非プログラマーでもOK!業務の自動化

USBリンクケーブルでパソコン💻2台間をダイレクトにデータ移行【USBメモリを使わないのでおすすめ】

【USBメモリを使わない】おすすめのUSBリンクケーブルでパソコン2台間のダイレクトな測定データ移行
二台の違うパソコンの間でデータをダイレクトに共有やり取りしたい。
リンクケーブルでできます。

二台のパソコンをUSBで接続することでUSBリンクケーブルを使うと、ドラッグやコピー&ペーストで違うパソコンでもデータを移動させることができます。

[note title=”この記事では”] USB接続するだけで

  • 2台のパソコンをコピー&ペーストでファイルやフォルダーのデータを移動できる
  • 1台のパソコンで2台のパソコンを操作できる

おすすめのリンクケーブルについてまとめています。

[/note]

[toc heading_levels=”2″]

\自分の本当の年収がわかる/

▲無料登録後もお金は一切かかりません▲

目次

パソコン間のデータ移行にUSB…でも面倒

メーカーの研究開発や生産技術の業務を行っていると、実験や分析の装置をよく使います。

その時に必要に必要になってくる操作が、装置のパソコンから自分のパソコンへ生データや解析後のデータを転送することです。

一般的には、USBメモリを使って、分析データを自分のパソコンに移動するかと思います。

分析や解析中はものによっては空き時間があり、その空き時間で評価したデータをまとめると効率が良いのですが、分析や実験装置はオフィスが非搭載のことが多く分析は自分のパソコンで行う必要が多かったりします。

2台のパソコン間でのデータのやり取り

でも、この時に非常にめんどくさいのが、パソコンを二台使って操作しなければならない点です。

分析が終わったら分析のパソコンに移動し操作を行い、その操作が終わったらデータを求めているパソコンに戻り作業の続きをする…

1回あたりの分析の時間が短かったり、作業スペースが小さい時は、より一層煩雑だと感じます。

リンクケーブルで違うパソコン間で直接データ転送ができる

リンクケーブルで違うパソコン間で直接データ転送ができる

2台のパソコン間のデータ移動の煩雑さを解決するのが、USBリンクケーブルです。

リンクケーブルとは、二台のパソコンをUSBケーブル接続するだけでドラッグアンドドロップだけでデータを移行できるようになるデバイスのことです。

また片方のパソコンでもう片方のパソコンを操作することも可能です。

リンクケーブルでできること

二台のパソコンをUSBリンクケーブル接続するだけで

  1. 1台のマウス・キーボードで2台のパソコンの操作ができる
  2. 2台のパソコン間でドラッグ&ドロップだけでデータを移行できる。
  3. 2台のパソコン間でテキストのコピー&ペーストができる

1台のマウス・キーボードで2台のパソコンの操作ができる

リンクケーブルを使うことで、1つのキーボードやマウスで2台のパソコンの操作をできます。

片方のノートパソコンでもう片方のデスクトップの操作をすることもできます。

2台のパソコン間でドラッグ&ドロップだけでデータを移行できる。

リンクケーブルを使えば、2台のパソコンの間のデータのやり取りもドラッグ&ドロップでできます。

片方のパソコンのExcelデータをドロップ&ドラッグで別のパソコンに移行も可能。

2台のパソコン間でテキストのコピー&ペーストができる

リンクケーブルを使うと、2台のパソコンの間でテキストのコピー&ペーストもできます。

片方のデータでデータ解析をしながら、出てきたデータをコピペで別のパソコンの資料に貼り付けも可能。

リンクケーブルでできること

リンクケーブルを使えば、例えば以下の操作がかんたんになります。

リンクケーブルでできること
  • 分析装置を操作しながらパソコンでの資料編集作業もできる
  • Windows7や8からWindows10へのデータ移行もかんたん

分析装置を操作しながらパソコンでの資料編集作業もできる

リンクケーブルを使えば、測定したデータをドラッグ&ドロップで自分のパソコンにダイレクトにデータを転送し分析データのまとめを行うことも可能で、データ移行のために煩雑なUSBメモリの抜き差しを行う必要がなく、リアルタイムで分析したデータをまとめることもできます。

Windows7や8からWindows10へのデータ移行もかんたん

リンクケーブルを使えば、2台のパソコン間のデータ移動もドラッグ&ドロップでかんたんにできるので、Windows7や8からWindows10への移行もスムーズにできます。

注意点:会社のセキュリティ規約の確認を

会社のセキュリティによっては、リンクケーブルが使用不可の可能性もあります。

ご自身のお使いになる環境ご確認の上、USBメモリーに変わるデータ転送、リンクケーブルをお試しください。

注意点

リンクケーブルを使う際には、会社の規則をご確認の上ご使用ください。

おすすめのUSBリンクケーブル

おすすめのUSBリンクケーブル

リンクケーブルには、Windows対応のものとMac対応のものがあります。

両方に対応しているとリンクケーブルは値段が高い傾向にあるので、用途に合わせてシンプルなものを購入と安く済みます。

またケーブルの形状も、「USB3.0対応しているもの」や「Type-Cのもの」といくつか種類があるので、接続するパソコンに合わせて選んでいきます。

リンクケーブルの種類

  • Windows対応/Mac対応/Windows Mac両方に対応
  • USB3.0対応/Type-C対応…

基本的にどのリンクケーブルも、ドライバーが内蔵されているので、CD等から別途ソフトウェアをインストールする必要はありません。

リンクケーブルをつなぐと自動的にソフトウェアがダウンロードされて使えるようになります。

サンワサプライ ドラッグ&ドロップ対応USB3.0リンクケーブル(Mac/Win)

サンワサプライ ドラッグ&ドロップ対応Type-Cリンクケーブル(Mac/Windows対応) KB-USB-LINK5

サンワサプライ ドラッグ&ドロップ対応USB2.0リンクケーブル 1.8m

サンワダイレクト USBリンクケーブル パソコン データ移行 ドラッグ&ドロップ対応 windows専用 windows10対応 500-USB034

エレコム リンクケーブル PC自動切替器 引越し等のデータ移行に 【コピー&ペースト/ドラッグ&ドロップ対応】 ブラック UC-TV3BK

iBUFFALO 1本のケーブルで2台のパソコンを自在に操れるパソコン自動切替器(マウス/キーボード) ブラック BSKM203

まとめ:リンクケーブルで2台のパソコンをスイスイ操作しよう

異なる2台のパソコンのデータをUSBを抜き差しせずにデータ移動をする方法でした。

データのやり取りが飛躍的に効率的になり、実験や分析データの解析のスピードがあがります。

おすすめの転職サイト

リクルートエージェント【公式】 https://www.r-agent.com/

求人数は圧巻で体感としても9割程度は網羅している印象。転職市場の動向を知るためにも「転職が気になる」と思い立ったら、まずは登録しておきたい転職サイトです。

doda【公式】https://doda.jp/

求人数も多く、なにより面接対策講座が非常に勉強になりました。私が異業界への転職面接で無双できたのはdodaの無料講座のおかげです。

パソナキャリア【公式】https://www.pasonacareer.jp/

特定メーカーの求人に強く、他のサイトには出ていない非公開求人を紹介してもらえました。大手サイトでイマイチマッチした求人が見つからない場合はチェックしてみるとお宝求人があるかも。

専門性の高い職種におすすめの転職サイト

リクナビNEXT【公式】https://www.m-next.jp/

   専門性の高い理系技術職で転職を考えている場合は絶対に登録しておきたいサイト。担当エージェントが専門性への理解が深く、”専門がマッチした”求人紹介をしてもらえました。他のエージェントで「専門的な話が通じない…」としっくりこなかった方はぜひ。

マイナビエージェント【公式】https://mynavi-agent.jp/

   新卒サイトの知名度で大手とのコネクション多数。優良ホワイト大手企業のお宝求人がチラホラ。担当エージェントさんも面倒見の良い方が多く、有益な情報も含めて大きな安心感がある転職エージェント。

JACリクルートメント【公式】https://www.jac-recruitment.jp/

   外資系や専門職転職に強いエージェント。特に英語人材に強いのが有名ですが、一方で理系専門職は登録者数が少ないためか、頻繁に非公開求人の紹介連絡をもらえます。理系には穴場の転職エージェント。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる