Amazonチャージで1,000円キャンペーン

Outlookでメールから予定表を作成する手順・方法

Outlookでメールから予定表を作成する手順・方法

「メールの内容をスケジュールに反映させたい」

Outlookでメールから予定表を作成する方法をまとめました。

メールの内容を予定に組み込む

Outlookのメール内容から予定を作成する方法

  1. 予定を作成したいメールの宣託

    受信トレイを表示して、予定を作成したいメールを表示する。

  2. 予定の作成

    予定を作成したいメールにマウスポインターを合わせて、予定表にドラッグする。

  3. 開いた予定表を編集する

    予定表の件名がメールの件名だったり、開始終了時刻が正確に記載されていなかったり、場所が入力されてなかったりするので、必要に応じて修正する。

  4. 入力した内容を保存する

    「保存して閉じる」をクリックして、予定の入力を完了する。

  5. 予定表を確認する

    予定表をクリックすると、作成した予定が表示されていることが確認できます。

予定表の内容を間違った場合の修正方法

予定の内容を間違えた場合は、予定表の画面で、作成されて予定をダブルクリックすると、予定の編集画面になるので、正しい情報に修正して「保存して閉じる」を押します。

Outlookのメールから予定を作成するメリット

  • メールの色分類項目は予定にも引き継がれる
  • メール内のイベント情報を予定表に載せられる

メールの色分類項目は予定にも引き継がれる

Outlookのメールは色分類項目が設定できますが、色分類項目を設定したメールで予定を作成すると、予定にも色分類項目が引き継がれて、予定表にも指定された色で表示されます。

メール内のイベント情報を予定表に載せられる

メールから予定を作成すると、メールの内容がそのまま予定に反映されるので、手動でコピペをする必要がなく、予定の作成に時間が取られません。

また、メールに記載されている、会議やイベントの日時や場所・詳細内容を予定表からも確認できるので、予定の確認がスムーズになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA