【損をしてる?】家計のムダを見直してラクして賢くお金を貯める

【安くて供給エリアは広い】Looopでんきの特徴とメリット・デメリット

Looopでんきの特徴とメリット・デメリット

電気代がかなり安くて、しかも供給エリアが 「北海道電力エリア、東北電力エリア、東京電力エリア、中部電力エリア、北陸電力エリア、関西電力エリア、中国電力エリア、四国電力エリア、九州電力エリア」とほぼ日本全国なのがLooopでんきです。

一人暮らしなら年間12,000円、二人暮らしなら年間24,000円、3~5人家族なら年間36.000円くらい電気代が安くなる可能性があります。

Looopでんきでこれだけ安くなる

東京電力からLooopでんきへ変更した場合の料金シミュレーション
世帯人数 東京電力 Looopでんき
一人暮らし(月150kHh) 4,930円 3,960円
二人暮らし(月280kWh) 9,704円 7,392円
3人世帯(月370kWh) 12,455円 9,768円
4人世帯(月400kWh) 13,372円 10,560円
5人世帯(月450kWh) 14,901円 11,880円
この記事では

Looopでんきの特徴やメリット・デメリットについてまとめています。

 関連  ➢ 基本料金ず~っと0円【Looopでんき】

\基本料金0円で電気代が安い/

Looopでんきへのリンク

Looopでんきの特徴

Looopでんきのロゴ
Looopでんきの概要
Looopでんき 株式会社Looop(ループ)
基本料金 おうちプラン…0円
供給エリア 北海道電力エリア、東北電力エリア、東京電力エリア、中部電力エリア、北陸電力エリア、関西電力エリア、中国電力エリア、四国電力エリア、九州電力エリア
契約期間 なし
解約違約金 なし
特徴
  • 基本料金が0円(おうちプラン)
  • 契約期間の縛りなし/解約金なし
  • 再生可能エネルギーなどの自然に優しい電気
こんな人におすすめ
  • 北海道、北陸、四国エリアで月々10,000円以下の電気料金で電気代を安くしたい人
  • 北海道、北陸、四国エリアで月々10,000円以上の電気料金で電気代を安くしたい人

新電力会社で基本料金ゼロ円をいち早く導入したのがLooopでんきです。

会社設立のきっかけは、東日本大震災の被災地に太陽光発電を設置するボランティア活動であり、事前エネルギーの普及を目指して、再生可能エネルギーの多い電源構成になっています。

またLooopでんきは基本料金が0円でつかった分の電気代を払うシンプルな料金プランなのも特徴です。

Looopでんきの料金プラン

Looopでんきの料金プランは2つ「おうちプラン」と「ビジネスプラン」があります。

一般家庭であれば、東京電力エリアも含めてすべてのエリアでまず「おうちプラン」になります・

Looopでんきの料金プラン
でんき料金プラン 東京電力エナジーパートナーでいうと こんな人におすすめ
おうちプラン 従量電灯B 5~60A(一般家庭ならまずこっち)
ビジネスプラン 従量電灯C 契約容量が6kVA以上

 関連  ➢ Looopでんき|料金表(北海道電力・東北電力・東京電力・中部電力・北陸電力・関西電力・中国電力・四国電力・九州電力)

Looopでんきでいくら安くなる?東京電力との比較

Looopでんきでどれだけ安くなるか、一例として東京電力と比較してみました。

東京電力からLooopでんきへ変更した場合の料金シミュレーション
世帯人数 東京電力 Looopでんき
一人暮らし(月150kHh) 4,930円 3,960円
二人暮らし(月280kWh) 9,704円 7,392円
3人世帯(月370kWh) 12,455円 9,768円
4人世帯(月400kWh) 13,372円 10,560円
5人世帯(月450kWh) 14,901円 11,880円

一人暮らしで月1,000円、二人暮らしで月2,500円、3~5人家族で3,000円くらいの節約効果があり、年間で12,000~36,000円くらい電気代を安くできる可能性があります。

Looopでんきのキャンペーン

Looopでんきのキャンペーン詳細
キャンペーン期間 2020年1月1日(水)~2020年3月31日(火)
対象プラン
  1. おうちプラン・ビジネスプラン・動力プラン
  2. Looopガス+おうちプラン・ビジネスプラン
付与条件
  1. 新規申し込みまたは引越で申し込み
  2. ガスとでんきの両方を新規申し込みまたは引越で申し込み
キャンペーン内容・特典
  1. QUOカードPay 2,020円をプレゼント +さらに抽選で5人に一人プラスQUOカードPay 5,000円プレゼント
  2. QUOカードPay 2,020円をプレゼント

Looopでんきでは、現在2つのキャンペーンを行っています。

すべてのプランがキャンペーンの対象なので、「Looopでんきが気になっている」という方は今が乗り換えのチャンスです。

 関連  ➢ Looopでんき|キャンペーン詳細はこちら

Looopでんき+ガスへのリンク

Looopでんきのメリット・デメリット

供給エリアがほぼ全国

Looopでんきの供給エリアは 北海道電力エリア、東北電力エリア、東京電力エリア、中部電力エリア、北陸電力エリア、関西電力エリア、中国電力エリア、四国電力エリア、九州電力エリア とほぼ日本全国です。

電気料金が最安値水準

Looopでんきの電気料金は業界最安値レベルです。

価格だけでいれば、あしたでんきやエルピオでんきの方が安いのですが、四国電力や北陸電力が供給エリア外…

四国電力エリアや北陸電力エリアの方で「できるだけ電気代を安くしたい」と考えている方にLooopでんきがおすすめです。

【電気代最安の評判は本当?】あしたでんきの特徴とメリット・デメリット|口コミ評判レビュー

エルピオでんきの特徴・評判キャンペーン1/30まで【ファミリーなら月5,000~7,000円の節約】エルピオでんきの特徴とメリット・デメリット|口コミ評判レビュー

沖縄電力エリアは供給エリア対象外

残念ながらLooopでんきは沖縄電力エリアは対象外です。

沖縄電力エリアはポイントが貯まる楽天でんきがおすすめ「です。

【ポイントが貯まる使える】楽天でんきの特徴とメリット・デメリット【ポイントが貯まる使える】楽天でんきの特徴とメリット・デメリット|口コミ評判レビュー

支払い方法がクレジットカードのみ

Looopでんきは電気料金を安くするために、支払い方法はクレジットカードのみです。

Looopでんきの評判・特徴

まとめ:北陸・四国・北海道エリアで電気代を安くしたいならLooopでんき

Looopでんきの特徴とメリット・デメリットまとめでした。

特に「 北陸・四国・北海道エリア等で 電気代を安くしたい」という方におすすめの電力会社です。

 関連  ➢ 基本料金ず~っと0円【Looopでんき】

\基本料金0円で電気代が安い/

Looopでんきへのリンク

 関連  ➢ 【電気会社を変えるだけで電気料金が下がる】電力自由化の仕組みとおすすめの電力会社|電気代の節約

【電気会社を変えるだけで電気料金が下がる】電力自由化の仕組みとおすすめの電気会社|電気代の節約【5分で電気会社を変えるだけで電気料金が12,000円以上下がる】電力自由化の仕組みとおすすめの電力会社|電気代の節約

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA