ラクに家事をする方法まとめ

【給与口座におすすめ】普通預金の金利の高い楽天銀行を選ぼう

URLをコピーする
URLをコピーしました!

銀行でおすすめなのはネット銀行です。

ネット銀行の中でも楽天銀行とイオン銀行は普通預金の金利がいいのでイチオシです。

我が家では楽天銀行とイオン銀行と住信SBIネット銀行を使いわけています。

特に楽天銀行はイオン銀行よりも住信SBIネット銀行よりも普通預金の金利が高く、楽天市場との紐づけでSPU(スーパーポイントアップ)でポイント還元が高くなったりといいことづくめ。

「メインの銀行に」「給与振り込み口座」に楽天銀行はおすすめです。

この記事では

実際に使ってわかった楽天銀行の特徴とメリット・デメリットについてまとめています。

楽天銀行の特徴・メリットデメリット

楽天銀行のメリット・デメリット
  • 楽天証券とマネーブリッジで口座連携させると普通預金の利息が年0.10%
  • 楽天カードの支払い口座設定でSPUがアップする
  • ハッピープログラムでATM手数料無料
  • パソコンやスマホから振込ができる
  • パソコンやスマホでかんたんに入出金が確認できる

楽天証券とマネーブリッジで口座連携させると普通預金の利息が年0.10%

楽天銀行の最大のメリットは、楽天証券と口座連携させることで普通預金の利息が年0.10%(税引後年0.079%*1)になる点です。

注意点
銀行預金にも税金がかかるため、実際の利息は税引き後の金額になります。

最近は「預金よりも投資」と言われますが、投資をする場合でも、もしもの時に備えて最低限の生活防衛費としての現金は貯めておく必要があります。

そんな生活防衛費用の現金を預けておくのは、やっぱりいつでもお金を引き下ろすことができる銀行。

でも「どうせ預金するのなら少しでも利息が高い方がいい!」

そこでおすすめなのが楽天銀行です。

楽天銀行な楽天証券と連携させるマネーブリッジ設定をすると、普通預金の利息が 0.10%(税引後年0.079%*1)に なります。

証券とか使うつもりないよ…

証券使わないなら放置しててもデメリットとか特にないから設定だけしとくといいよ。

楽天カードの支払い口座設定でSPUがアップする

楽天市場での買い物にはSPU(スーパーポイントアップ)という制度があり、条件を満たすともらえるポイントの還元率がアップします。

楽天カードの支払い口座を楽天銀行にすると、楽天市場でのポイントが+1倍(100円で1ポイント)増えます。

楽天市場の支払いカードを楽天カードに設定すれば、楽天市場のポイントが+2倍なので、合計で+3倍(100円で3ポイント)、3万円のお買い物で900円ポイントが貯まります。

 詳細  ➢ 楽天市場だけじゃない!街中でもポイントが貯まる【楽天カード】 

\みんな持ってる1枚/

楽天カードの詳細はこちら(公式ページ)

▲年会費ずっと無料のクレジットカード▲

給与振込口座に設定すると楽天ポイントがもらえる&他行振込手数料3回無料

給与振込口座設定で楽天ポイントがもらえる

楽天銀行は給与の振込口座に設定することで、①楽天ポイントがもらえて、②他行への振込手数料も3回まで無料になります。

ハッピープログラムでATM手数料無料

楽天銀行にはハッピープログラムという制度があり、会員ステージによって最大で月7回ATM利用手数料が無料になります。

最近はキャッシュレスなので、ATMはほとんど使うことがありませんが、もしものときの安心感はあります。

ただし、残高が10万円未満で取引件数が4件以下のベーシック会員だとATM手数料がかかるので注意が必要です。

とりあえず最低限10万円は入金しておけばOKなんだね。

パソコンやスマホから振込ができる

楽天銀行はパソコンやスマホから振込ができるので、わざわざ銀行に行かなくてもOK。

会社勤めをしていると、振込のできる時間に銀行に行けないことも…ネットなら時間も場所も気にせずに振込ができるのがうれしいです。

スマホからさくっと5分もかからず振込できます。

パソコンやスマホでかんたんに入出金が確認できる

楽天銀行はパソコンやスマホでかんたんに入出金や残高が確認できます。

とくにスマホ用アプリは使い勝手がいいです。

銀行の残高を常に確認できると預金談高の数字が増えていくのがゲーム感覚で楽しくなってくるので、貯金意識を高めることができます。

 詳細  ➢ 楽天スーパーポイントが貯まる楽天銀行!無料口座開設

\土日も夜もコンビニATM手数料0円/

楽天銀行 無料開設はこちら

▲楽天ポイントも貯まる▲

給与振り込み口座に設定できないことがある

おすすめの銀行口座で給与振り込み口座に設定したい楽天銀行ですが、勤め先の会社によっては給与の振り込み口座に設定できないこともあります。

古い会社だったりするとメガバンクしか振込口座にできかったり…

しょうがないから振込口座はメガバンクにして、イオン銀行と楽天銀行を開設するのがおすすめです。

楽天銀行は他行への入金・振込手数料がかかりますが、イオン銀行は無料です。

なので「給与振込口座→イオン銀行へ自動入金→イオン銀行から楽天銀行へ自動入金」に設定することで手数料を払わずに、楽天銀行の良いとこどりができます。

まとめ:給与口座には楽天銀行がおすすめ

給与口座におすすめの楽天銀行の特徴とメリット・デメリットでした。

金利面でもサービス面でも利便性でも楽天銀行はメリットの多い銀行です。

ぜひ上手に使い倒して得してください。

 詳細  ➢ 楽天スーパーポイントが貯まる楽天銀行!無料口座開設

\土日も夜もコンビニATM手数料0円/

楽天銀行 無料開設はこちら

▲楽天ポイントも貯まる▲

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

化粧品・食品が専門の理系研究職の主婦。

「掃除ゼロでキレイなお家」づくりを目標に、日々の生活を工夫中。

ブログ・Instagramでは以下の情報を毎日発信しています。

▷少ない掃除でも美しいお家の作り方🧹
▷掃除をゼロにする”汚れ対策”とスッキリ”収納術”🏡
▷ ほったらかしでお金が貯まる💰節約の仕組み

めんどくさがりだから、ラクして心地よい生活がしたい…!

お気軽にコメントどうぞ

コメントする

CAPTCHA