【損をしてる?】家計のムダを見直してラクして賢くお金を貯める

【独身・共働き世帯は必須】ふるさと納税とは?やり方をわかりやすく解説

【独身・共働き世帯は必須】ふるさと納税とは?やり方をわかりやすく解説

ふるさと納税ってよく聞くけど、本当に得なの?
ふるさと納税って、節税って聞くけど手続き面倒なんじゃ?
条件によっては書類1枚でふるさと納税はできるよ。

最近、多くの人がはじめている「ふるさと納税」。

実は、楽天をはじめとして、ふるさと納税はあなたが思っているよりも手軽で簡単にできます。

医療費控除や住宅ローン控除1年目で”確定申告を行う必要がある人”でなければ、確定申告は不要で作成提出するのは書類1枚です。

➢ 「ワンストップ特例」と「確定申告」

しかも、贅沢品だけでなく、野菜の定期便ティファール(売り切れ)など、日常に直結した返礼品もたくさんあります。

 詳細   ➢ 【楽天ふるさと納税】お礼の品のジャンルで見る 

この記事では、ふるさと納税の仕組みと注意点について、できるだけわかりやすくまとめています。

この記事では

をまとめています。

返礼品を見てみたら、肉とか野菜以外にも、トイレットペーパーとかロボット掃除機があるんだね。
ふるさと納税で得できる目安は年収200万以上だから、ファミリーだけでなく、一人暮らしの社会人やDINKSにもおすすめの節約制度だね。

 詳細  ➢ 楽天ポイントがザクザク貯まる|楽天ふるさと納税の返礼品を見る

\楽天でのショッピング感覚でかんたん寄付/

▲楽天ポイントがザクザク貯まる▲

ふるさと納税とは?

【図解】ふるさと納税 ワンストップ特例制度の仕組み

「ふるさと納税」とは、自分で自治体を選んで寄付を行う制度です。

寄付した金額のうち2,000円以上を超える部分については、住民税と所得税から全額が控除される仕組みです。

「控除」とは住民税や所得税が減額される、という意味であり、例えば、寄付金30,000円を行った場合は原則として、30,000-2,000円=28,000円分が全額、住民税や所得税から差し引かれるため、実質2,000円の寄付金負担となります。

ふるさと納税の控除額
ふるさと納税の控除額

ふるさと納税とは、自分の選んだ自治体に寄附(ふるさと納税)を行った場合に、寄附額のうち2,000円を越える部分について、所得税と住民税から原則として全額が控除される制度です(一定の上限はあります。)。
例えば、年収700万円の給与所得者の方で扶養家族が配偶者のみの場合、30,000円のふるさと納税を行うと、2,000円を超える部分である28,000円(30,000円-2,000円)が所得税と住民税から控除されます。

出典元:総務省‐「ふるさと納税ポータルサイト

また、寄付を行うと、各自治体から返礼品としてさまざまなものが送られてきます。

すなわち「ふるさと納税」とは、① 実質2,000円の負担で各自治体の特色のある返礼品をもらえ、② 最大で寄付金額-2,000円分の節税効果がある制度です。

ふるさと納税とは?

  • 実質2,000円の負担で各自治体の特色のある返礼品をもらえる。
  • 最大で寄付金額-2,000円分の節約効果がある。
得する「ふるさと納税」は地方への応援のための制度です。
寄付金の使い道を指定することも可能なんです。

「ワンストップ特例制度」と「確定申告」

「控除」と聞くと手続きな面倒な気がしますね…

ですが、「ふるさと納税」には「ワンストップ特例制度」という制度があり、「確定申告」不要で控除を受けることもできます。

「ワンストップ特例制度」の対象となる方

  • 1年間(1月1日~12月31日)でふるさと納税の寄附先が5自治体以内の方
  • 医療費控除や住宅ローン控除なども含め、「ふるさと納税」以外で確定申告をする必要がない方

自営業等で確定申告を行う方や医療費控除や住宅ローン控除などで確定申告を行う場合には、残念ながら「ワンストップ特例制度」は使えません。「確定申告」を行う必要があります。

いろいろな返礼品のあるふるさと納税、自分や家族にあった返礼品を探してみてください。

ワンストップ特例制度

ワンストップ特例制度とは、2015年4月1日に追加された特例制度です。

以下の利用条件に当てはまる場合に、確定申告不要で「ふるさと納税」による寄付金控除を受けられる制度です。

  1. 1年間(1月1日~12月31日)でふるさと納税の寄附先が5自治体以内の方
  2. 医療費控除や住宅ローン控除なども含め、「ふるさと納税」以外で確定申告をする必要がない方

ワンストップ特例制度は、「特例申請書」を記入して、必要書類と一緒に寄付先の自治体に郵送するだけでOK。確定申告は必要ありません。

特例申請書」は各寄付(自治体)ごとに送る必要があります。

ワンストップ特例制度を使った「ふるさと納税」の流れ

  1. 特例申請書」と必要書類(身分証明書)を準備する。
  2. 特例申請書」に必要事項を記入する。
  3. 特例申請書」と必要書類を寄付先の自治体に郵送する。

 詳細  ワンストップ特例制度について

控除を受けるためには、原則として、ふるさと納税を行った翌年に確定申告を行う必要があります。ただし、平成27年4月1日から、確定申告の不要な給与所得者等は、ふるさと納税先の自治体数が5団体以内である場合に限り、ふるさと納税を行った各自治体に申請することで確定申告が不要になる「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が始まりました。これは、平成27年4月1日以後に行われるふるさと納税に適用されます。

出典元:総務省‐「ふるさと納税ポータルサイト

確定申告

確定申告は自営業や副業を行っている方のはなじみの深い制度だと思います。

確定申告による「ふるさと納税」の流れ

  1. 「寄付金受領書」「給与所得の源泉徴収」「印鑑」「希望振込先の口座番号」を準備する。
  2. 確定申告書を作成する。
  3. 確定申告書を税務署に提出する。

 詳細  確定申告について

ふるさと納税の流れ・やり方・手順・方法

ふるさと納税の流れ

面倒そうなふるさと納税ですが、確定申告をしないサラリーマン家庭の場合、事務手続きは書類1枚を郵送で提出するだけです。

寄付金上限額を知る

「ふるさと納税」は家族構成・年収(所得)・他の控除制度(医療費控除や住宅ローン控除)の状況によって、寄付金上限額(どれだけふるさと納税で寄付できるか)が変わってきます。

ふるさと納税の控除額の計算方法
ふるさと納税の控除額の計算方法

控除上限額シミュレーションを使って、寄付金上限額を調べることができます。

(例) 給与収入 400万円、3人家族(大人2人、15歳以下1人)

実質負担2,000円で可能な寄付上限額の目安…47,900円

医療費控除等がなく、まずはざっくりと寄付金上限額が知りたい方は、より簡易的なかんたんシミュレーターもおすすめ。

 参考  ざっくりと寄付金上限額を知る  【楽天ふるさと納税】かんたんシミュレーター

 参考  より詳細に寄付金上限額を知る  【ふるさとチョイス】控除上限額シミュレーション

ふるさと納税サイトから寄付をする

ふるさと納税の寄付はふるさと納税サイトからネットショッピング感覚でかんたんにできます。

おすすめのふるさと納税サイトは「楽天ふるさと納税」か「ふるなび」です。

 関連  ➢ ふるさと納税 おすすめのサイトはどこ?特徴とメリット・デメリットまとめ

ふるさと納税 おすすめのサイトはどこ?特徴とメリット・デメリットまとめふるさと納税 おすすめのサイトはどこ?特徴とメリット・デメリットまとめ 【図解でかんたん】楽天ふるさと納税のやり方を解説|面倒なら楽天でポチる【最大20%のポイント】楽天ふるさと納税のやり方を図解でかんたん解説|面倒なら楽天でポチる 【図解】ふるなびの寄付のやり方・方法を解説【図解でかんたん】ふるなびの寄付のやり方・方法を解説|Amazonギフト券がもらえる

ふるさと納税の注意点とデメリット

メリットの多いふるさと納税ですが、注意点やデメリットもあります。

ふるさと納税の注意点
  • 寄付金額の上限を超えると自己負担
  • 医療費控除と併用する場合、寄付金上限額が減る
  • 住宅ローン減税と併用する場合は少し注意が必要
  • 自分の住んでいる自治体の収入はダウン

寄付金額の上限を超えると自己負担

寄付金額には上限があり、上限を超えると自己負担になります。

医療費控除と併用する場合、寄付金上限額が減る

ふるさと納税による2,000円以上の寄付金が控除対象になりますが、医療費控除を受けている場合は、この寄付金上限額減ります。

所得によって変わってきますが、医療費控除額が10万円の場合、2,355円~4,539円、寄付金上限額が減ります。

(例) 給与収入 400万円、3人家族(大人2人、15歳以下1人)

医療費控除 5万円(実際にかかった医療費15万)

実質負担2,000円で可能な寄付上限額の目安…46,700円

(医療費控除がない場合と比較して 寄付上限額 -13,000円)

 参考  医療費控除を含めた寄付金上限額を知る  【ふるなび】控除上限額シミュレーション

住宅ローン減税と併用する場合は少し注意が必要

ふるさと納税と住宅ローン減税を併用する場合には少し注意が必要です。

  1. ワンストップ特例制度を利用した「ふるさと納税」と住宅ローン減税の併用…問題なし
  2. ワンストップ特例制度で「ふるさと納税」を行得ない場合には、住宅ローン控除により寄付金上限額が変わってくるので、シミュレーションが必要。

ワンストップ特例制度を利用して「ふるさと納税」を行った場合には住宅ローン控除と併用しても特に問題はありません。

住宅ローン控除の1年目で確定申告が必要な場合は、ワンストップ特例制度を利用できません。

確定申告でふるさと納税を行う場合には、住宅ローン控除により寄付金上限額が変わってくるため、シミュレーションを行って寄付金上限額を確認しておく必要があります。

 詳細  【ふるさとぷらす】控除の目安と限度額シミュレーション 

自分の住んでいる自治体の収入はダウン

本来、自身が収めている住んでいる自治体の所得税等が控除になるため、その分自治体の財政収入はダウンします。

申し込みサイトによって返礼品額が違う

ふるさと納税には手数料と配送料のコストがかかっています。

  • 手数料
  • 配送料

申し込みサイトによって、手数料と配送料が違うため、自治体によっては返礼品の送料が異なる場合があります。

私が寄付した自治体は楽天ふるさと納税でもふるさとチョイスでも変わらなかったので、ポイントがつく楽天ふるさと納税を利用しました。

サイトによって寄付額が違うのは納税者にとって違和感があるので、今後は各自治体でサイトごとの寄付額の違いはなくしていこうという取り組みがあります。

参考 ふるさと納税返礼品おせち間に合わず 茨城県筑西市 - 社会 : 日刊スポーツnikkansports.com

まとめ:節約にもなる「ふるさと納税」はおすすめ

meat

 

控除は何かとわかりにくいものが多いですが、どの社会制度も「知らない」「使わない」では、知らず知らずのうちに損をしてしまっています。

ふるさと納税を上手に利用して、日々の生活をムリなく・楽しんで節約していきたいですね。

いろいろな返礼品のあるふるさと納税、5,000円程度のものからあるので、自分や家族にあった返礼品を探してみてください。

 詳細  ➢ 楽天ポイントがザクザク貯まる|楽天ふるさと納税の返礼品を見る

ふるさと納税 おすすめのサイトはどこ?特徴とメリット・デメリットまとめふるさと納税 おすすめのサイトはどこ?特徴とメリット・デメリットまとめ

\楽天でのショッピング感覚でかんたん寄付/

▲楽天ポイントがザクザク貯まる▲

楽天ふるさと納税へのリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


【いらないコスメの断捨離】使いかけの化粧品を売るのは専門買取のRE-Life Clubかリサイクルネットがおすすめ