【損をしてる?】家計のムダを見直してラクして賢くお金を貯める

【アルカリ電解水は危険?ベビー用品に使っても大丈夫?】化学的に考察した見解【水の激落ちくんは安心だよ】

掃除で使うアルカリ電解水「水の激落ちくん」がキケン!という意見を見かけました。本当?

化学系の大学院を卒業した研究職の見解としては

強アルカリ性だから使う時は素手で使わないでね。アルカリ電解水でキレイにした製品にアルカリ成分が残ることはないから不安になる必要はないよ。

です。

アルカリ電解水のポイント

  • 使う時は注意! 強アルカリなので取り扱い注意。
  • 使った後はごく少量のベーキングパウダーになります。拭いたものに危険な成分は残らないから安全。
水の激落ちくんで拭いたら良く乾かしましょう。乾かせば、赤ちゃん用品に使っても問題ありません。
注意
本記事は化学的な知識に基づいた個人の見解です。メーカーの開発に実際に携わっているわけではありません。予めご了承ください。

アルカリ電解水は水ではない

アルカリ電解水は「食塩”水”を”電解”してできた水酸化ナトリウム水溶液」という”アルカリ”性の液体です。

食塩水からできているからといって、安全ではありません。

理由は簡単で、”電解”という化学変化で全くちがう物質になっているからです。

例えば、どんなにおいしいカボチャだからといって、焦がして炭になってしまったら、いくら元がおいしいかぼちゃだからといって、おいしくはありませんよね?

焼きすぎることで、”炭”という別の物質になっているからです。

アルカリ電解水は水ではないんだな。
アルカリ電解水はアルカリ性の液体です。

アルカリ性ってなに?

酸・アルカリはざっくりいうと強いと危険な液体です。

ざっくりすぎる説明だな。

弱い酸はレモンとか酸っぱい系でアルカリ性はその逆。

酸もアルカリも強いものは皮膚が溶けるくらいの危ないさがあります。

強酸性で有名なものはトイレの洗剤で有名なサンポール。サンポールは素手じゃ触っちゃダメですよね。

激落ちくんも結構強めのアルカリなので、スプレーから出してすぐの状態を素手で触ってはいけません

専門的な話(脱線しているから飛ばしてもOK)

アルカリ電解水の作り方を専門的な用語を使って表すと以下のようになります。

NaCl + H2O → NaOH + 2HCl

塩   水 アルカリ電解水

特に大事な話ではありません。エビデンス程度です。

専門的な化学式でそれっぽく解説しているサイトもありますが、論点がずれていたりすることもあります。

専門用語で解説していたからといって、必ずしも正しいことを言っているとは限らないので、注意してください。

アルカリ電解水は危険なの?

じゃあ、アルカリ電解水は危ないの?
使う時は強い洗剤なので気をつけて。

使った後は安全なベーキングパウダーに変わるので安心してください。

ポイント

アルカリ電解水

  • 使う時は注意! 強アルカリなので取り扱い注意。
  • 使った後はごく少量のベーキングパウダーになります。拭いたものに危険な成分は残らないから安全

アルカリ電解水は水酸化ナトリウムのアルカリ性の強い洗剤なので危険です。

他のトイレのサンポールのような強い洗剤と何ら変わりません。

素手で触ると、手が侵されます。皮膚の表面が溶けるので、ぬるっとすると思います。

アルカリ電解水は素手で使ってはいけません。手袋をして使ってください。

目にも入ったらキケンです。目に入らないようにゴーグルをつけるなど、対策を行う必要があります。

もちろん、飲んでもいけません。

水酸化ナトリウムは皮膚を溶かすくらい強いので、除菌や殺菌の効果のある洗剤として使えるという原理です。

アルカリ性の液体だから、素手で触らない方がいいんだな。
アルカリ電解水を使う時は、手袋を着用してください。
目に入れたり、飲んだりしてはいけません。
注意点
アルカリ電解水は水ではなくて、アルカリ性の液体です。

アルカリ電解水を素手で触ってはいけません。

アルカリ電解水を赤ちゃんのベビー用品につかったらキケンなの?

赤ちゃんがこっちを向いている昔の写真

じゃあ、アルカリ電解水をベビー用品に使ったら危険なの。

安心してください。アルカリ電解水を吹きかけたものにアルカリ(水酸化ナトリウム)が残ることはありません。濃縮とかもされません。

理由は、アルカリNaOH(水酸化ナトリウム)は空気中の二酸化炭素と反応して、重曹つまりはベーキングパウダーに変わるからです。

NaOH+CO2 → NaHCO3

水酸化ナトリウム 二酸化炭素 重曹(ベーキングパウダー)

アルカリ電解水で拭いたものに危険なアルカリ(水酸化ナトリウム)がずーっと残っていることはありません。

もちろんアルカリ電解水を吹き付けた直後に一瞬にして重曹に変わるわけではないので、使用時には気を付けてつかってください。少なくとも湿っている時はまだ少し触らない方いいです。

アルカリ電解水をつかっても、ベビー用品に危険なアルカリは残らないんだな。
アルカリ電解水は使用して少し時間が経つと、ベーキングパウダーになるので、アルカリがそのまま残ることはありません。

少量のベーキングパウダーが残っているのがイヤという方は、水ぶきで二度ぶきをしてください。本当に少量なので問題ないと思いますが…

自然にやさしいのは残留物がないから

 

アルカリ電解水が「自然にやさしい、天然掃除」として紹介されるのは、使った後に界面活性剤や強い成分が残らないからだと思います。

ふつうの洗剤だと、使用後でも界面活性剤が残るものが多いですし、トイレの酸性洗剤なんかも使用後もある程度強さが残るものがほとんどです。

水の激落ちくんは使用後に急激に弱くなる洗剤なので、食品にも使われるような成分へ変化する点が「自然に負荷をかけにくく、自然にやさしい洗剤」と言われているのだと思います。

決して、アルカリ電解水=水だから、自然に優しいというわけではありませんので、気をつけてください。




まとめ:正しく使えば安全なので、不必要にこわがらなくても大丈夫

確かに、アルカリ電解水は強い洗剤なので、使う時は十分気をつけてください。

でも、他の洗剤と一緒で正しく使えば安全なので、不必要に怖がらなくても大丈夫です。

拭いた後の物には変な物質は残らないし、汚れ落ちがいい洗剤なので、我が家では水の激落ちくんが大活躍しています。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA