Amazon Audible【無料体験】最大3,000ポイント【12月12日23:59まで】
手抜き美容

時短ヘアケア【髪の毛を乾かす時間の短縮】



こんにちは。松坂 澪 (@matsuzakamio)です。

ヘアケアは何かと時間がかかる

自分の髪質にコンプレックスがあり、ヘアケアは色々試していますが、何かと時間がかかって面倒。

大風量のドライヤーで時短

髪の毛を乾かすのに時間がかかる

ヘアケアでは、髪の毛以上にしっかりと地肌を乾かすことが重要です。

健全な地肌からでないと良い髪は育たないと思います。

でも、毛量の多い私にはドライヤーが7~8分くらいかかり、とにかく面倒だし、結構時間をムダにしているように感じます。

どうにかして、髪の毛を乾かしている時間を短くできないものか…?

なら、風量の多いドライヤーを購入すればよい、と考えました。

比較的手軽な値段の大容量のドライヤー

大容量ドライヤーでおそらく一番有名なのはダイソンだと思います。でも、ダイソンは高い、高いよ…そんなに良いのでしょうか?

ダイソンのドライヤーはおしゃれなので、洗面所でだしっぱなしにしていてもインテリアになりそうですね。あこがれます。

口コミだと”髪の毛がパサつく”というのも見かけますね。

ダイソンの代わりとなるような、大容量ドライヤーとして業務用のドライヤーを購入しました。 5,000円程度で購入可能です。

大容量ドライヤーの使い方

風量が大きいドライヤーは、地肌をざっと乾かしたい時に大変有用です。

ある程度、髪の毛が乾燥した後でも、ドライヤーを大風量のまま使ってしまうと、毛先が乾かしすぎになってしまうのか、髪の毛の癖が出やすく、毛先のパサつきが出てしまいます。

また髪の毛を乾かす風量が多いと、当然ながら風を当てたときに髪が良く動くので、髪の毛が絡まりやすくなってしまします。

なので、大風量はざっと地肌を乾かすときにののみ利用します。

大風量ドライヤーの使い方
  1. 髪を持ち上げて地肌を中心に大風量でざっと乾かす。
  2. 髪の毛を軽く引っ張りながら、中風量で丁寧に乾かす。

私の場合、乾燥にかかる時間は毛量が多いミディアムの長さで、普通のドライヤー7~8分→4~5分くらいになりました。

ラクにはなったけど、もっと時短を図りたい。

吸水力の良いタオルで時短

吸水性の良いタオルとは?

髪の毛を乾かす前のタオルドライがもっとしっかりできれば、髪の毛を乾かす時間がもっと短くなるのでは?と考えていたところ、近所の美容室で1秒タオルという吸水性の良いタオルがあることを知りました。

タオルって調べてみると、なかなか吸水性の良いタオルって見つからないんですね。タオルソムリエって肩書がある方が吸水せのあるタオルをおすすめしていますが、吸水性の良さの根拠が書いていないので、本当に吸水性があるかよくわかりません。

1秒タオルという吸水力の良いタオル

美容室でおすすめされた吸水性の良い1秒タオルとは、JISの規格での評価結果が1秒に由来していることからつけられた名前だとそうです。

「沈降法(JIS規格)」という吸水性試験のひとつでタオル生地が湿潤して沈降し始めるまでの時間を
測定するものです。

日本のタオルの一般的な基準は60秒以内ですが、
ホットマンの「1秒タオル」は、さらに厳しい基準である1秒以内(瞬時)をクリアし、高い吸水性を誇ります。

出典:1秒タオル | 日本製タオルならホットマン

JISの規格ってかなり基準が緩いものが多いから、60秒以内っていうのはガバガバな規格なのかな?っては思いますが、JIS規格なので、しっかりとしたタオルの吸水性評価試験であることがわかります。

JIS試験のタオル吸水性の試験は、水に落としたタオルが何秒で沈むか?を測定するなので、タオルの吸水性が良ければよいほど、タオルが水を吸ってタオルが重くなって沈むまでの時間が短くなります。

JISのタオル吸水性試験で、普通のタオルが8秒程度で沈むのに対し、1秒タオルが1秒で沈むということは、客観的に化学的に1秒タオルは吸水性が良い、タオルが水に接触したときの水の吸水スピードが速いといえます。

1秒タオルが吸水する全部の水の量=総吸水量が他のタオルよりも多いかどうかはこれだけではわかりません。実際に使用した感じだとタオルがびしょびしょになって水を吸わなくなるまでの水の量は普通のタオルと変わらないように感じます。口コミの評価が低いのはこの辺に理由があるのかなと推測します。

1秒タオルが総給水量が一般的なタオルと同程度だと、ある程度びしょびしょになってからの使用感は普通のタオルと変わりません、だから”普通のタオルと使用感が変わらない”という口コミがあるのかもしれません。

1秒タオルの吸水原理

1秒タオルの吸水原理が公式ショップには記載がありません…なぜ?

美容室さんから聞いた説明によると、1秒タオルの吸水力はタオルの織り方に秘密があるそうです。

一般的にマイクロファイバーのような化学繊維は吸水性が良いですが、繊維構造的に肌に負担がかかってしまいます。

マイクロファイバーは非常に細かい繊維でできているうえ、繊維の一本一本がとがっているのです。
ですから、柔らかいものを拭くとかえって傷つけてしまいます。

出典:マイクロファイバーの特徴やメリット・デメリットとは? | 手ぬぐい製作のスズキネ公式ブログ

1秒タオルは化学繊維ではなく綿100%で、特別な織り方によって高い吸水性を出しているので、天然素材でありながら高い吸水性があるというメリットが多いタオルです。

1秒タオルのメリット

  • 客観的に裏付けされた高い吸水力
  • 綿100%なので、他の吸水性の高い化学繊維タオルよりも肌への負担が小さい

1秒タオルの購入方法

以上のことから、①吸水性の高さに客観性があり、かつ②肌にも負担をかけにくいとメリットが多いと考えて、1秒タオルを購入しました。

公式オンラインショップの方が種類が多いみたいです。



1秒タオル 公式ページ

2018年時点で、送料は公式オンラインショップで8,640円以上で無料、楽天で10,000円以上で無料になるみたいです。

〇一配送につき、702円(税込)の送料(沖縄のみ1,458円)となります。
〇一配送先のお品物代金が8,640円(税込)以上のご購入で送料無料となります。

出典:お届けについて | ホットマンオンラインショップ

8,460円も購入しないし、楽天にもある落ち着いた無地のタオルが欲しかったので、楽天ポイント狙いで楽天で購入しました。

シャーリング生地より普通の生地の方が生地が長いため、より吸水性があります。

1秒タオルの使用感

ぬれた髪の毛を1秒タオルで握ると、じわじわとタオルが濡れてくるのを実感できるほど、吸水スピードがとても速いです。なので、タオルドライ後すぐにタオルがしっとりと重くなります。

おそらく、タオルの給水できる水の量は普通のタオルと変わりません。

無尽蔵の水分を吸水できるわけではないので、口コミの”普通のタオルと変わらない”というのは、おそらく給水量のことかな?と思いました。吸水スピードが普通のタオルより高いと思います。

私は普段タオルドライにフェイスタオルを使っているので値段の安いフェイスタオルを購入したのですが、ミディアムで毛量の多い私の髪の毛の場合、フェイスタオルでは髪の毛の水分をしっかり取りきる前にタオルがびしょびしょになってタオルが吸水しなくなってしまいます。

フェイスタオルでは髪の毛を乾かすには面積が足りません…失敗した…髪の毛のタオルドライには素直に髪の毛用と記載のあるフェイスタオルよりも大きなヘアバスタオルの方が髪の毛の水分量に合っているのように感じました。しっかり名前がついていることには理由があるのですね。単純に値段が高いわけではなかった。

タオルの吸水スピードが高いので、タオルドライの際にタオルをわっしゃわっしゃ動かす必要がなく、ちょっとタオルで髪の毛をギュッとするだけでタオルドライが出来るのでタオルドライがラクになり、時短にもなりました。

具体的には私の場合、毛量が多いミディアムの長さで乾燥にかかる時間は、普通のドライヤー7~8分→4~5分くらいになりましたが、吸水性の良いタオルでさらに4~5分→2~3分に短縮できました。

タオルでこんなに違うんだという発見です。

タオルの寿命って?

そういえば、ふとタオルの寿命ってどれくらいなんだろう?と思いました。

美容師さんが言うには、1秒タオルは織り方の関係で何十年もつかえるらしい…?です。

タオルの寿命で調べてみると、ホテルは30回洗濯したら交換だそうです。タオル1枚を毎日使い続けたら1か月で交換するということでしょうか?結構、タオルの交換頻度高いですね。

正直、家庭でそこまで頻繁にタオルを変える必要はないかな?と思いました。

他の人の家で使おうとした際に ”こんなタオルだったら嫌だな”と感じるタオルは替え時っていうのは、判断しやすいので、我が家でも実践しようと思いました。

具体的にタオルの交換時期は何年、あるいは何か月といえるものではありません。

使用回数や洗濯の回数、干し方によっても変わってくるからです。

しかしぞうきんのように硬くなったり、薄くなって、全然水を吸わない、肌触りが悪くて痛いと感じたら、交換時期としても良いでしょう。

あるいはなんか色が変わっている、ごわごわする、なんか臭うという場合も、交換時期と考えられます。

感じ方は人それぞれかもしれませんが、他人の家に行って、こんなタオルだったらイヤだなと感じるようであれば、思い切って買い換えましょう。

出典:分かりにくいタオルの交換時期っていつ? | かいみん-快眠の方法と寝具

ちなみに我が家では、旦那のバスタオルがガビガビなんだけど、本人は変えるつもりはなさそうですね。

あれ、新入社員時代からつかっているんじゃないかな?

本人が良いならそれでいいかな、と思い放置していますが。

「お互いの価値観が違う部分は放置で。必要以上にお互いの価値観に干渉せず、自分のやり方で家事や生活を行う」共働きの私の家の暗黙ルールというか、気がついたらそうなっていたこと。

まとめ

髪の毛を乾かすってとにかく時間がかかる、でも適当にしておくと、髪の毛の質が低下して、スタイリングの時にもっと時間がかかるから、ケアを怠れません。

急がば回れ、ケアの時間は仕方がないのでケアの時間を短縮することにしました。

大容量ドライヤーと吸水性の高いタオルで5分程度のヘアケアの時短ができました。

もっと良い時短ケアがあったら、また追記していきたいと思います。



1秒タオル 公式ページ

時間やコストは比例しない!簡単で安くキレイになる
care-time-saving