非プログラマーでもOK!業務の自動化

【担当の質はひどい時も…でも転職面接対策は受けるべき】dodaのレビュー|評判・口コミ

実際に使って感じた転職サイトdodaの特徴と感想

転職サイトで1位2位を争うレベルで有名、転職満足度No,1の転職サイトが「doda」です。

dodaの特徴

  1. 求人数が転職サイト中でも圧倒的。
  2. 担当エージェントはベテランから若手までさまざま。
  3. 面接対策の模擬面接は絶対に受けるべき。自分に必要な「転職面接成功のポイント」がわかる。

転職活動は情報戦です。

一般知名度の高いdodaは、転職の求人情報が豊富です。

そのため、転職活動で重要な、大量の転職情報が手に入れることができるので、情報の供給先として、dodaは登録しておくと、転職を有利に進めることができます。

また、ノウハウが凝縮された転職対策の模擬面接は、無料とは思えないクオリティです。

学びが多い転職支援サービスなので、転職を成功させたいという方は受講したい方にはおすすめの転職エージェントです。

[note title=”この記事では”]実際に利用して感じた「doda」の特徴についてまとめています。

ハイクオリティの転職対策が受けられる「doda」は転職を成功させたい人は転職支援を受けておきたい転職エージェントです。[/note]

\自分の本当の年収がわかる/

▲無料登録後もお金は一切かかりません▲

目次

dodaのメリット

求人数は圧倒的

利用してみて一番感じるのは、圧倒的な求人数の多さです。

転職サイトでリクナビNEXTdodaは求人数がトップの求人数だと、実際に複数の転職サイトを使用していて感じました。

そのため、転職市場の動向を確認する意味で、リクナビNEXTdodaのどちらかには登録しておくことをおすすめします。

求人は景気の動向に左右される部分があります。

リクナビNEXTdodaで紹介される求人の様子を見ながら、求人の増えてきたタイミングで積極的に狙っていくようにします。

 関連  【転職活動はしない】失敗しない ”ながら転職”をおすすめする理由

あわせて読みたい
【転職活動はしない】失敗しない ”ながら転職”をおすすめする理由
【転職活動はしない】失敗しない ”ながら転職”をおすすめする理由転職活動=転職ではありません。「転職活動をしているからには転職先を決めなきゃ…」といつのまにか思い込んでしまった私は1回目の転職で失敗し、1年経たずに再転職した...

\転職者満足度No.1/

[afbtn class=”raised accent-bc strong”]doda 無料登録をする [/afbtn]

▲豊富なノウハウに基づいた無料の面接対策▲

転職対策の模擬面接はハイクオリティ

面接対策については、当然ですが担当エージェントに逐一相談することが可能です。

ですがさらにdodaでは、転職対策のための模擬面接を受けることができます。

この模擬面接は、担当エージェントではなく、転職面接に精通した模擬面接に特化した方が担当してくれます。

私はこの模擬面接で、「自分のスキルや能力を面接官に最大限に魅せて、マッチングしていると納得させる」説得力のある志望動機や転職理由、自分の職務経験の受け答えの仕方を教わりました。

転職面接は「自分という商品を企業に売り込む場」です。

ちょっとしたコツや注意点に気を付けるだけで、一気に内定がもらえるようになります。

落ちる人と受かる人の差は能力差というよりもアピール力の差になりがちなのが転職面接です。

自分では気がついていない、落ちないための「ちょっとしたコツや注意点」を教えてもらえるdodaの模擬面接は、受けておかないともったいないと感じました。

\転職者満足度No.1/

[afbtn class=”raised accent-bc strong”]doda 無料登録をする [/afbtn]

▲豊富なノウハウに基づいた無料の面接対策▲




dodaのデメリット

担当のキャリアエージェントがころころ変わる・担当のレベルがピンキリ・信頼しにくい担当がいるのも事実

担当エージェントの当たりはずれが大きいのがdodaです。

私は3人に担当してもらいましたが、実力はピンキリでした。

一人目はベテランの30台後半程度の理系出身の年上の男性、二人目は20代前半くらいの年下?の女性、三人目は20代後半くらい?同期くらいの男性でした。

もしかすると、私の場合は、担当の転職エージェントの意図するように内定を決めないことに、嫌気がさして、新人さんの経験値上げに使われたのかもしれません。

良くも悪くも担当がコロコロ変わりました。

最初の理系出身の男性の方は、私のスキルと企業側とのマッチングのさせ方がうまく、簡単に内定を取ることができました。

次の若い男性の方は、私が選考が進んでいる会社の実情や求人に対しての知識が少なく、転職活動に不安を感じることが多くありました。

さらに次の若い女性に至ってはアドバイスが薄かったです。

内定を頂いた中小企業に関して、具体的な良い点を質問したところ「中小企業なので個人の裁量権が大きい点です。」という薄っぺらい月並みな返信しか返ってきませんでした。

求人があって、採用も受けているくらいなので、企業の担当との連絡を取っていて、企業情報はあるはずなのに…。担当エージェントは企業の個別の具体的な情報を持っているのがふつうです。でなければ、求職者と企業をつなぐエージェントの役割を果たしていないことになりますので、なんのための転職エージェントなの?となります。

ですが、残念ながらこの担当エージェントからは浅いアドバイスしかもらえませんでした。

担当エージェントにとっては内定が決まって転職すれば成果1という単なる数値でありませんが、その人自身にとっては一生を左右する大事な決断なのに、頼りなさすぎる・無責任なアドバイスだと感じました。

転職エージェントは担当エージェントとの相性が重要です。

合わない転職エージェントだと、こちらの希望の転職条件がうまく理解されず、しっくりこない求人を紹介されたり、企業側に自分のスキルや能力がしっかりと伝わらずに、まったく内定が取れないといった事態にもなりかねません。

転職支援サービスでは、担当エージェントに対して

自分とは合わない。

と感じたら、担当を変更してもらうことが可能です。

大手のdodaであれば、担当エージェントも求職者もたくさんいるので、数人変更してもらっても気まずい思いをしなくて済みます。




まとめ:dodaは転職ノウハウを知るのに便利なエージェント

 

dodaの特徴

  1. 求人数が転職サイト中でも圧倒的。
  2. 担当エージェントはベテランから若手までさまざま。
  3. 面接対策の模擬面接は絶対に受けるべき。自分に必要な「転職面接成功のポイント」がわかる。

dodaは、圧倒的な求人数と豊富な経験に基づいた模擬面接で面接対策ができる転職エージェントです。

しっかりと転職面接の対策を行って内定を勝ち取りたいジトには、dodaはおすすめの転職エージェントです。

 詳細  ➢ doda 無料登録登録はこちら

\転職者満足度No.1/

[afbtn class=”raised accent-bc strong”]doda 無料登録をする [/afbtn]

▲豊富なノウハウに基づいた無料の面接対策▲

おすすめの転職サイト

リクルートエージェント【公式】 https://www.r-agent.com/

求人数は圧巻で体感としても9割程度は網羅している印象。転職市場の動向を知るためにも「転職が気になる」と思い立ったら、まずは登録しておきたい転職サイトです。

doda【公式】https://doda.jp/

求人数も多く、なにより面接対策講座が非常に勉強になりました。私が異業界への転職面接で無双できたのはdodaの無料講座のおかげです。

パソナキャリア【公式】https://www.pasonacareer.jp/

特定メーカーの求人に強く、他のサイトには出ていない非公開求人を紹介してもらえました。大手サイトでイマイチマッチした求人が見つからない場合はチェックしてみるとお宝求人があるかも。

専門性の高い職種におすすめの転職サイト

リクナビNEXT【公式】https://www.m-next.jp/

   専門性の高い理系技術職で転職を考えている場合は絶対に登録しておきたいサイト。担当エージェントが専門性への理解が深く、”専門がマッチした”求人紹介をしてもらえました。他のエージェントで「専門的な話が通じない…」としっくりこなかった方はぜひ。

マイナビエージェント【公式】https://mynavi-agent.jp/

   新卒サイトの知名度で大手とのコネクション多数。優良ホワイト大手企業のお宝求人がチラホラ。担当エージェントさんも面倒見の良い方が多く、有益な情報も含めて大きな安心感がある転職エージェント。

JACリクルートメント【公式】https://www.jac-recruitment.jp/

   外資系や専門職転職に強いエージェント。特に英語人材に強いのが有名ですが、一方で理系専門職は登録者数が少ないためか、頻繁に非公開求人の紹介連絡をもらえます。理系には穴場の転職エージェント。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる