非プログラマーでもOK!業務の自動化

【転職が頭をよぎったらまず登録】圧巻の求人数を誇るリクルートエージェントで転職動向を知る|レビュー・評判・口コミ

実際に使って感じた転職サイトリクルートエージェントの特徴と感想

転職支援実績No,1、転職者の多くの人が利用している転職サイトが「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントの特徴と感想

  1. 求人数が転職サイトの中でも圧倒的。
  2. できる転職エージェントが多い。
  3. 余計な勧誘は一切なし。

転職活動は情報戦です。

転職者の8割が利用しているといわれているリクルートが運営していて、求人数も圧倒的に多い「リクルートエージェント」に登録しておくことで、転職市場の動向を知ることができます。

転職活動を始めるにあたって、まず抑えておきたい転職エージェントです。

[note title=”この記事では”]実際に利用して感じた「リクルートエージェント」の特徴についてまとめています。

リクルートエージェント」は転職活動の情報戦に勝つためには押さえておきたい転職サイトです。[/note]

\自分の本当の年収がわかる/

▲無料登録後もお金は一切かかりません▲

目次

求人数が転職サイトの中でも圧倒的

最大手で知名度も高いリクルートエージェントは企業からも多くの求人が殺到します。

そのため、求人数が他の転職サイトと比較しても圧倒的に多いです。

無料登録するだけで、ある程度の非公開求人を閲覧可能になるので、ざっと目を通してみると、かなり多くの求人があるので驚かれると思います。

新卒採用以上に中途採用市場は景気の影響を受けます。

また、転職にも時期やトレンドがあります。

求人を網羅しているリクルートエージェントに登録しておくことで、転職市場の動向を把握できます。

\かんたん!スピード登録/

[afbtn class=”raised accent-bc strong”]リクルートエージェント 無料登録をする [/afbtn]

[afbtn class=”raised main-bc strong”]リクルートエージェント 公式サイト [/afbtn]

▲業界トップクラスの求人数▲

できる転職エージェントが多い

大手でノウハウも多いためか、できる担当エージェントが多い印象を受けました。

私の担当だった転職エージェントは元理系の研究職だった人でした。

そのため、理系の業務についても理解があり、私自信のスキルの理解も早くて、紹介してもらえる求人もスキルに合致した的確なものが多かったです。

技術系のスキルは一般的に専門性が高くて、求人と自分のスキルがマッチングしづらい反面、ハマるとすぐに内定が決まると言われています。

ですが、この技術系のスキルのマッチングについては、半分正しくて半分間違っていると思います。

確かに技術系の仕事は専門分野によって全く知識領域が違います。

一方で、フジフイルムの化粧品業界進出のように、コア技術の基礎を他の分野に応用することは可能です。

私の担当エージェントは技術系の求人のスキルの横展開に対しての深い理解があったので、私の専門性を活かせる別業種の求人等もしっかりと紹介してくれました。

そのため、的ははずれな求人の紹介は少なく、それでいて狭い視野でのマッチングしか紹介されないということもなく、効率のよい求人紹介でした。

余計な勧誘は一切なし

リクルートエージェントは最大手の転職エージェントです。

そのため、いい意味でも悪い意味でも、一人一人の求職者にかける時間は多い転職エージェントではありません。

そのため、求人の紹介の電話がガンガンかかってくることはありません。

転職エージェントによっては、こちらが予期していない求人を紹介するためにエージェントから電話がかかってくることがあります。

また「転職期間は3か月が相場」といわれていて、転職活動が長くなり始めると急かし始める担当エージェントもいます。

私はこの担当エージェントからのプレシャーに負けて、焦って転職先を決めてしまい、後悔したことがあります。

リクルートエージェントは余計なプレッシャーをかけてくることがなく、豊富な情報を提供してくれるエージェントなので、使いやすかったです。

\かんたん!スピード登録/

[afbtn class=”raised accent-bc strong”]リクルートエージェント 無料登録をする [/afbtn]

[afbtn class=”raised main-bc strong”]リクルートエージェント 公式サイト [/afbtn]

▲業界トップクラスの求人数▲




まとめ:転職を考えたらまずは抑えておきたい転職サイト

リクルートエージェントの特徴

  1. 求人数が転職サイトの中でも圧倒的。
  2. できる転職エージェントが多い。
  3. 余計な勧誘は一切なし。

リクルートエージェントは圧倒的な求人数を誇り、転職の情報戦で必須の多くの有益な情報を手に入れることができます。

また、担当エージェントの能力も高くて、余計な求人の提案などがなく、スムーズな転職サポートを受けることができます。

転職活動で成功するために重要な情報の取得のために、リクルートエージェントはおすすめの転職エージェントです。

 詳細  ➢ リクルートエージェント 無料登録はこちら

\かんたん!スピード登録/

[afbtn class=”raised accent-bc strong”]リクルートエージェント 無料登録をする [/afbtn]

[afbtn class=”raised main-bc strong”]リクルートエージェント 公式サイト [/afbtn]

▲業界トップクラスの求人数▲


[2-left]

おすすめの転職サイト

リクルートエージェント【公式】 https://www.r-agent.com/

求人数は圧巻で体感としても9割程度は網羅している印象。転職市場の動向を知るためにも「転職が気になる」と思い立ったら、まずは登録しておきたい転職サイトです。

doda【公式】https://doda.jp/

求人数も多く、なにより面接対策講座が非常に勉強になりました。私が異業界への転職面接で無双できたのはdodaの無料講座のおかげです。

パソナキャリア【公式】https://www.pasonacareer.jp/

特定メーカーの求人に強く、他のサイトには出ていない非公開求人を紹介してもらえました。大手サイトでイマイチマッチした求人が見つからない場合はチェックしてみるとお宝求人があるかも。

専門性の高い職種におすすめの転職サイト

リクナビNEXT【公式】https://www.m-next.jp/

   専門性の高い理系技術職で転職を考えている場合は絶対に登録しておきたいサイト。担当エージェントが専門性への理解が深く、”専門がマッチした”求人紹介をしてもらえました。他のエージェントで「専門的な話が通じない…」としっくりこなかった方はぜひ。

マイナビエージェント【公式】https://mynavi-agent.jp/

   新卒サイトの知名度で大手とのコネクション多数。優良ホワイト大手企業のお宝求人がチラホラ。担当エージェントさんも面倒見の良い方が多く、有益な情報も含めて大きな安心感がある転職エージェント。

JACリクルートメント【公式】https://www.jac-recruitment.jp/

   外資系や専門職転職に強いエージェント。特に英語人材に強いのが有名ですが、一方で理系専門職は登録者数が少ないためか、頻繁に非公開求人の紹介連絡をもらえます。理系には穴場の転職エージェント。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる