【損をしてる?】家計のムダを見直してラクして賢くお金を貯める

【図解でかんたん】ふるなびの寄付のやり方・方法を解説|Amazonギフト券がもらえる

【図解】ふるなびの寄付のやり方・方法を解説

ふるなびでふるさと納税してみたいけどなんか難しそうでわかんない…
実際にふるなびでふるさと納税寄付をしてみたので、図つきでまとめてみました。

ふるなびはふるさと納税サイトの中でも数少ないAmazonギフト券(のコード)ももらえるサイトです。

しかも他のサイトにはない電化製品の返礼品の取り扱いもあります。

ふるなびは楽天ユーザーじゃない方におすすめのふるさと納税サイトです。

この記事では
Amazonギフト券ももらえる。電化製品の返礼品も充実しているふるなびを使ったふるさと納税の寄付の仕方を図つきで解説しています。

ふるなびとは?

ふるなび

ふるなび ふるさと納税サイト
運営会社 株式会社アイモバイル
特徴
  • Amazonギフト券のコードがもらえる
  • 電化製品の返礼品も充実している

ふるなびのメリット・デメリット

メリット
  • Amazonギフト券ももらえる
  • 電化製品の返礼品も充実している

ふるなび注意点:Amazonギフト券コードがもらえる条件

Amazonギフト券をもらうためには、以下の3つの条件を満たして寄付をする必要があります。

えっ、難しそう…
大丈夫です。次にふるなびを使った寄付の方法をまとめてみました。

ふるなび Amazonギフト券コードプレゼント

ふるなびのやり方

ふるなびを使ったふるさと納税の寄付の方法を解説していきます。

フリーランスや医療費控除等をしない確定申告の必要がない人はワンストップ特例制度で書類1枚で申請ができます。

ワンストップ特例制度で申請したい場合、寄付先は5自治体までにします。

 関連  ➢ 【独身・共働き世帯は必須】ふるさと納税とは?やり方をわかりやすく解説

【独身・共働き世帯は必須】ふるさと納税とは?やり方をわかりやすく解説【独身・共働き世帯は必須】ふるさと納税とは?やり方をわかりやすく解説
STEP.1
「会員登録」ボタンをクリック

ふるなび会員登録ページに行って、「会員登録(無料)をする」をタップします。

ふるなび会員登録画面

STEP.2
会員情報の入力

氏名・メールアドレス・パスワード・住所・電話番号を入力し、「確認画面へ進む」をタップします。

入力内容を確認し、間違いがなければ「登録する」ボタンをタップします。

STEP.3
ログインページに行く

ふるなび公式サイトの上の方のカギマークの「ログイン」をタップします。

ふるなびにログイン画面に行く

STEP.4
ログインをする

メールアドレスとパスワードを入力し、「ログインをする」をタップします。

ふるなびのログイン画面

画面上に人マークで「マイページ」と表示されていたらログイン完了です。

STEP.5
寄付する自治体を選ぶ

寄付したい自治体の返礼品を選んで、「寄附を申し込む」をタップします。

ふるなび 寄付画面

STEP.6
寄付する自治体を選ぶ

ログイン状態だと申込者情報は自動で入力されるので、クレジットカード情報を入力します。

ワンストップ特例制度を利用する場合が「☑ワンストップ特例制度を利用する」にチェックをいれます。

備考にキャンペーンコード「FCP2019FINAL(2019年12月現在)」を入力します。

すべてを入力し終わったら「申請確認画面」をタップします。

入力内容があっていたら「送信する」をタップします。

STEP.7
寄付完了

「寄附申込み完了」の画面が表示されたら寄付完了です。

おつかれさまでした。

まとめ:ふるなびはAmazonギフト券・電化製品の返礼品もあっておすすめ

ふるなびは数少ないAmazonギフト券がもらえるふるさと納税サイトです。

電化製品の返礼品もあっておすすめ。寄附もかんたんにできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA