料理

【健康な食生活】美味しい!体に良い本物の塩の選び方

「塩は体に悪いから減塩」とにかく減塩を心がけるのが健康志向でしたが、ここ最近では「塩は体に良い」という主張もでてきたり…

何が正しいのか迷いますが、原料や製法を考慮して、質の良いと考えられる塩についてまとめました。

調味料は大事

調味料が美味しいと簡単な調理法でも料理が美味しくなります。

普段から調味料にはこだわって色々調べているので、その調べた結果をまとめています。

seasoning
食事の質を上げる!体に良い、本物の調味料とは?質の良い調味料は体にも良く、食事の旨味がアップするため、簡単な調理法でもおいしいごはんができるため、家事の時短にもつながります。 ...

食塩について

塩は本当は体に良いとか悪いとか、様々な見解があります。個人的には食塩に含まれていナトリウムは体の調整に必要な栄養の一つであり、多すぎても少なすぎても駄目なんじゃないかな、という単純な結論に至っています。

良い食塩選びが一番難しい気がします。

現在流通している食塩の多くはイオン交換膜製塩法で製造されています。

イオン交換膜製塩法はその製法から純粋な塩化ナトリウムだけにはならず、塩化マグネシウムやその他のミネラルは含有されます。

そのため、巷に流布しているイオン膜で製造した食塩はNaとClがほとんどで他のミネラル栄養分がない”は間違いです。

ソルトマイスターといった資格を有している方でも化学的に間違った主張をされているので注意してください。おそらく、イオン交換膜と電気分解をごっちゃにして勘違いされているのだと思われます。

 イオン交換膜は、マグネシウムやカルシウム、カリウムなどのイオンも通します。
出典:日本の塩/イオン交換膜法:JT

 

ただ、成分構成は生物や自然のものとは異なる可能性があります。
食品には、分析も大変なほど微量な成分が含有されていて、旨味につながっていたりします。
こういった微量成分が旨味につながっている可能性はあると思います。

そういった意味では、生物や自然に近い成分構成になりそうなのは、海水を煮詰めた昔ながらの製法で天日塩またはせんごう塩です。

人は分析できないような微量成分に左右されたりもするので、体にいいというところにフォーカスすると、昔ながらの製法の方が良さそう。
それにうまみ成分があるのか、天日塩の方がおいしいものが多い気がします。

ただ、原料の海水が重金属や農薬等で汚染されていたら、天日塩は逆に危険な気もします。

塩の選び方としては、成分構成を重視するか、環境を重視するか、といった二択で、あとは、個人の価値観に依存する気がします。

昔ながらの製法(天日塩、煎ごう塩)

  • 海水の成分構成のため生物の成分構成に近いと推測できる。
  • 微量成分が旨味につながる可能性あり。
  • 原料の海水汚染の影響は未知数。

現在の製法(イオン交換膜製塩法)

  • 塩の主成分であるナトリウム以外のマグネシウムなどのミネラルも含まれている。
  • 工業的な製法であるため、成分構成は自然の物とは異なる可能性あり。
  • 重金属や農薬といった不純物はしっかりと取り除かれている。

私は、天日塩を選んでいます。

海水汚染のことを考えていたら、海産物も食べられなくなる、気にしすぎだと判断しました。

一方で、天然のものに含まれるごく微量成分は人に有益だと考えるからです。

各食塩の詳細

海の精 ほししお

スーパーでも手に入れることが可能。伊豆大島の海水を昔ながらの製法で塩にしたもの。我が家でも使用中。一般的な塩よりも塩味が強くなく、マイルドな味です。

 塩の産地、原料、製法、成分、味などは、さまざまです。「海の精」の産地は、離島・伊豆大島。原料は、黒潮が運ぶ清らかな海水100%。
出典:日本の伝統海塩 海の精

近所のスーパーでは、

瀬讃の鹽

イオン交換膜で不純物や汚れを除去した後、昔ながらの製法でつくられた国産の塩。

 各工場近くの海から汲み上げられた海水は、まず精密なろ過で、水道水(平均値)の10倍以上にまで浄められます。その海水をイオン交換膜によって効率よく塩分濃度を濃縮します。この工程では、100万分の1㎜レベルの微細な汚れや不純物の除去も同時に行います。こうして純化された海のエッセンスは、蒸気の力で煮詰められ次第に私たちになじみのある塩の姿をあらわします。
日本海水の工場で行われている塩造りのプロセスは、採かん(海水を濃縮する)・煎ごう(煮詰めて水分を飛ばす)の工程からなる伝統的な日本の製塩法を受け継ぎ、それを高度に洗練させたものです。
出典:日本海水/工場のご紹介

アルコイリス インカ天日塩

ペルーのアンデス山脈の山中のマラスの塩田の塩を乾燥させた塩。

山の中の塩田から採集した塩のため海水汚染の影響はない塩。「にがり」成分が少ないと記載があるので、海水と比較して、ミネラル成分は少ないかもしれません。

世界遺産として知られるマチュピチュに程近いアンデスの山中。多大な費用・時間・労力が必要な作業を、村の住民が総出で助け合い「マラスの塩」は作られます。(中略)
白亜紀の海水が源の環境汚染リスクが極めて少ない塩です。カリウムやマグネシウムなどの「にがり」成分が少なく、エグミが少ないまろやかな塩味が特徴です。
出典:インカの時代より受け継がれている「マラスの塩」を原料とした天日塩

食塩比較表

以上の塩の情報をざっとまとめました。

海の精 ほししお瀬讃の鹽アルコイリス インカ天日塩
製造国日本日本ペルー
原料海水海水岩塩
製法天日塩イオン交換膜濾過&煎ごう塩天日塩

まとめ

最も基本的な調味料である塩についてまとめてみました。

とにかく調味料は良いものを使いたいという思いから、色々調べて購入しています。
他の調味料についても今後どんどんまとめていけたらと思います。

今すぐチェック -節約・貯めるー

年間100万円貯めるために、できることから少しずつステップアップ。

カテゴリー:節約・貯める カテゴリー:不用品を売る

Amazonでのお買い物には、1円からチャージできるAmazonギフト券がおすすめ。

チャージするたびに、チャージ額×最大2.5%分のAmazonポイントが貯まります。

ギフト券の詳細やチャージ方法は公式サイトをご確認ください。

  • 通常会員は最大2.0%、プライム会員は最大2.5% ポイントが貯まる
  • チャージタイプは1円単位でチャージ可能

Amazonギフト券 公式サイトをチェック

あなたにおすすめの記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください