非プログラマーでもOK!業務の自動化

【若手の転職者が求められること】20代転職のポイント

job-seeker-younger-point

たかだか数年働いただけの若手が、転職面接でアピールできることなんてあるの?

不安の中でスタートした転職活動だけれども、20代でもなんとか2回転職に成功したので、その経験を踏まえて、若手転職者に求められていることをまとめました。

https://www.chemi-jyo.com/work/job-change-wait

\自分の本当の年収がわかる/

▲無料登録後もお金は一切かかりません▲

目次

第二新卒、20代で転職は可能?

network

たかだか数年の仕事経験をしただけなのに、そんな職務経験で転職なんてできるのだろうか?

転職活動を2回もする前、私が転職に対して抱いていた不安です。

20代、いわゆる第二新卒でも転職を十分可能です。

最低限の社会人経験

正直、私も転職するまでは「20代で大した仕事もしてないのに、転職市場で需要があるのかな?」と思っていました。

でも思い出してみてください。本当の新入社員時代を。

私は部署に配属されて2ヶ月経った時に「稟議書 書いといて」とナチュラルに先輩から指示を受けて「稟議書」 の意味をググりました。

学生から社会人へのハードルは思いの外高いです。

2~3年社会人としての経験を一通り行い、社会人のいろはを知っている20代の若手は、実はそれだけで自分自身が思っているよりも企業側から見ると価値があります。

むしろ最近では、コスト削減や人材不足などの影響で企業は新卒を育てる余裕はありません。

そんな中で、お金をかけなくても一通りのビジネス経験を積んで、ビジネスパーソンとしての基礎を学んだ20代は「これからの成長やのびしろ」も一緒に考慮されて、 「初歩的なことを教えなくても良くて、まだまだ自社の色に染めることができる、成長性のある人材」というポジション転職が可能で。

具体的な職務経験を確認できる

企業側の採用の面からも、新卒新卒よりも第二新卒の方がメリットがあります。

新卒採用の面接の場合、職務経験がないため、学生時代の経験だったり、バイト経験だったり、ボランティア経験だったりと、仕事ができるかどうかという判断を、仕事以外の経験から判断しなければなりません。優秀な学生だからといって、優秀なビジネスパーソン、社会人になるとは限りません。

新卒採用は一種の賭けになります。

ですが、 第二新卒の場合は、実際の職務経験があるため、仕事の経験を通じて、優秀なビジネスパーソンかを判断できます。

そのため、より即戦力になりうる、本当に仕事のできる人材を選ぶことができる。と考えられます。

第二新卒の転職のポイント

light-bulbs

でも正直なところ、ちょっと数年会社で働いたからといって、大きな業績をあげられるとは限りません。

もちろん転職する際には、成果があればあるほど 、その成果が大きければ大きいほど、有利で転職がうまくいく可能性は高くなります。

特に若手の理系の技術系の仕事なんかは、仕事やプロジェクト、テーマの当たりはずれがあります。

大きな成果が挙げられる方が珍しいですし、例え成果が挙げられた場合でも、若手個人の能力の寄与なんて、たかが知れていると思います。

だからこそ、第二新卒、若手求職者は転職の際にアピールするポイントは、成果にいたるまでの具体的な過程に焦点を当てる、ことです。

大事なのはそこそこでも良いので成果を客観的に明示することと、その成果が出すため自分が工夫した点、成果を出すために論理的に考えて出した最善の方法は何か。そこに焦点を当てて、アピールしていきます。




まとめ:ちょこっと転職活動してみてもおもしろい

今は企業がやだな?自分の可能性ってなんだろう?とと思った時には、ちょこっと転職活動始めてみても、おもしろいかもしれません。転職活動=転職必須 ではありません。

むしろ「今すぐこの会社脱出したい」「転職必須だ」と考えると、転職が辛くなりますし、何より心の余裕がなくて転職がうまくいきづらくなります。私自身がそうでした。

「いい会社があったら転職しよう」と軽い気持ちで転職していれば、本当に会社にめぐり逢えたらラッキーだと思いますし、ブラックな会社で働いていても「いざとなったら転職で逃げられる」という心の逃げ場にもなると思います。

[blog-asp]

おすすめの転職サイト

リクルートエージェント【公式】 https://www.r-agent.com/

求人数は圧巻で体感としても9割程度は網羅している印象。転職市場の動向を知るためにも「転職が気になる」と思い立ったら、まずは登録しておきたい転職サイトです。

doda【公式】https://doda.jp/

求人数も多く、なにより面接対策講座が非常に勉強になりました。私が異業界への転職面接で無双できたのはdodaの無料講座のおかげです。

パソナキャリア【公式】https://www.pasonacareer.jp/

特定メーカーの求人に強く、他のサイトには出ていない非公開求人を紹介してもらえました。大手サイトでイマイチマッチした求人が見つからない場合はチェックしてみるとお宝求人があるかも。

専門性の高い職種におすすめの転職サイト

リクナビNEXT【公式】https://www.m-next.jp/

   専門性の高い理系技術職で転職を考えている場合は絶対に登録しておきたいサイト。担当エージェントが専門性への理解が深く、”専門がマッチした”求人紹介をしてもらえました。他のエージェントで「専門的な話が通じない…」としっくりこなかった方はぜひ。

マイナビエージェント【公式】https://mynavi-agent.jp/

   新卒サイトの知名度で大手とのコネクション多数。優良ホワイト大手企業のお宝求人がチラホラ。担当エージェントさんも面倒見の良い方が多く、有益な情報も含めて大きな安心感がある転職エージェント。

JACリクルートメント【公式】https://www.jac-recruitment.jp/

   外資系や専門職転職に強いエージェント。特に英語人材に強いのが有名ですが、一方で理系専門職は登録者数が少ないためか、頻繁に非公開求人の紹介連絡をもらえます。理系には穴場の転職エージェント。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる