ラクに家事をする方法まとめ

【お家でパン屋さんみたいな焼き立てパン】ホームベーカリーレビュー

自動の具材投入機能搭載機種なのに10,000円ちょっととリーズナブルな値段。

必要十分な機能がそろっているので、初心者から中級者におすすめの機種です。


ホームベーカリー欲しいけど使わなかったらどうしよう?

どうせ買っても使わなくなってムダになりそうな家電がホームベーカリー。

ネットで口コミを調べても良い口コミばかりで、どうも疑わしい…

ほんとにホームベーカリーって悪いとこないのかな?

自分自身が購入する際に迷ったので、買って使っている今、ホームベーカリーを買おうか迷ってる人に向けて、本音レビューをしてみました。

購入検討の際の参考にしてみてください。

このブログ記事では

実際に使って感じたホームベーカリーのメリットデメリットについてまとめています。

ホームベーカリーを使ったパンの作り方:材料を入れるだけ

ホームベーカリーは材料を入れてスイッチを押せば、生地をこねるのも発酵も全部自動です。

焼きたてパンが材料入れるだけでできるのは便利だし楽しいです。

材料投入

材料をはかってホームベーカリーの中にいれます。

  • 小麦粉…250g(100円)
  • 卵…1個
  • バター…20g
  • 砂糖…20g
  • 牛乳…180g
自動でこねスタート

ここからは全部ホームベーカリーが勝手にやってくれることです。

自動で生地をこねてくれます。

具材の投入

私が買ったホームベーカリーは、具材の自動投入機能があるので、チョコチップやレンズ等の具を入れたい場合も適切なタイミングで自動で投入してくれます

発酵とこねる

発酵→こねる→発酵の様子です。だんだん生地がふくらんできます。


発酵前後の生地をこねる様子
発酵前後の生地をこねる様子
焼く

発酵してめいっぱい膨らんだところで焼いてできあがります。

焼きたてパンの完成

焼き上がったパンです。ふわふわすぎてナイフできるのも大変です。

パンの味はパン屋さんのパンレベルのおいしさです。

ホームベーカリーのメリット・デメリット

ホームベーカリーのメリット・デメリット

実際につかってわかったホームベーカリーの良い点悪い点をまとめてみました。

本体は大きいので注意

本体の大きさを私は 勝手に「食パンをちょっと大きくしたぐらい」かと思っていましたが、ホームベーカリー予想以上に本体が大きいです。

こねている音は結構大きめ

ホームベーカリーは生地をこねてくれますが、こねているときのモーター音は結構大きいです。

▼音が出るので注意してください▼

食パンで調理時間は4時間!でも作業時間は5分

食パンを普段から使っている人はご存知かと思いますが、パンは発酵させる必要があるので、例えば食パンは4時間ちょっとと結構時間がかかります。

自分でパンを作るとなると「時間管理をしてこねて発酵させて…」と気を使わないといけませんが、ホームベーカリーなら材料をはかって入れたら、あとは全自動なので、作業時間はたったの5分程度。

材料を入れるだけでこねや発酵は全自動

ホームベーカリーは、材料を入れてスイッチを押すだけでパンが焼きあがります。「こね」も「発酵」も全自動。

タイマーを使えば、朝食に焼きたてのパンをセットして受け取り、帰ってきたらパンが焼きあがってるように設定できます。

できあがるパンはパン屋さんの味みたいでおいしい

ホームベーカリーの1番のメリットは出来上がるパンがとにかくおいしいことです。

街の本屋さんレベルのパンが出来上がります。

家の中が食欲をそそるパンの香りでいっぱいになるのが幸せ。

タイマーをかけておけば、朝起きてリビングに行ったら焼きたてのパンの香りで朝を迎えられます。

米粉のパンも作れる

ホームベーカリーなら米粉のパンも作れる

買うと結構いい値段がする米粉のパン。

ホームベーカリーなら、米粉を買ってきて米粉のパンも作れます。

私は小麦を食べてなんとなく眠くなってしまうので、平日は小麦を食べないようにしていますが、パン屋さんの前を通ると香りでついつい食べたくなってしまう…

ホームベーカリーを買う前はパンを食べることに葛藤や迷いがありましたが、ホームベーカリーで米粉のパンを作れるようになって、心おきなくパンを楽しんでいます。

パン生活たのしい。

ホームベーカリー買ってよかった

ホームベーカリーで作ったふわふわの食パン
ホームベーカリーで作ったふわふわの食パン

「使わなくなるかなぁ…ムダかなぁ…」と散々悩んで、結局旦那さんに内緒で購入したホームベーカリー。

最終的に「趣味にお金をかけた」と考えて「趣味なら多少のお金がかかっても仕方がない」と言い訳をして買ったけど、購入してよかったです。

旦那さんも「おいしい」と言ってモリモリ食べてくれるので、多分ホームベーカリーを買ったことは問題になっていない…はず。

ホームベーカリーの選び方と注意点

ホームベーカリーの選び方と注意点
ホームベーカリーの選び方と注意点

自動投入つきがおすすめ

レーズンやチョコチップのような具材が入ったパンも作りたいかも 。

具材入りのパンも作りたいなら、自動導入機能が付いたホームベーカリーがおすすめです。

レーズンやチョコチップの具材は少しこねてから生地に入れる必要があります。

手動で入れても良いのですが、自動導入機能ついていれば、途中で操作をしない完全自動でパンができます。

  • 寝ているあいだにパンを焼いておいて、朝食に焼きたてのパンが食べたい
  • 仕事から帰ってきたら、パンを焼き上がっているようにセットしたい

具材入りのパンを完全予約で作りたい方は自動投入機能つきのホームベーカリーを選んでください。

本体が大きいので設置場所に注意

ホームベーカリーの幅
ホームベーカリーの幅
ホームベーカリーの高さ
ホームベーカリーの高さ

ホームベーカリーは本体が結構大きく、5合炊き炊飯器くらいの高さがあります。

  • ホームベーカリーの幅はティッシュ箱と同じくらい
  • ホームベーカリーの高さはティッシュ箱1.5倍くらい

買う前にキッチンにホームベーカリーを設置できる場所を作っておく必要があります。

 関連  ➢  スマホ用実寸WEB定規(物差し)

ホームベーカリーを毎日使わない人はホコリ除けに布製のランチョンマットを一緒に準備しておくのがおすすめ。

ホコリの掃除をしなくてすみます。

まとめ:パンが好きならおすすめ♪ホームベーカリーあると楽しい

パンが好きならおすすめ♪ホームベーカリーあると楽しい

パン屋さんや高級食パン屋さんのようなおいしいパンが、材料入れてあとは放置でできてしまう便利なホームベーカリー。

いちど使い始めたら手放せない家電です。

パンを食べるのが好きな人ならぜひ使ってみてください。

普段の生活の幸せ度が大幅にアップします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

化粧品・食品が専門の理系研究職の主婦。

「掃除ゼロでキレイなお家」づくりを目標に、日々の生活を工夫中。

ブログ・Instagramでは以下の情報を毎日発信しています。

▷少ない掃除でも美しいお家の作り方🧹
▷掃除をゼロにする”汚れ対策”とスッキリ”収納術”🏡
▷ ほったらかしでお金が貯まる💰節約の仕組み

めんどくさがりだから、ラクして心地よい生活がしたい…!

お気軽にコメントどうぞ

コメントする

CAPTCHA