります。

「今使っているスマホがまだまだ使えそうだなー」と感じるのあれば、わざわざ新しいスマホ端末を購入する必要はありません。

今のスマホのままで、格安SIMに乗り換えましょう。




おすすめの格安SIM

2019年時点でおすすめの格安SIMは、スマホの使い方に合わせて以下の通りです。

おすすめの格安SIM

とにかく通信量を安くしたいという方は、バランスがとれたサービスでコスパ良しのmineoがおすすめです。

通信速度は今の大手キャリアくらいは欲しいなという方や、キャリアメルが必要、いざとなったら店舗で相談したいという方は、通信速度を含めて大手携帯会社並の充実したサービスのUQモバイルがおすすめです。

まとめ:今すぐ格安SIMにのりかえよう

格安SIMへののりかえ方法とおすすめの格安SIM会社の紹介でした。

携帯キャリアを変えるだけで、月5,000円、年間60,000円の節約をしないのは、もったいないです。

「夢は”いつまで”を決めたら目標になる」 迷っている時間がもったいない。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。
よかったらシェア&気になったらブクマしてくれるとうれしいなぁ。

\無料でコスメの口コミチェック/

LIPS(リップス)- コスメ‧メイクのクチコミアプリ

LIPS(リップス)- コスメ‧メイクのクチコミアプリ

AppBrew無料

▲動画でメイク講座もわかりやすい▲

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください