非プログラマーでもできる!業務の自動化

テプラQRコードの作り方と活用方法|テプラPRO SR5900Pのレビュー

当ページのリンクには広告が含まれています。
テプラでQRコードを作成する方法

課題・悩み「ExcelでQRコードを作成してシールを作りたい」

解決策「テプラPRO SR5900PでExcelのデータからQRコード印刷する方法」を解説

テプラを使ってExcelのデータからQRコード印刷する方法を解説しています。

\自分の本当の年収がわかる/

▲無料登録後もお金は一切かかりません▲

目次

「テプラ」PRO SR5900Pとは?

「テプラ」PRO SR5900Pは、ネットワーク対応している高速印刷モデルです。

「テプラ」PRO SR5900Pとは?

  • パソコン上でラベルを作成できる
  • 作成したラベルのデータを保存できる
  • Excelのデータから「流し込み印刷」で一括ラベル作成ができる
  • 「SPC10-API」機能でExcelなどの他のアプリケーションと連携できる
  • 翻訳機能で多言語ラベルが作成できる

「テプラ」PRO SR5900P | ラベルライター「テプラ」 | ファイルとテプラのキングジム

「テプラ」PRO用 Windows向けラベルソフト「TEPRA Label Editor SPC10」を用いることで、パソコンから簡単な操作で高度なラベル編集が可能です。

「テプラ」PRO用 Windows向けラベルソフト「TEPRA Label Editor SPC10」 | ダウンロード | ファイルとテプラのキングジム

「テプラ」PRO SR5900Pの特徴

「テプラ」PRO SR5900Pの特徴は以下の通りです。

「テプラ」PRO SR5900Pの特徴

  • パソコン上でラベルを作成できる
  • 作成したラベルのデータを保存できる
  • Excelのデータから「流し込み印刷」で一括ラベル作成ができる
  • 「SPC10-API」機能でExcelなどの他のアプリケーションと連携できる
  • 翻訳機能で多言語ラベルが作成できる

パソコン上でラベルを作成できる

「テプラ」PRO SR5900Pは、無料のソフトウェア「TEPRA Label Editor SPC10」でラベルを作成できます。

パソコンのソフトウェア上でラベルを編集でき、自由度も高いです。

例えば、フォントはパソコンにインストールしてある文字をどれでも使えます。

文字やイラスト、バーコードなども、ラベル内に自由に配置できます。

作成したラベルのデータを保存できる

「テプラ」PRO SR5900Pでは、作成したラベルのデータをパソコン内に保存できます。

そのため「以前にまた作ったラベルを再度作成したい」という場合も、データを保存しておけば、データを再入力する必要がなく、サッとラベルを作成できます。

Excelのデータから「流し込み印刷」で一括ラベル作成ができる

「テプラ」PRO SR5900Pは、ソフトウェアの機能「流し込み印刷」を用いることで、Excelのデータから一気にラベルを作成できます。

いちいちテプラに入力しなくてOK。

ラベル作成の時短になります。

「SPC10-API」機能でExcelなどの他のアプリケーションと連携できる

「テプラ」PRO SR5900Pは、ソフトウェアのAPI機能を使うことで、Excelなどの他のアプリケーションと連携ができます。

次の項で解説する【ExcelのデータからQRコードを一括印刷する】のも、このAPI機能を利用した方法です。

バーコードおよびQRコードについて | ラベルライター「テプラ」 | ファイルとテプラのキングジム

翻訳機能で多言語ラベルが作成できる

「テプラ」PRO SR5900Pには、翻訳機能がついているため、多言語ラベルの作成が簡単にできます。

ExcelのデータからテプラでQRコードの作り方

「テプラ」PRO SR5900Pを使って、【ExcelのデータからQRコードを一括印刷する】流れは以下の通りです。

ExcelのデータからテプラでQRコードの作り方

  • API機能入りExcelのダウンロード
  • Excelファイルへのデータの入力
  • Excelファイルの「印刷」ボタンをクリック
  • QRコードの連続印刷の成功
  • 必要に応じてラベルのデザインを編集
  • 在庫のQRコード管理

API機能入りExcelのダウンロード

テプラのラベルソフト「TEPRA Label Editor SPC10」には、「SPC10-API」機能が搭載されており、アプリケーションとの連携が可能です。

以下の、キングジムの公式HPでは、このSPC10-APIの機能を使って、Excelのデータからラベルを一括印刷できるExcelファイルをダウンロードできます。

ラベルソフト「SPC10」の「SPC10-API」機能について | ダウンロード | ファイルとテプラのキングジム

Excelファイルへのデータの入力

ダウンロードしたExcelファイルに、ラベル印刷をしたいデータを入力します。

Excelファイルの「印刷」ボタンをクリック

PRO SR5900P本体の電源をつけて、パソコンと接続し、テープをセットした状態で、Excelファイルの【印刷】ボタンをクリックします。

QRコードの連続印刷の成功

Excelファイルに入力したデータより、QRコードを連続印刷できました。

必要に応じてラベルのデザインを編集

必要に応じて、ソフトウェアからラベルのデザインを変更してください。

デザイン変更をしたら、いったん名前をつけて保存をし、その後ファイルの拡張子【.tpe】を変更してください。

.tpe

QRコードの業務活用&効率化の事例

Excelのデータからから作成したQRコードで業務効率化を行いました。

在庫のQRコード管理

在庫の管理をQRコードにより行いました。

詳しくは、以下の記事をご覧ください。

テプラでQRコードを作成するQ&A

テプラを使ってQRコード付きのラベルを作成する手順を教えてください。

テプラを使ってQRコードを作成する手順は、「#ExcelのデータからテプラでQRコードの作り方」をご覧ください。

QRコードをプリントしたテプラのラベルを物品に貼り付けると、どのような効果が期待できますか?

QRコードをプリントしたテプラのラベルを物品に貼ることで、QRコードで在庫管理ができるようになります。 QRコードで在庫管理を行うと、実地棚卸の際の作業効率がアップします。 詳しくは「#QRコードの業務活用&効率化の事例」をご覧ください。

テプラを使用して作成したQRコードのデザインを変更する方法を教えてください。

テプラで作成するQRコードのデザインは、ソフトウェア「TEPRA Label Editor SPC10」で変更できます。

テプラでQRコードシールを作成するときの注意点はありますか?

テプラでQRコードシールを作成するときの注意点は、QRコードのサイズを小さくしすぎないようにすることです。 QRコードのサイズが小さすぎると、QRコードが読み取れないことがあります。

テプラのQRコードを使って備品を管理する方法を教えてください。

テプラのQRコードを使って備品を管理する方法は「#QRコードの業務活用&効率化の事例」をご覧ください。

テプラのラベルにQRコードを印刷する際、どのようなサイズのラベルを選べばよいですか?

QRコードは小さすぎると読み取れなくなる恐れがあるため、おすすめは24mm以上のラベル幅です。

ビジネスシーンでテプラのQRコードを利用するメリットは何ですか?活用方法を教えてください。

例えば、在庫にテプラで作成したQRコードを貼りつけることで、QRコードにより在庫管理が可能になります。 QRコードにより実地棚卸の効率がアップするため、業務改善の効果が見込めます。 詳しくは「#QRコードの業務活用&効率化の事例」をご覧ください。

テプラのQRコードで作成するラベルの文字数の制限はありますか?印刷範囲内に入る文字数の目安を教えてください。

一枚のラベルに印刷できる文字数や行数には、特に制限はありません。 フォントサイズを小さくすれば、文字数や行数を多くすることも可能です。一枚のラベルに印刷できる文字数の制限はありますか。 | PCラベルソフト SPC7 | 「テプラ」ラベルソフト・アプリ | よくあるご質問(Q&A) | ファイルとテプラのキングジム

テプラを使用して作成したQRコードのデザインに制限はありますか?

テプラで作成するQRコードのデザインは、ソフトウェア「TEPRA Label Editor SPC10」で自由に設定可能です変更できます。

「SPC10-API」VBAマクロのコードの修正

キングジムの公式HPよりダウンロードできるExcelファイルでは、64ビットシステムの環境で使用するにはエラーが発生しました。

そのため、以下のようにコードを修正して使用しています。

「SPC10-API」VBAマクロのコードの修正

  • 64ビットシステムで使用するために更新が必要
  • QRコードに読み込むデータの修正

64ビットシステムで使用するために更新が必要

「このプロジェクトのコードは、64ビットシステムで使用するために更新する必要があります。

Declareステートメントの確認および更新を行い、

次にDeclareステートメントにPrtSafe 属性を設定してください。」

のエラーが出るので、以下のようにコードを修正しました。

 Windows APIの関数を呼び出すVBA関数を定義
Declare PtrSafe Function GetModuleHandle Lib "kernel32" Alias "GetModuleHandleA" _
                    (ByVal lpModuleName As String) As LongPtr
                       
Declare PtrSafe Function GetProcAddress Lib "kernel32" _
                    (ByVal hModule As LongPtr, _
                     ByVal lpProcName As String) As LongPtr
                         
Declare PtrSafe Function GetCurrentProcess Lib "kernel32" () As LongPtr

Declare PtrSafe Function IsWow64Process Lib "kernel32" _
                    (ByVal hProcess As LongPtr, _
                     ByRef Wow64Process As LongPtr) As LongPtr
Function IsWow64() As Boolean

    Dim bIsWow64 As LongPtr
    Dim fnIsWow64Process As LongPtr
    
    ' 初期化
    bIsWow64 = False
    
    ' IsWow64Process関数が存在するかどうかを確認する
    fnIsWow64Process = GetProcAddress(GetModuleHandle("kernel32"), "IsWow64Process")

    If (0 <> fnIsWow64Process) Then
        ' IsWow64ProcessはWindows XP SP2から導入された関数です
        If 0 = IsWow64Process(GetCurrentProcess(), bIsWow64) Then
            ' Windows XP の古いバージョンの場合はここに来ます
        End If
    End If

    IsWow64 = (bIsWow64 <> 0)

End Function

QRコードに読み込むデータの修正

今回、私がQRコードを使用するにあたっては、【QRコードに対して1つのデータのみ設定】したかったため、コードを以下のように修正いたしました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次