基本を押さえた簡単ケア

【痛い!ゴロゴロする】ハードコンタクト対策まとめ

ハードコンタクトが痛い…

ソフトコンタクトよりも目に優しいと言われているハードコンタクトレンズですが、ソフトよりもつけていると痛みやゴロゴロ感を感じやすい…

mio
mio
一度ハードコンタクトに挫折した私ですが、対策したらハードコンタクト使えてます。

ハードコンタクトで苦労した私が、論理的に考えて実際に検証した「ハードコンタクトの不快感対策術」についてまとめました。

ハードコンタクト痛さ対策
  • 洗浄液はリピジュア入りを使う
  • レンズ装着時はクッション材と目薬を一緒に使う
この記事では
「痛い」「ゴロゴロ感」といったハードコンタクト使用時の不快感低減のために私が行っていることをまとめています。
ハードコンタクトと一緒に準備

洗浄液はリピジュア入りを

リピジュアとは生体をみたいな構造をした多機能保湿成分です。

 参考  リピジュアとは?

最近のハードコンタクトレンズの洗浄液にもこのリピジュアが含まれているものがあります。

ハードコンタクトのごわつき感を減らして、コンタクトの使用感が良くしたかったので、私はリピジュア入りの洗浄液を使用しています。

以下の2つの商品はどちらもリピジュア入りのハードコンタクト用の洗浄液で1本で洗浄が完了するタイプのものです。

【参考】Amazonで「HOYA シンプルワン 洗浄・保存・タンパク除去(ハード用) 240ml (コンタクトケア用品)」を2.5%引きで買う方法

レンズ装着時は装着薬と目薬を使用

レンズ装着液もリピジュア入りのものを使います。

ですが、私はドライアイのためか、装着液だけでつかっても、痛みは残ります。

そのため、レンズ装着時にはハードコンタクトに装着液と目薬を1滴づつ垂らしてから、レンズを装着しています。

そうすることで装着液が目薬の水分といっしょに涙のクッションを作ってくれるのか、装着感がとてもよくなります。

番外編:レンズスポイトは準備しておこう

レンズスポイトへのリンク

ハードコンタクトを外すのは素手でももちろんできます。

ですが、ハードコンタクトを外すには、瞼に少し負担がかかってしまいます。

デリケートな瞼を守ったあげるためにも、ハードコンタクト取り外し用のスポイトを準備しておくことをおすすめします。

私の場合、メニコンではハードコンタクトを作った時は無料でもらえましたが、眼科ではもらえませんでした。

mio
mio
近所のドラッグストアでは売っていませんでした。

眼科やコンタクト屋さんでもらえなかった場合は、ネット等で購入して準備しておきましょう。

【参考】Amazonで「メニコン SPスポイト ハードコンタクトレンズ用」を2.5%引きで買う方法

番外編:流したら大変!対策をしておこう

レンズ流出防止マットへのリンク

コンタクトレンズはうっかり流してしまったら大変ですね。

mio
mio
私が前回、ハードコンタクトを断念したのは、コンタクトレンズを流してしまったからです。追加料金がかかるくらいなら、もういいかって。

コンタクトが流れていってしまわないように、レンズ流出防止マットで対策をしています。

mio
mio
ハードコンタクトはソフトコンタクト以上にポーンと飛んでいくことが多いです。(私だけ?)

【参考】Amazonで「セイフテイキャッチ」を2.5%引きで買う方法

まとめ:対策をして快適なハードコンタクトライフを

ソフトコンタクトと違ってハードコンタクトは慣れるまでに違和感があります。

でも、乱視が強めな私の場合、ハードコンタクトの方が鹿のぼやけが少ないので、クリアに物が見えます。

mio
mio
見え方はハードコンタクトの方が好きだなー

少しでもハードコンタクトの違和感を減らして、快適なコンタクト生活を楽しみたいです。

 

ハードコンタクトと一緒に準備

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください