生活のムダしてない?損をしていないかチェック

【違法業者トラブルが多い?】実際に使って感じたくらしのマーケット使い方と注意点|口コミの悪さには理由があった

【違法業者トラブルが多い?】実際に使って感じたくらしのマーケット使い方と注意点🚫口コミの良いおすすめの回収業者の体験レビュー

みお@研究職女子
この記事では

「くらしのマーケット」を実際に使った体験から、業者選びから依頼方法・搬出当日の流れと注意点、さらには違法業者さんを選ばないためのポイントについてまとめました。

くらしのマーケットにはトラブルも多いって聞くけど、本当に大丈夫なのか…?

引越でたくさんのゴミが出てしまった。
粗大ゴミが大きくて、処分に困っている。

引越しで不用品が大量に出たんだけど、処分どうしよう?

桐ダンスといった大型家具もくらしのマーケットで手軽に処分できました。

我が家では引越のためにガッツリ処分を進めています。

ガッツリ処分をしているうちに問題になったものが、桐ダンスを始めとした大型家具でした。

高さが2m近くあるため、高齢の両親や体力に自信のない私たちだけでは、家の外に運び出すことができません。

そこで「くらしのマーケット」経由で口コミ評価の高い業者さんに依頼して、無事に大型家具4点の処分ができたので、実際の流れをまとめました。

くらしのマーケットの不用品回収業者ってほんとに大丈夫なのかな?
私も不安がありましたが、口コミを参考に利用したらトラブルなく安く不用品を処分することができました。

たしかにトラブル報告もあるみたいですし、使い方がわかりにくい部分もあるので利用の際には注意してください。

くらしのマーケットの使い方

くらしのマーケットの使い方

くらしのマーケットの注意点

くらしのマーケットの注意点

「くらしのマーケット」とは

くらしのマーケット 不用品回収業者や引越業者・業務クリーニングの口コミ確認と予約ができるサイト
利用料 登録・口コミや予約は無料
(サービス利用にはお金がかかります)
アプリ アプリを使えば業者に無料電話も可能

くらしのマーケットは、「不用品処分」「ハウスクリーニング」「引越」といったサービスを予約できるサイトです。

くらしのマーケットはCMもやっていたので、有名ですね。

くらしのマーケットのメリットは、各サービス業者さんの口コミが載っているため、口コミを参考にして、業者さん選びができる点です。

くらしのマーケットの使い方

くらしのマーケットの使い方:不用品回収業者

くらしのマーケットでサービスを予約は以下の流れで行います。

くらしのマーケットでの予約の流れ

  1. 予約するカテゴリーを選択する。
  2. 必要に応じて、「エリア」「タイプ」「日にち」を入力して、条件を絞り込む。
  3. 絞り込んふだ条件から、料金と条件、口コミを確認して、依頼する業者を選ぶ。
  4. 依頼業者を決定したら、業者に予約注文をする。この時に希望日時を第3希望まで入力する。
  5. 業者とメッセージや電話でやり取りと行い、サービスの日時や金額を決定する。

くらしのマーケットでの予約はパソコンからでもスマホからでも可能です。

くらしのマーケットに登録をする

まずはじめにくらしのマーケットに登録します。

 参考  ➢ くらしのマーケットに無料登録をする

くらしのマーケット

くらしのマーケット

みんなのマーケット株式会社無料

くらしのマーケットで不用品回収業者を選ぶ

くらしのマーケットで希望のサービスのカテゴリーを選びます。

今回は不用品を処分したいので「不用品回収」を選択しました。

くらしのマーケット サービス 一覧 選び方

サービスがたくさんあるな。
必要なサービスを選んでください。

くらしのマーケット 業者 選び方

サービスを選ぶと、さらに条件を絞りこむことができます。

絞り込み条件

  • エリア(住所)
  • タイプ(サービスの詳細)

 

「くらしのマーケット」経由で業者を予約

今回、不用品回収は「エリア」の条件で絞り込んだ中から、くらしのマーケットで口コミが1番良かった業者に依頼することにしました。

くらしのマーケット 予約画面

不用品回収の場合、予約の時点での入力項目はそこまで多くありません。ざっくりとした情報を入力していきます。

予約時の入力内容

  • 数量
  • 名前
  • 訪問先住所
  • 電話番号
  • 訪問日時 第1希望~第3希望

 

「くらしのマーケット」経由で日時と料金決定

くらしのマーケットで行う予約では、大まかな情報しか入力しません。

そのため、予約後に業者さんと電話かメッセージでやり取りを行い、①日時と②料金を決定する必要があります。

予約後に業者と決定すること

  1. 作業日時
  2. 料金

 

今回の不用品回収の依頼では、料金を決定するために、各「不用品の寸法」を連絡しました。

不用品の寸法をメッセージで連絡(縦×横×高さ)

不用品回収では、不用品の取る面積で回収料金が計算されます。

今回の不用品回収では2m²で料金が決定しました。

くらしのマーケットのスマホアプリからだと、業者に無料で電話をすることができます。

今回の不用品処分では、メッセージだけで簡単にやり取りを行いました。

仮予約後に業者に送ったメールの文面

はじめまして。仮予約をさせていただきました。

回収をお願いしたいのは、以下の4点の家具です。

① 食器棚 :H190、W136、D55
② タンス1:H193、W104、D56
③ タンス2:H193、W138、D56
④ 棚   :H178、W58、D58

他社さんにお見積りでは軽トラに積みきれる量と伺っておりますが、価格の見積をお出しいただくことは可能でしょうか。

ご返信頂けましたら幸いです。

当日の不用品回収業者トラブルなし

不用品回収業者によるトラブルなし

我が家で依頼した不用品回収業者の場合、前日に当日の時間帯の連絡がきました。

不用品回収の当日は時間通りに不用品回収業者が到着しました。

不用品回収作業の前に、業者の方が現状の不用品を確認したところ、不用品が大型のため、2m²では足りないため、3m²分の処分料金がかかると言われました。

メッセージで決定した料金よりも追加料金5,000円が発生して、合計で33,000円になるとのことでした。

今回の我が家の不用品処分は、別に業者にも料金を確認しており、追加料金を支払っても相場の最安値でしたので、そのまま不用品回収を依頼しました。

相場を知らなかったらビックリしたかもな。
十分最安値でした。口コミでしっかり業者さんを調べておくことが大事ですね。

口コミで高評価な業者さんなだけあって、爽やかで人当りも良い方々で、不用品を搬出する作業もスピーディにてきぱきと行ってくださり、あっという間に回収してもらうことができました。

なにより、作業を始める前に、きちんと料金の説明をして頂けたので、安心して作業をお願いすることができました。

サービス終了後は料金が違ったらメール返信

サービス完了後に、くらしのマーケットから当日実際にかかった料金の確認メールが届きます。

連絡された料金が実際に払った金額と違っていた場合は返信し、あっていた場合には返信不要です。

サービス完了後の暮らしのマーケットへの返信

サービス完了後、くらしのマーケットに予定の金額と実際の金額に違いがあったかなかったかを連絡します。

「違いがあった」場合のみ返信します。

連絡を受けていた料金と実際に払った金額が

  • 違っていた…返信する。
  • あっていた…返信しない。

くらしのマーケットの注意点とデメリット

くらしのマーケットの注意点とデメリット

くらしのマーケットの注意点とデメリット

安い業者さんを簡単に探すことができる「くらしのマーケット」ですが、注意点とデメリットもあります。

引越業者選びは注意が必要

くらしのマーケットを」利用する際の注意点としては、くらしのマーケットを経由して「一括見積もり」は入手できないことです。

見積とは、引越しなどのサービスを受ける前に、事前に業者さんとサービス条件をやり取りを行って、料金を決定します。

ですが、くらしのマーケットの場合、予約後に業者へ詳細を連絡することで、料金が決定します。

複数の業者から料金の概算を出してもらって、料金比較を行う相見積もりは、くらしのマーケット経由では行うことができません。

「一括見積もり」を行える引越見積サービスとは少し形式が異なる点に注意してください。

デメリット

くらしのマーケットでは「一括見積もり」はできないので注意。

業者の方と確認する項目が多い引越しは、専用の引越業者比較サービスがおすすめです。

 関連  ➢ 【引越を安く済ませる】見積で最低3社に値段を聞こう!引越業者の選び方まとめ

moving-house-traders-quotation【7社に一括見積もりを入手で価格差2倍】引越予約サイトの使い方と業者の選び方|口コミ・レビュー

追記:最近の引越し価格の高騰を考えると、特に近場の引越の場合は、少し手間はかかりますが、くらしのマーケットで地元密着型の引越業者を探すと安い業者さんが見つかるかもしれません。

くらしのマーケットで引越し業者を調べる場合には、トラブルや余計なやり取りを回避するためにも、引越業者比較サービスで入力する項目をつかって詳しく入力するのがおすすめです。

不用品回収は違法業者に注意

そもそも不用品回収業者はトラブルも多いです。

絶対に街中を巡回している無料回収業者に依頼してはいけません。

「無料だと聞いていたのに、高額請求をされた」といったトラブルも報告されています。

【事例1:無料と思って呼び止めたら、後で有料と言われた】

「不用になった家電製品等を無料で回収する」とトラックでアナウンスしていた業者を呼び止めて、テレビの回収を依頼。家に来た業者は「回収費用は2000円かかる」と言った。「無料と言っていた」と言っても、「全て無料と言う訳ではない」と威圧的に言うので断れず、2000円を払って回収してもらった。領収書も渡されなかった。

(60歳代 女性 無職)

【事例2:無料と思って頼んだら、車に積んだ後で料金を請求された】

「こちらは無料回収車です。お困りの粗大ゴミはありませんか」と廃品回収業者が回ってきたので自転車、石、カーペットなど結構な量を出した。次々と車に積んだ後、電卓を取り出したので「えっ、有料」と驚いて言った。リサイクル料金はかかると言われ仕方なく2万500円を支払った。

(女性 家事従事者)

【事例3:車に積んだ後で、見積りの2倍以上の料金を請求された】

チラシに「見積り無料」とあったので電話をして来てもらったところ、引取りに10万円位かかると言われたが詳しい説明は無かった。品物は折りたたみベッドや本箱、パソコン、食器、キーボードなど15点位。全部運び出し、業者の車に積み込んでから「思ったより多かったので全部で23万円になる」と言われた。引越しを控えていたので今さら断れないと思い、納得できないまま全額支払った。領収書はあるが見積り書はもらっていない。

(20歳代 男性 学生)

【事例4:業者が回収した物が不法投棄されていた】

「不用品回収します」と訪問され、パソコンディスプレイと自転車を渡して処分代金1500円を払った。後日、回収品が道路脇に捨て去られていた。

(50歳代 男性 給与生活者)

出典元:独立行政法人 国民生活センター – 「廃品回収業者とのトラブルに注意!

くらしのマーケットに無許可の違法業者がいる?

ネットで調べていると、くらしのマーケットの業者さんの中には違法業者さんがいるという口コミも見かけました。

えっ、怖い…

と思ったので、私は以下の2点に気をつけました。

口コミと許可を確認することで、違法業者を選ばないようにできました。

くらしのマーケットの口コミで評価の高い業者さんを選ぶ

くらしのマーケットで条件を入れて検索すると業者さんが一覧で出てきますが、その時に必ず口コミの高い業者さんを選ぶようにします。

☆の数だけを見るのはキケンです。悪い口コミの中でも「業者さんが悪いもの」「お客さんが悪いもの」があります。

特に悪い口コミを参考にして、業者さんがやらかしたヤバい口コミがあったらその業者さんはやめておきます。

許可を持っている業者を選ぶ

不用品回収や引越業者をするには、資格が必要です。

不用品回収業者さんや引越業者さんがしっかり資格を持っているか確認します。

許可

  • 不用品回収業者…「一般廃棄物収集運搬業の許可」
  • 引越業者…国土交通省の事業許可番号

 参考  ➢ 環境省|廃棄物の処分に「無許可」の回収業者を利用しないでください

一般廃棄物の収集・運搬は市区町村に許可を受けた事業者しか行えません。

一般廃棄物収集運搬業者の許可を受けた業者には各市町村で認定マークがあります。

例えば、エコクルはホームページの一番下に横浜市の不用品回収適正業者認定マークがあります。

参考 違法業者に注意!業者選びのポイント|横浜市の粗大ごみ・不用品回収はお片付けのプロ エコクルへ武松商事株式会社(ecocle.net)

今お住まいの自治体の不用品回収業者の認定マークはGoogle等で検索してみてください。

 詳細  ➢ Google検索

また、環境省のホームページにも「産業廃棄物処理業者情報検索システムがあります。

出典元:環境省-「産業廃棄物処理業者情報検索システム




まとめ:くらしのマーケットの口コミは信用して大丈夫

くらしのマーケットの口コミ評価でもっとも評価の高かった不用品回収業者に大型家具の回収を依頼しました。

相場の最安値程度の金額で不用品回収してもらうことができました。

不用品業者は違法業者が多く、高額の処分費用を請求されるといったトラブルも発生しやすいです。

くらしのマーケットには口コミがあるので、安心して業者を選べる点が大きなメリットです。

くらしのマーケット

くらしのマーケット

みんなのマーケット株式会社無料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


【いらないコスメの断捨離】使いかけの化粧品を売るのは専門買取のRE-Life Clubかリサイクルネットがおすすめ