非プログラマーでもOK!業務の自動化

【HPのTPM更新】パソコン素人がうまくいかない場合にどう対処したか?

\自分の本当の年収がわかる/

▲無料登録後もお金は一切かかりません▲

目次

TPM更新を放置

少し前からセキュリティプロセッサ トラステッド プラットフォームモジュール(TPM)のファームウエアの更新が必要と表示が出てました。

でも、「インストールするだけで完了!」

というわけではなくて、適当にインストールしてもうまくいかないため、と放置してしまっていました。

フィッシング詐欺サイトが表示された

ところが、Googleメンバーシップ・リワードに当選!してしまったため、これはマズイと思い、パソコンのセキュリティの脆弱性をそのままにしていたことを反省、TPMを更新しました。

 関連  ➢ 2回目!Googleメンバーシップ・リワード…なぜ?原因と対策まとめ

あわせて読みたい
2回目!Googleメンバーシップ・リワード…なぜ?原因と対策まとめ 2回目もフィッシング詐欺サイトに遭遇してしまったので。今後、フィッシングサイトに合わないように対策を行うことにしました。

 TPMの更新方法(HPの場合)

基本的に以下のサイトを参照すればOK

TPMの更新の方法なのですが、結論から申し上げると、HPのパソコンの場合、下記のサイトに記載している順番に従って行えば、うまくできます。

 関連  ➢  Windows 10 April 2018 Update適用後にTPMファームウェア更新を行う | 俺の開発研究所

 パソコンの基本的を知らないため更新できず

私、パソコンに弱くて・・・

きっと、当たり前なんであろう操作の部分でつまづいてしまい、上記のわかりやすいページで説明されていない当たり前の操作に「?」があって、うまく更新できませんでした。

要は、TPMが更新できない原因は私のパソコンの知識不足、文章理解能力不足にあったわけです。

 HPのパソコンにおけるTPM更新の基本的な流れは以下の通り

  1. 自分のパソコンの型番確認
  2. 更新するTPMのダウンロード先の確認
  3. パソコンメーカーほホームページより最新のTPMをダウンロード
  4. ダウンロードした最新のTPMを実行
  5. 古いTPMを削除

① 自分のパソコンの型番確認

パソコン右下のWindowボタン上で右クリック→システム でデバイスの仕様を確認できます。

② 更新するTPMのダウンロード先の確認

更新するTPMのダウンロード先のフォルダを既存のTPMが保存している場所にする必要があるので、そのフォルダがどこにあるのかを確認。

具体的には「TPMConfig64.exe」があるフォルダです。

私はどこにあるかがわからなかったので、フォルダ内を検索して「SWSETUP」であることを確認しました。

(フォルダ内をCtrl+Fで検索画面を出し「TPMConfig64.exe」入力。該当ファイル名を確認)

③ パソコンメーカーほホームページより最新のTPMをダウンロード

システムエラーのページから自分のパソコンメーカー(私の場合はHP)に行き、①で確認した該当するパソコンの型番のTPMを②で調べたフォルダへダウンロード。

④ ダウンロードした最新のTPMを実行

ダウンロードが完了したら、フォルダから該当ファイルをダブルクリックすることでシステム実行。

⑤ 古いTPMを削除

Windows Defender セキュリティセンター経由で古いTPMを削除して終了

本当は画面をキャプチャーしているので、画面の画像とともにまとめたいのですが、残念ながらスキル不足により断念しています。

パソコン初心者がわからなくて苦労した箇所

私が苦戦したのは、①の既存のTPMの場所の確認と ④ の自分でダウンロードしたTPMのシステムを実行するところ。

パソコンに疎い私としては、このおそらく基本であろう操作の部分でどうしていいか分からず、だいぶ手間取ってしまったというわけです。

まとめ:TPMを更新していない場合は早急に更新を

どうやら、TPMの脆弱性を放置しておくのはかなりマズイみたいですね…

・データの改ざん等は行えないものの、メモリの内容を制限なしにのぞくことが可能になるため、個人情報やパスコードなどの重要情報を盗まれる危険性

出典:世間を騒がす「プロセッサ脆弱性」 何が本当の問題なのか (1/3) – ITmedia PC USER

面倒なことを後回しにするのは、大きな間違いでした。

おすすめの転職サイト

リクルートエージェント【公式】 https://www.r-agent.com/

求人数は圧巻で体感としても9割程度は網羅している印象。転職市場の動向を知るためにも「転職が気になる」と思い立ったら、まずは登録しておきたい転職サイトです。

doda【公式】https://doda.jp/

求人数も多く、なにより面接対策講座が非常に勉強になりました。私が異業界への転職面接で無双できたのはdodaの無料講座のおかげです。

パソナキャリア【公式】https://www.pasonacareer.jp/

特定メーカーの求人に強く、他のサイトには出ていない非公開求人を紹介してもらえました。大手サイトでイマイチマッチした求人が見つからない場合はチェックしてみるとお宝求人があるかも。

専門性の高い職種におすすめの転職サイト

リクナビNEXT【公式】https://www.m-next.jp/

   専門性の高い理系技術職で転職を考えている場合は絶対に登録しておきたいサイト。担当エージェントが専門性への理解が深く、”専門がマッチした”求人紹介をしてもらえました。他のエージェントで「専門的な話が通じない…」としっくりこなかった方はぜひ。

マイナビエージェント【公式】https://mynavi-agent.jp/

   新卒サイトの知名度で大手とのコネクション多数。優良ホワイト大手企業のお宝求人がチラホラ。担当エージェントさんも面倒見の良い方が多く、有益な情報も含めて大きな安心感がある転職エージェント。

JACリクルートメント【公式】https://www.jac-recruitment.jp/

   外資系や専門職転職に強いエージェント。特に英語人材に強いのが有名ですが、一方で理系専門職は登録者数が少ないためか、頻繁に非公開求人の紹介連絡をもらえます。理系には穴場の転職エージェント。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる