ブラックから転職

【大企業を辞めてよかった?辞めるメリットはどこにある?】実際に働いて感じた大企業のデメリットと中小企業のデメリットのまとめ

大企業を辞めるメリットとデメリットまとめ


こんにちは、松坂 澪 (@matsuzakamio)です。化学系院卒(ケミ)+女子(ジョ)が記載しているCHIMI-JYO(ケミジョ)をご覧いただき、ありがとうございます。

私は大企業でも中小企業でも働いたことがあります。

どちらでも働いたことがある経験から、実際に辞めてみて感じた、大企業のデメリットと中小企業のデメリットを記載してみました。

よく転職サイトやニュースサイトでも記載されている内容ですが、実際に大企業で働いて転職してみないとわからないことがたくさんあります。

私は、ブラック企業を辞めるメリットは感じましたが、大企業を辞めるメリットは感じませんでした。

大企業を辞める場合には、転職先は大企業が良いというのが、率直な感想です。

今、勤めている企業が大企業でブラックの場合は、ブラック企業に自分の心や体を壊されないためにも、できるだけ早いうちに転職することをおすすめします。

私はブラック企業でボロボロでしたが、転職して助かっています。

 関連  ➢ 【エリート(笑)東証一部上場企業ってこんなもん】理系ブラック企業での体験談

ですが、転職先は大企業の方が良いと感じています。

特に製造業は依然として、社会的地位や信頼、安定感、仕事の充実度等の面から、何かと大企業が有利だと思います。

この記事では
実際に転職して感じた、大企業のデメリットと中小企業のデメリットをまとめています。

中小企業のデメリット

個人の裁量が増えるとは限らない

一般的に中小企業の方が、個人の裁量が大きいと言われています。

そのため、大企業よりも中小企業やベンチャーの方が個人に裁量権があり、自分の思うように仕事ができると言われています。

実際は、企業の雰囲気によると思います。

長引く不況やコスト削減の流れで、人手不足といったビジネスを取り巻く環境によって、最近では大手企業でも若手から重責を担わされます。

「大手だから若手に責任のある仕事が回ってこない」はありません。

中小企業でも、ワンマンでがちがちに統制されている会社もあります。

私の場合は、大手企業に所属していたときの方が、裁量権のある仕事に責任を持って取り組んでいるため、仕事の自由度が高く、おもしろさを感じます。

社会的信頼が少ない

大企業に勤めていると、社会的な信頼があります。

クレジットヒストリーに問題がなければ、住宅ローン等で審査に落ちることはまずありません。

中小企業でも、BtoCの企業で知名度がある企業の場合は違いますが、中小企業の場合「何その会社」となって、社会的な信頼があまり得られない場合もあります。

転職する上でも、「大企業に勤めている」というだけで、採用側に「大手が採用した人材だから、仕事がある程度できるのではないか」という期待値があるため、転職活動でも書類審査が通過しやすく、転職活動が優位に進みます。

仕事(事業)の規模が小さいこともある

大企業では、予算がふんだんに準備されているプロジェクトもあります。

事業規模が億という場合もあります。

私は大企業時代は、月に数十万~数百万の開発費を使用することができましたが、中小企業へ転職したところ、月5万の予算の承認が得られなかったこともあります。

転職前には予算がふんだんにあると、説明を受けていました。

ですが、予算の規模感が大企業のそれとは大きく違っていました。

仕事の裁量がない上に、予算も限られてくると、物理的にどうしてもできる業務内容に限りが出てきて、仕事の自由度は低くなる可能性もあります。

親戚からの信頼感が得にくい

大企業に勤めていれば

あー、あの有名な車メーカーの、ご立派ですね。

と一瞬で社会的な信頼を得ることができます。

結婚前に、大手を辞めて中小企業に転職をすると、相手のご両親に伝えたとき、遠回りに

もったいない、なんで…?

と聞かれました。

まだまだ日本は学歴社会だし、大企業神話はあります。

それがハリボテの評価であったとしても。

簡単に評価されるのは、大企業で働いていることのメリットの一つだと、社会人になって実感しました。




大企業のデメリット

立場で仕事をしている人は仕事のスキルが身につかない

大企業で仕事をしている人の中で一定数いるのが「立場で仕事をしている人」です。

「自分で仕事をしていない人」は大企業を辞めない方が良いです。

大企業の場合、業務によっては「自分で全く考えないで仕事をしている人」もいます。

実務はすべて下請けの会社に依頼、ビジネスの提案も下請けの営業さんから提案してもらうこと頼り。

自分で実際に手を動かしていなければ、頭を使って考えていることもしていない人です。

それでいて、下請けの会社の人にチヤホヤして頂ける立場にあるので、仕事は自分の力で進めていると思い込んでいるタイプです。

こういった「自分で仕事をしていない人」は下請けの人に支えられ、事実上下請けの人が仕事をしている状態のため、仕事のスキルやノウハウが身についておりません。

転職して、下請けの業者さんに助けてもらえる立場でなくなると、自分ひとりでは仕事をすることができません。

「受け身で仕事をしているタイプ」の人は転職先の企業で全く仕事ができない可能性があるので、転職はおすすめできません。

そのままぬるま湯につかって、所属している大企業に一生寄り添っていった方が良いと思います。

私の知り合いでは一人「自分で仕事のできないタイプ」の方が転職をしましたが、転職先で全く仕事ができずに苦労している方がいました。

結局、音信不通となってしまっているため、現在どのような状態かは知りません。




まとめ:転職先はやっぱり大企業がいい

大企業・中小企業のどちらも経験した20代が感じたことは「やっぱりなんだかんだいって大企業にメリットが多い」ということでした。20192019

そんな簡単に大企業に転職できるか。

と思う方もいらっしゃるかもしれません。

確かに、大企業への転職は簡単ではありません。

ですが、採用はお見合いと一緒で運とタイミングの影響が大きいです。

一度失敗したからこそ感じた「転職活動はしない ”ながら転職”」として、機を見て、良い求人があったら転職活動をすることをおすすめします。

 関連  ➢ 【転職活動はしない】失敗しない ”ながら転職”をおすすめする理由

job-change-wait
【転職活動はしない】失敗しない ”ながら転職"をおすすめする理由転職活動=転職ではありません。 「転職活動=転職」と思っていた私は1回目の転職で失敗し、1年経たずに再転職した経緯があります。 ...
「今の仕事・今の自分、このままでいいのかな?」と思ったときに
  • 職場環境がツライ。仕事に追い詰められている。
  • 給与が上がらないまま、年齢を重ねて大丈夫だろうか…
  • 入社してから数年たったけど、仕事のスキルが全く身についていない気がする。
  • 今の仕事が本当に自分に合っているのかな?

1度転職に失敗したけれども、最終的に転職して良かったと思っています。

今の仕事に違和感を感じていたら、少し立ち止まってみてください。

今置かれている環境があなたにとって適正とは限りません。

「真面目が損をする」必要はないと思う 

頑張らない「ながら転職」のすすめ

 

ブックマークをして、時間があるときにでも。
カテゴリー:ブラック企業から転職
あなたにおすすめの記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください